棚田ぐらし

住み慣れた京都を離れ限界集落の棚田の里へ移り住みました。
日本の原風景といわれる棚田の景色を次世代に繋げて行きたい

でっかいどう!北海道庭巡りの旅 六花の森

2017-07-10 | トラベル
次に向かったのは六花の森

旭川-富良野-十勝を結ぶ北海道ガーデン街道の南端のこの地に、花柄包装紙に描かれた草花でいっぱいの森をつくりたいー。100,000平方メートルの敷地に十勝六花(エゾリンドウ、ハマナシ、オオバナノエンレイソウ、カタクリ、エゾリュウキンカ、シラネアオイ)などが季節毎に花開き、庭の中にはクロアチアの古民家を移築した美術館が点在 -六花亭HPよりー

爽やかに園内を小川が流れてます 水と風と火(光)は庭に必要な3大アイテムだと思っています

大型のシダや蕗





右端の大きな石に見えるのは、彫刻家・板東優による作品「考える人(ロダンから)」



たぶん水芭蕉の葉





木の根締めに植えられたシダがよい感じ

緑が多くて、木立があって小川が流れる広大な敷地、全部回れるはずも無くこちらもショートカット的な庭巡りとなりました。
次のチャンスがあれば再訪してみたいガーデンでした
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« でっかいどう!北海道庭巡り... | トップ | でっかいどう!北海道庭巡り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラベル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。