グリングリンの庭 .......green&grin

緑[green]にかこまれて笑顔[grin]になれる。 そんな庭づくりを目指しています。

こぶとりじいさん

2016-11-08 | 日記
植木の枝にこぶができているのを見たことがありませんか。
ウィルス性の癌腫病の場合もありますが、多くは、毎回同じところで枝を切ることでできる、人為的なこぶです。
サルスベリの剪定では、「こぶ作り」なんて言って正当化されていますが、株元から幹、太枝から小枝へと、だんだんと細くなっていく順序をこぶが断ち切ることになって、あまり美しいものではありません。

今日、手入れをさせてもらったハナミズキが、このこぶ付きの木になってしまっていたので、いよいよ、こぶとりじいさんの登場となりました。
すべてのこぶを取ってしまいたいところでしたが、相手はなかなかの老木でしたので、今回は様子見程度に落とさせていただきました。
替わる枝があるところでこぶを落としましたので、それを育ててあげて、少しずつですが、素直な枝ぶりの木になってくれるといいなと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日比谷公園ガーデニングショ... | トップ | オリーブの実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事