GreenNova活動奮闘記!!

グリーンノヴァは八王子市、青梅市、日高市、飯能市、日野市、国分寺市、川崎市、横浜市、他で造園・剪定・消毒・をしています。

紅葉 2016 その4

2016年11月05日 | 代表 下川のブログ
自然の「息吹」で思わぬ発見に喜んだ私はついに頂に付いた。

周りには積雪がちらほら。
寒いわけだ・・気温計は4度。
山頂付近になると、標高が高い事と強風が強いため中・高木は少ない。


(撮影日 10/13)

見渡す限り一面紅葉とは行かなかったが、下の方は色付きが強いところも伺える。
この先は秋田側へ下るので楽しみだ。


先ほどの山頂から少し下りだした所に大深温泉というところがある。
この辺りは他とは群を抜いていたが、ほんの少しだけ早いだろうか・・・
しかし、すばらしい紅葉だった。





(撮影日 10/13)

田沢湖方面に抜ける麓付近ではまだまだ青葉だったが、岩手側と同じようにちらほら色付くカエデ類やカツラが綺麗だった。


(撮影日 10/13)

今回通ったアスピーテライン、実はここ「雪の回廊」としても有名らしいので4月下旬に訪れる機会があれば是非通行してみたいものである。














ちなみに田沢湖付近と言えば去年から勝手に私の中で恒例にしている「新幹線鑑賞会」

「全国一人遊び検定」常に上位の私からしたら、たとえ一人だとしても十二分に「鑑賞会」といえるであろう。







今回もしっかり見てきたので掲載せずにはいられない。bear with me..


















古き良き田園風景を真っ赤なE6系が疾走する姿は欣快に堪えない(オーバーな・・)

単線であることを利用し、架線柱が車体に被らないよう撮影しているのがお分かりだろうか?(知らんがな)





















この撮影には納得の行くカットが取れるまで、都合2時間ぐらい使った。(秋田には何しに行かれたのですか?)


















肝心の紅葉だが、この後「山形」「新潟」「群馬」と帰るルートを取ったのだが、まだまだ青葉だった為、お見せできるような写真がない。











さて、今回の東北紅葉の紹介はここまで。


今回立てた仮説の検証。



利口な読者らはすでにお分かりであろうが、そもそも紅葉に対しての時間軸の捉え方が間違い。

北から南まで紅葉前線は約二ヶ月間をかけて南下するのに、一週間に凝縮して行ったところでピークの場所を2箇所程でも見れれば良い方でしょ。

こんなこと赤ちゃんでも分かりそうなのに・・

仮説を立てて意気揚々と妻に得意げにプレゼンしていた自分に言いたい。

























馬鹿かと。




















というわけで、クライマックス一歩手前の大量の写真達を手に帰路に着いた。















「二兎を追う者は一兎をも得ず」

















楽しみにして止まなかった一年の私的一大行事「東北紅葉狩り」



夏ごろから思い浮かべては期待に胸膨らませていた「東北紅葉狩り」















2016年、私の青春は終わった・・・・
















でも、さすが東北の紅葉、綺麗だったけどさ。




2017年の紅葉のキーワードが決まった。


















「ピンポイント」



















これ。











しかし、このままではあまりに寂しいので次回は、群馬は利根川源流で知られる「みなかみ町」、奥利根の秘境と呼ばれる『照葉峡』をご紹介する。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅葉 2016 その3 | トップ | 紅葉 2016 番外 照葉峡 »
最近の画像もっと見る

代表 下川のブログ」カテゴリの最新記事