gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

健康本の弊害は「表現の自由」か?

2017年09月13日 | 日記

コケ・ケンコー本!にわとりのような、はやトリチリ!ほんと~に?
おはようございマッサージチェアー!

「塩と水だけであらゆる病気が癒える」とか「医者に頼らなくてもがんは消える」
などの、専門家から「科学的根拠が疑わしい」と批判の声が多いという。

確かにタイトルだけで、「マジやばいっ!」って本がたくさん出てる。
「酒は百薬の長」は、昔の人の経験と研究から言い伝えられたものだと思うっす。

ただ単に酒が飲みたいだけの「言い伝え」ではないのだよ。
健康本なんて、たまたま健康になる条件がそろっただけかもしれないし、
特定の人にしか効かないものもあるらしいのだ。

疑わしいと思ったら、やめておくのがベストっす。
キャンプで、毒キノコを食べちゃう行為に似てるっす。

まずは、専門的な知識を高めたり医者に相談するのがよいかも。
規則正しい生活と栄養管理した食事だけで、健康になれるよん。

そんな感じ。一番の方法は「健康本」をまくらにすることかな?(信じないでね!)
ごきげんよう。しーゆー♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユニクロとジーユー後払い可... | トップ | 「池の水」を抜く番組? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事