空と鉄路

私の趣味の紹介です。「空」は飛行機プラモデル
の写真、「鉄路」は蒸気機関車の写真です。

FOKKER E-III

2017-06-17 15:16:27 | 飛行機プラモデル
第一次大戦で飛行機が武器としてはじめてしようされたが、
装備や使用方法も確立されていなかった。構造も木製または鋼管羽布張りのためか、短期間
に大量の飛行機が製作された。機銃もプロペラ面内をとうして発射する機構もなかった。
当初、連合国側で不完全ながらこの機構が採用された。これによる被害に対抗するため
ドイツ側のFokker社がほぼ完全なプロペラ同調機構を装備したFokker E-IIIを投入
した。この機体は連合国側機を圧倒して制空権を手中にした。しかし、半年ぐらいで、
SPAD S-7等の出現で連合国側が制空権を取り戻すことになる。
       製作したキットはRevell社の1/72.はじめて張線をミシン糸で張って
みたが少し太い感じがする。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Lockheed F-94C "Starfire" | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む