mono森音

焼きもの・紙もの・布もの、そして贈りもの。
大切なmonoと出会う雑貨店。

しかたのないこと。

2013-05-10 | 古い建物のこと
<2007年4月撮影>

森音を始めて7年半。周囲の環境だけでもじわりじわりと変化して、
閉店するお店が増えてシャッター街化に拍車がかかったり、
古い建物がたくさん壊されて、新しい建物がちょっとだけ作られたり、
空き地に植えられていた木が伐採されて、環境変化にビクともしない
帰化植物だけがごうごう生える不気味な更地が増えたり、
「美化」とも「退化」とも言えるような変貌ぶりはきっと、
全国あちこちで見られる光景なんだとも思うし
時代の流れの中では仕方のないことなんだとも思うようになった。





<2010年4月撮影>

美幌町の残したい建物、勝手にランキング上位のこの建物が
今年中にはどうやら建て替えられるんだな、
と、先月発行された町の広報紙で知ってから
近々見納めておきたいと、定休日に見に行ってきました。
業者らしき人々が大きな車でどんどん荷物の整理をしていて
本当に近いうちに取り壊されそうな雰囲気が強く漂っていたため、
邪魔をしないよう前を通過するだけにして見納めてきた。

右の『カテゴリー』欄に「古い建物のこと」というくくりを作ってあって
そこに、近郊の古物件についての記事が何件か収めてあります。
この物件については愛が深かったので、
2010-05-012007-05-01 の二度、記事にしてあります。

「古い建物のこと」カテゴリーでは触れていませんが、
何度かBLOGの中で触れたこともある、美幌ユースホステルも
今年の3月で閉館になったようです。
田上義也氏の設計で作られた建物で、大好きだっただけに残念。


財力はもちろん、不動産を所有したい欲がまったく無いので
こうして、消えてゆく素敵建物を残念そうに見つめるだけなのが
悔しいけれど、それが現実なのでしょうがない。
せめて、縁あって使わせていただいている森音の建物だけでも
ご縁と体力の続く限りは大切に使いたいと、強く思っています。




それにしても、美しい細工の窓ですよねー。うっとりします。





この記事をはてなブックマークに追加

想いあふれて。

2010-12-30 | 古い建物のこと

『美幌町残したい建物・大通編』個人的なランキングの
不動の第一位として、長い間密かに恋焦がれていた建物を、
見せてもらいに行く決心をして向かいました。
というのもこちら、
営業用として現役で使われている建物で、またその現役感が
なんとも言えず良い雰囲気で気に入っていた物件だったのですが、
今年いっぱいで営業を終了されるという告知を目にしたもので
これはぜひとも営業されている状態を目に焼き付けておきたい! と、
まったくもって、片思いの相手に告白しに行く勢いで訪ねてみました。


いつもこの、木製の窓枠、ブロック模様のガラス、
素敵にタイル張りされた入口を見てウットリしていたのですが
中に入るのは初めて。
(スイッチプレートも素敵ですね)










なにせここは、この入口部分と表に面した窓だらけの壁面が
窓フェチにとってはたまらない建物。
窓だらけの部分、室内にはどんな感じで陽光が射しこんでいるのかなって
気になっていました。窓いっぱいの太陽光を受けて巨大に生育した植物、
想像したとおりの空気や雰囲気で 嬉しかったなぁ。。。







ここは、生前に父が通っていた理髪店なのです。
父も慕っていた店主さんから、父の話や建物の話、
昔の美幌町の話などを聞かせていただき、胸が熱くなりました。
町内から、また一つ素敵建物から現役の灯りが消えてしまうのは
本当に寂しい事なのですが、長い間商売を続けてこられて
きっと色々とご苦労もあったのだと思います。
店主さんにも建物にも、素直に「お疲れ様でした」と
声をかけることができました。

憧れの建物を拝見させていただき嬉しかったです。

ありがとうございました。









この記事をはてなブックマークに追加

気をモム。

2010-05-01 | 古い建物のこと

かなり前になりますが
この建物が好きだー!と、愛を吐き出したこともある某公民館
 ※過去記事 → 2007-05-01 Blog
もしや近々解体されてしまうのでは・・・と気になっています。
『美幌町残したい建物』個人的ランキングの上位にある
ここが無くなってしまうのだとしたら寂しい。

ツテがあったら内見してみたいし
許されるものならここを使って何かしたい。
厳かな音楽会だとか
静かな展示会だとか
考えただけでワクワクする。

まだ何となく解体前の静けさというか兆候を感じるだけなので
それが単なる杞憂であって欲しい。

しかし、GWにも突入し、他に集中しなくてはならない事があるので
気を揉んでいる場合ではないのだった。。。
GW営業と 5/2イベントと 5/8イベントに 集中、集中!

というわけで、GW前に間に合った商品入荷情報を
いくつかお知らせいたします。




GW前に発売されたスロウのカフェ本vol.4が大人気!
初回納品分が残りわずか
本日追加で入荷予定です。




こちらも変わらず人気です。スロウの移住本。
追加納品ありましたー。




間に合いました!
リサイクルサイクル、黄金週間前に大量入荷!
入荷のたびにニューフェイスと出会い
その愛らしさに検品中もニヤニヤしてしまいます。


ほかにも、竹のカゴやアフリカのバスケット
定番物ではてぬぐいやバブーシュなどが入荷してますよー。


ぜひぜひ行楽の途中でフラリと立ち寄って見てください。
お待ちしています。




この記事をはてなブックマークに追加

紅葉。

2009-10-23 | 古い建物のこと
そろそろ紅葉も終わりかけてますね。
今年はあまり出掛けられなかったのもあって
息を呑むほど美しい一本(の樹)には出会えず。
紅葉を含む美しい風景をあちこち眺めるに留まりました。

古い社や建物と紅葉との組み合わせ、
美しいなぁ と思います。

古い建造物を眺めるのが好きなのですが
廃墟と言う呼び方があまり好きではありません。
寒々しい感じがするから--
せめて廃屋とか古物件などと呼んであげたい。


隣町、お気に入りの廃屋。

-----------------------------------

今週は、小春日和の天候のせいか
思いがけず多くのお客様にご来店いただいています。
ありがとうございます。

商品のお知らせも
たくさん入荷があってたまってますが、
売場に出すのを最優先にしているので
写真がなかなか撮れないでいます。

カレルチャペックの2010カレンダー、
お知らせしないうちに初回納品分無くなりそうです・・・
(近日第二弾入荷予定)

あゆみさんのキャンドル、入荷しました!
とても美しいろうそくの森と村ができています。
これは早くお知らせしたいな。

雑誌、スロウも新しい号が入ってます。
(特集はまさに建物系)

文章のみですが、とりいそぎお知らせしておきます。


明日も晴れますように!






この記事をはてなブックマークに追加

窓フェチ。

2007-11-27 | 古い建物のこと
今日、このBlogのレイアウト左側に表示されているカテゴリーを
編集して、新たに「古い建物のこと」というのを追加しました。
古い建物や古い道具については、完全に個人的趣味で
自分の持ちネタというか、好きな物の引き出しを増やすために
日々キョロキョロと"ナニカ"を探しています。
世の中には同じような趣味の人も居て、お客様と古物件トークで
盛り上がる事もあり楽しい。
また、同じような嗜好でも、それぞれチェックポイントや
萌えポイントが異なっているのもまた楽し。
私の場合、古い建物のどこに惹かれているかというと
ズバリ『窓』。建物の全景より窓を切り取って見ている事が多い。
窓枠が木製もしくは鉄製で、
変わった模様に切り取られてたりするのに弱い。
スリガラスや型ガラスにも。

今日の画像の現場は、森音から徒歩2分。
すっごく素敵な窓。現役で使われている建物なのです。

ところで
カテゴリー編集をしていて気付いたのですが、
ちょうど前回が100回目の記事でした。
100回目は『もりおんさん』ってタイトルだったのは
区切りとしては良かったというのか・・・微妙。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

古民家の暮らし。

2007-10-19 | 古い建物のこと

このドアが使われていた物件はもう無くなってしまった。
お店をやろうとして物件を探していた時に
候補の一つとして眺めていた古い建物だったのだけど。

新しい建物が全て好きじゃないわけじゃない。
古ければ何でも良いわけでもない。
でも、自分の身の丈に合った物件で・・・って考えた時
壊されゆく建物を保存するように使いたいな と、
迷いなく古い建物を探していた。

ほんとにね、森音の建物もとても気に入っている。
凹んだ壁や床、木枠の窓、穴の開いた柱、
そういう時間をかけて作られてきた部分が
ノスタルジックに心を和ませてくれるのだ。

ただ、もちろん、古くて使われなくなった物件には
それなりに短所もあって
冬の寒さ、これを辛く感じる人は多いかもしれません。
お客様用にひざ掛けを用意しているので
寒がりさんにはぜひ使って欲しいです。
椅子に敷くだけでも温かく過ごせますよ。

この記事をはてなブックマークに追加

残したい素敵建造物。

2007-05-01 | 古い建物のこと

旧図書館の事を思い出しているうちに
なんだかこの物件について書きたくなってしまった。

美幌町内に現存する建物の中でベスト10に入るであろう建造物。
(もちろん自分の個人的趣味ランキング)
木枠の扉や窓・そこかしこに細かい細工が有り、
いつもこの前を通過するたびにウットリ眺めてしまう。
現役で使われているのも◎

正面入口上部の窓はこんな。

無駄とも思える装飾が素敵。
空をこんな風に映す窓は、そうそう見ません。

この記事をはてなブックマークに追加

古建築探訪。

2007-04-17 | 古い建物のこと
美幌町内に限らず、近隣市町村にも気になる物件は多々あります。

今日は弟子屈町をブラブラ散歩してみました。
弟子屈町は美幌峠を挟んで美幌町の隣に位置し、屈斜路湖・摩周湖・硫黄山・川湯温泉など観光資源の豊富な土地です。
当然自然も多く残されていて、そういう暮らしに憧れてか移住者が多く、この地で起業をしたりセカンドハウスを建てたり、また外部からの文化の流入も強く感じます。

近隣市町村の中で、この弟子屈町はかなりツボ。
面白いショップが何軒も有ります。
美味しい中華を食べ、不思議な雑貨を眺め、輸入食品を購入、古い建築を探訪し、素敵な暮らしをしているお宅を訪ね、(足湯は入りそびれたけれど)とても充実した久しぶりのオフでした。
やっぱり時々はこういう充電が必要だな、といつも思います。


店と自宅の往復だけの生活でどんどん視野が狭まっていく気がしています。
店に置いている本や雑誌くらいはちゃんと目を通したい。
お客様とももっと情報交換をしたり語り合ったりもしてみたい。
本当に簡単な事すら出来ない生活=あまりの余裕の無い生活に時々不安になったりします。
あぁ、こういう事をボヤキ始めると止まらなくなるので危険です。

仕切りなおして!


楽しかったです休日。楽しみました弟子屈町。
以上!
おやすみなさい~。

この記事をはてなブックマークに追加

古民家・古建物。

2007-04-16 | 古い建物のこと
森音の建物は、築45年くらい。
このような建物を選んで使っている時点で嗜好がバレバレですが、
古い建物が大好きです。
最近では「古民家」という単語もすっかり市民権を得た感があり、
このような趣味が変人扱いされないのは有難い事です。
しかし、相変わらず「新しいのは良いことだ」的思想が根強いのも確か。特にこの北海道では。
大切に使われている古い建物はあまり見かけません、残念ながら。

先日、お客様の所有する築60年の古民家を見学させていただきました。
3年前まで実際に住居として使用され、空き家になった今でもマメに通って換気等行っているとの事で保存状態も良く、とても見ごたえが有りました。
船大工が作ったというこの建物には、画像のような窓や欄間が綺麗に残され、木の床・漆喰壁などもまだまだ使える状態。「さ~て、どうやって使いましょう?」と、眺めているうちに色々と想像力がわいてくるのでした。

実際このお客様も、森音が古民家をカフェとして利用しているという噂を聞いて訪ねてくれたのがファーストコンタクト。その後通っていただく中で所有物件についてお話が弾み、ついに見学させていただく事になったわけです。
森音には、将来お店を開きたい・古民家に興味がある・といった方々が多く集まってきます。
私自身もこうして物件を訪れたり見学する事が好きですし、もしかして今後"貸したい&売りたい人"と"借りたい&買いたい人"の橋渡しができたりして・・・などと考えたりします。
通りすがりの素敵物件・素敵空間をカメラに収めたりもしています。
いずれどういう形でか、美幌の素敵ポイントを紹介することが出来たら・・・と色々楽しい企画を考えたりもしています。

というわけで、身近に素敵物件があったら教えてくださいね。
情報交換しませんか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加