みなりんの呟き想い草紙

無知を治そうとするなら、無知を告白しなければならない。(モンテーニュ『エセー』)

「スーパーでの何気ない人の配慮と優しさ」

2017-07-13 17:50:05 | 日記

今、いろいろなことで悩んでいる方、ふさいでいる方、気分転換に平凡な発想の転換はいかがでしょうか?

商店街の方もよい方がいますが、スーパーでも、とてもいい方がいました。
だいぶ昔のこと、人に対して不信感を抱いてしまったとき、毎日生活をする上で、あるスーパーに毎日通った時のお話です。
友達からも連絡がなく、自分も誰にも連絡しませんでしたが、そのスーパーで素晴らしい事があったのです。

一度目は、スーパーのレジで重度の障碍の方が車椅子で来ていて、店員さんにレジで財布をそのまま手渡しして、買い物分を支払っていたのです。
店員さんとその方との信頼関係があったのです。
人間関係で落ち込んでいたものの、あ、と胸をつかれて、毎日のスーパー通いが安心になりました。

二度目は、疲れてエスカレーターでつまずいて、スーパーの袋を落としてしまったことがありました。
狼狽してエスカレーターで困ったなと思った瞬間、スーパーのレジ近くの店員さんが駆け寄ってきて、袋の品を一緒に拾ってくださったのです。彼女が天使のように思えました。

私にとってスーパーは好きな場所です。
毎日行く場所が気持ち良いなら、これはうれしい事です。
平凡な毎日でも、ちょっといいことがあると、たいへん気分が軽く楽になります。

あなたが今落ち込んでいたら、ちょっと空いた時間帯にスーパーで安い・質が良い・店員さん親切というお店に足を運んでみましょう。
意外な食材があり、新たな発見もあるかもしれません。

私が単純なのかもしれないけれど、いいことってあるんですよね。やはり傷つけるのも人なら、手助けしてくれるのも人なんです。
プラスマイナス0。いえ、いいことのほうが期待しないでいた分、プラス!!

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮の花〜府中の公園 | トップ | 「オラトリオ『エリヤ』鑑賞... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む