Lightning

歩き続けた先に見たいのは 想像を超えた風と光

ただ好きでいたかった。

2016-10-14 15:29:09 | 明日も君を愛していられるように
旦那が4日間入院した。
まー前も出張もあったし、回ることはわかっていた。
現状、私1人で回った。
フルタイムで働き出したらまた違うだろうし、土日もいなければ寂しくもなっただろうとは思う。
でも、いたって普通の日常だった。

旦那が家に帰ってきて、
我が子が満面の笑みで出迎えていた。
1歳にまだならない我が子。
でも、パパが大好きみたい。
自分の「好き」という感情をまっすぐに表現する我が子。
涙が出てきた。


そのあと、すぐ喧嘩した。
出かけるから子供の面倒よろしく、と言われて、
まー遊びに行くぐらいいいけど、と思って承諾したら
「遊びじゃない!」と言われて、は?と思ってしまった。
聞いてもその場所に行かなければいけない理由は何もなかった。
その間、私に家のことを全部押し付けている自覚あるのだろうか。
これなら一人の方がマシだったな、と思って、そして、旦那がいない日常が穏やかだったことに気づいた。

旦那の、自分「だけ」がかわいそう論に付き合っていくのは結構つらいな。



***

私はかわいそうじゃない。
私の近くにいる人は、たいていかわいそうになる。
相対的に、私はかわいそうじゃない。
私は自分をころして、相手を慰めなければいけない。

そこに「私」は必要ない。
相手を慰め続ける機械があればいい。
心をころすことができたら、もう少し、楽になれるのかなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関係ない | TOP | 嫌われたいの »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。