私は隠れ癌患者

隠れ癌患者に対する警察の秘密活動による被害を示しています。

緊急告知:スーパー、ショッピングセンターがMRSAのような多剤耐性菌入りパン、飲料を販売の危険性大

2017-08-26 22:10:33 | 警察の秘密活動
 English(Top page: Translated by Google)

●周南市・下松市周辺スーパー、ショッピングセンターなどで買い物される方は、731部隊化した警察が作ったMRSAのような多剤耐性菌入りの食品が販売されている危険性高く、そのことを認識した買い物をされる必要がある。(権力被害者は全国に数千人いるから全国どこでも起こりうる)
●通常の免疫力のある方は発症を防げる可能性があるが、免疫力の低い、赤ん坊、子供、高齢者、病人などが摂取すると、発症して、抗生剤が効かずに中耳炎などになるが治療しても治らず、脳の炎症などに発展する危険性がある。
●多剤耐性菌はMRSAなど病院での集団感染で多数の死者が出るなど、医療サービスにとって非常に危険な細菌であり、そのような細菌を警察がわざわざ作り出し、食品に混入させ一般の店舗で陳列・販売させるという、常軌を逸した行動を警察が行っているということが周知され、批判され、止めさせなければならない。
●731部隊は戦中のことであるが、現在は警察の公安部隊が国際法に禁じられた細菌を使った国民攻撃を行うために、スーパーなど一般の販売店で細菌入り食品を並べ販売させるなどしているが、刑法、消費者基本法に反する犯罪行為を、販売店などサービス機関に止めさせなければ、食品の安全は守れない。
●サービス機関は消費者の信頼を失えば、淘汰される。警察は不法行為をしていても、予算削減をなかなか受けないが、サービス機関は消費者が行かなければ維持できない。もう少し証拠品がそろえば、店名公開する(正当防衛権の行使)


私が7種類の抗生物質も効かず(8種類と書いているとこともあるが、歯茎に塗り込むものを除くと7種類)、自己免疫も働かない細菌に侵されていることは、何度かの記事に書いた。そしてその細菌による炎症を何とか抑えたいと、漢方薬やカテキン飲料で抑制可能なことを見出したことを公開し、多剤耐性菌で命を失う患者の命を少しでも助けることができればと考えた。
ところがこの公開を逆手にとって、私の炎症抑制に必要な漢方やカテキン飲料の入手を徹底的に妨害され、その妨害範囲は山口県山陽側の6市に及ぶ広い範囲であることも実態と共に示した。その徹底ぶりは山口県内の80の店舗(皆さんが日常的に利用されるドラッグストア、スーパー、コンビニなどの店舗でも起こるということ)、関係者300人以上と推定される非常に大がかりな細菌入り飲料販売態勢が敷かれていると見なせるもので(日本最大の細菌食品販売事件)、これだけの店舗を動員することができるのは、警察しかないということはお分かりいただけると思うし、事実薬局でも同様な事柄が発生しているが、薬剤師から「警察が関与すれば毒物医薬品渡しうる」との証言もあることからも、この多数店舗による細菌入り食品販売は警察の指令によるものということは裏付けられることでもある。

このように多剤耐性菌を抑えるために有効ということを公表し、多剤耐性菌で多くの人が命を失う現状に少しでも役立てばと考えた私の行為を逆手に取って、これらの有用漢方、カテキン飲料の入手を警察が組織を動員して、細菌入り飲料を製造し、これらを店舗に命じて陳列販売させているということは、逆に多剤耐性菌を作り、これによって私に致命的ダメージを与えるためにこれを注入しているのは警察であることも裏付けるものであることはご理解いただけると思われる。多剤耐性菌でダメージを与えて、病院に入院させ、毒物病殺するストーリーを私が何とかかわすことを妨害して、本来の病殺を成功させるために、多剤耐性菌対策に有用なものが私に渡ることを妨害しようとしているからである。

要するに私を見かけ上病殺するために、毒物(発癌物質入りも)、放射線、電磁波等が投入される一環として、多剤耐性で、かつ私の免疫が働かなくされた私暗殺用の細菌が高度な生物技術が駆使され作り出されていると見なされるが、これは、生物を兵器としての利用を禁じる国際条約に反する非人道的なものであり、人類にとって非常に危険な多剤耐性菌をわざわざ作り出し、それを私に注入するということは、私以外の人々にも感染する危険性があると同時に、先には漢方やカテキン飲料の入手妨害と書いたが、実際にはこれら漢方やカテキン飲料に多剤耐性菌が混入されていると見なされるので、これらを通しても危険な細菌を多くの人が摂取する危険性が高い。

なお今回の多剤耐性菌混入に至るまでの経緯をたどっておくことも、多剤耐性菌攻撃が重大な警察犯罪が組織を上げてなされていることを理解する上で重要なので示しておく。
私が最初に多剤耐性菌を口腔に投入されたと見なされるのが2014年の3月で、歯茎の炎症が7種類の抗生剤でも治らず、歯科医にバイオフィルムができていて直らないから抜歯をと言われ、やむなく抜歯したものの炎症治まらず、歯科医や耳鼻科医に対応してもらえないために、自分でいろいろ探索し、かつ統合医療の医師の助言も得て、漢方薬とカテキン飲料摂取で、何とか炎症抑制が可能なことを見つけ出した。(前述)
しかしなかなか細菌死滅には至らず、ずっと漢方薬やカテキン飲料の摂取が必要であった。そしてそれに対して妨害行動が行われた。このような中で2015年に入ると、徐々に炎症のレベルが下がり、いつの間にか漢方薬やカテキン飲料を飲まなくても炎症を気にしなくてもよくなった。
これは恐らく、私が日々中性子線を浴びていて、この中性子線によって細菌が死滅させられた結果ではないかと推測している。

これが1回目の多剤耐性菌の侵入の経緯であり、2回目は2016年5月に下痢と共に奥歯の歯茎が腫れる形で炎症が始まった。1回目と同様に抗生剤を投入しても腫れが引かないために、やはり漢方薬とカテキンでの対応策しかないかと取り組み始めたが、1回目と同様に、これらの対抗手段の入手を妨害され、この妨害が徹底的であったために、その他の手段の検討をせざるを得ず、それまでサプリメントとして使用経験のあったラクトフェリンが制菌作用があると書かれているのを頼りに、ラクトフェリンを水に溶いて、これで腫れた歯茎のマッサージを試みたところ、意外にも、歯茎の腫れが引いていくのが観察された。
この発見でラクトフェリンが多剤耐性菌を抑制する可能性があると考え、ラクトフェリンを摂取してみたところ、比較的短時間で炎症抑制を達成できた。
こうして2回目の多剤耐性菌の侵入はラクトフェリンの有効性を発見し、これによって炎症抑制が可能となるという経緯であった。


このような結果を得ていたが、1回目に多剤耐性菌抑制方法として漢方とカテキン飲料を使う方法の有効性を公開したところ、非常に広い範囲の店舗でカテキン飲料の購入妨害(実際には多剤耐性菌入り飲料)を受けたことを思い出し、この経験は多数の多剤耐性菌患者の命を助ける可能性があると思ったが、公開するとまた入手妨害を受ける可能性が高いために、申し訳ないけれどこの度はこのことの公開を見送っていた。

こうして2回目の多剤耐性菌の侵入には、ラクトフェリンという特効薬のような存在を見つけ出すことができて、細菌抑制ができた。
そして3回目の多剤耐性菌侵入は、今年の6月に2回目と同様に下痢症状と共に始まった。
ただし3回目は、これまでのように歯茎の腫れを伴わず、いきなり耳奥に重苦しさや鈍痛を感じさせる形のものだった。

3回目の発症に際して、これまでのようにまず、抗生剤が効かないかと投入してみたが、ほとんど何の効果も感じ取れない状況で、やはり多剤耐性菌と思われた。そこで前回発見したラクトフェリンが有効ではないかと、摂取してみたが、炎症抑制の効果を感じるが治まりきらない状況となった。
そこで今回は多剤耐性に加えてラクトフェリン耐性も加わった強力な細菌ではないかと考えて、これまで摂取したこともなかったものを加えて抑制を試みた。そのような試行をする中で、ラクトフェリンを飲むと効果はあるけれど、持続せず、炎症がぶり返す状態であることから、もしかして常時多剤耐性菌が体に侵入することで、炎症が治まらないのではないかと感じるようになった。

私はこれまでサプリメント、医薬品、食品への毒物混入経験を多数して来ている。そして食品などでは、家内は摂取せずに私だけが摂取するような食品に毒物を入れられることが多かったことから、初めに私だけが摂取する野菜ジュースの摂取を止めて、お茶を摂取するようにしてみたところ、明らかに炎症のレベルが低下してきて、野菜ジュースに多剤耐性菌の混入がなされている可能性が高いとこれを摂取することを止めた。(野菜ジュースに細菌混入の証拠は、摂取して炎症悪化をもたらすものと同じとき購入したものを煮沸すると、摂取しても異常なく飲め、煮沸で細菌死滅したためと考えられる:追記)
しかしまだ炎症のレベルは下がっても、炎症が続くので、他にも多剤耐性菌混入で、私が摂取するが家内が摂取しないものはないかと検討するとそういうものはないように思われた。

ただそのような中で、最近私は家内の買い物に付き合う機会が少ないのだが、ショッピングセンターの買い物に付き合った。
家内の買い物が監視され、何をどこで購入しているかは、完全に把握されているに違いないと、監視役がいないかも含めて買い物に付き合っているときに、ショッピングセンター内のパン屋に行った。
パンは家内と私が朝食に摂取するので、家内も同じように食べるために、多剤耐性菌を入れられる可能性は低いと思っていたのだが、パン屋での買い物中に、パン屋の店員が私を視認する目つきを見て、この目は私を見分けていると強く感じて、パンが危ないとその時に感じた。

確かに考えてみると、多剤耐性菌入りのパンを家内が食べれば、家内も発症しそうなものだが、この菌は多剤耐性以外に私の免疫が作用しない能力を付与されているものの、私以外の免疫力が普通に働く者であれば、多剤耐性でも免疫力が働いて細菌が抑制されて発症しないということが考えられる。
ということは多剤耐性菌入りの、非常に危険な細菌であるが、この細菌が混入されたパンを家内と私が食べても、私は自分の免疫が働かなくされた特殊な細菌であるので、炎症が発症するが、家内は普通の免疫力を持っているので細菌を抑制でき、発症しないということだと思われる。

そこで家内はパン食を続けたいというので、私は野菜ジュースとパンという朝食を止めてご飯に梅干しというスタイルに変えてみた。
そうすると見事にラクトフェリンンが効いたのか炎症が治まったのだった。

このようにして、3回目の炎症は、持続的に私が摂取する野菜ジュースとパンに多剤耐性菌が混入され続けることで、炎症が持続していたということが分かった次第である。6月初旬に始まり8月中旬に至る、2か月と少しの間、我が家が購入を続けていた野菜ジュース、パンは多剤耐性菌入りのものであったということになる。(他の食品でも混入の可能性があるがとりあえず野菜ジュースとパンは確実ということで)
この間、家内が買い物をした回数は10数回、また買物した場所は数か所のスーパー、ショッピングセンターになると思うが、家内が購入に訪れたスーパー、ショッピングセンターには野菜ジュースやパン売り場に多剤耐性菌入りのものが多数陳列販売されていたことになる。(この販売態勢は既にカテキン飲料で経験済みであるが、大変な数の関係者が関与していると見なされる。現在は細菌がより強力になったものが、他の食品に範囲を広げて販売されていることが分かってきた:最新情報2014/8/26)

多分このような細菌入り食品は、家内が訪れる前に陳列され、家内が去れば撤去されたのだと思うが、中にはこれらの食品を購入させられた消費者が必ず存在するだろう。多剤耐性菌が体内に入れば、免疫が正常に働く人であれば、多剤耐性菌も免疫の働きで死滅させられるであろうが、免疫力の弱い赤ん坊、子供、高齢者、そして免疫が低下している病人などが摂取すれば、顎や耳に炎症が発生し、治療を受けて抗生剤の投入を受けても治らず、中耳炎を発症したり、最悪頭に侵入すれば脳炎などに繋がる可能性もあると思われる。(医療の知識がないので正確には分からないが)

食品購入では周南市、下松市などでの買い物が主なエリアなのだが、この地区の市民の皆さんは、警察が、細菌を使った病殺目的で、スーパー、ショッピングセンターなどを動員して、国際法でも禁じられている非常に危険な細菌を使った攻撃を加えるために、細菌入り食品を数多く陳列販売させていることを承知しておくことが必要と思われる。
警察の不法な秘密活動をタブー視して許してしまっている現状が、警察の犯罪行為のエスカレートを許してしまっていて、これを市民の力でやめさせないと、食品の安全も守れない。

私は既に毒物入りサプリメントや医薬品について消費者庁や厚生労働省、検察にも現物添付で届けているが、どこの役所も何も対応しないし、これらのことは弁護士に相談もしているが、取り上げる弁護士はいない。
さらに私は中性子線も浴びせられていて、中性子線線量計での計測結果などを、県の環境保健センターに確認を求めているが、中性子線の線源は特殊な場所以外にはないからと、測定装置を持ちながら測定しようとしない
山口県警に対しても中性子線照射犯罪の存在を伝えて、照射の抑制と照射犯の逮捕を求めていて、山口県警が対応しない時には、県警が犯人ゆえに対応できないと見なすという告知も行っているが、中性子線照射は私の行く病院の内部でも行われて、診察室の中まで中性子線が飛び込んでくる状況にあって、照射は激化するばかりで、まさに山口県警の犯罪ですということを、警察自体が示す状況にある。

このように私は、私の取りうる範囲で証拠を集め、公的機関にサプリメント、医薬品、食品に毒物混入されていることや、中性子線の照射がなされていることを現物添付や計測結果添付で告知して、私ばかりでなく、一般消費者、市民、赤ん坊、子供、高齢者、患者などに対しても危険が及ぶことを警告しているが、公的機関は何の対応もしない。
これが警察の秘密活動に対する公的機関の対応であり、同じようにマスコミ、弁護士、ジャーナリスト、識者も取り上げることはない。
この状況を変えないと、私の身に生じていることは、私が何も特別な人間でなく、何の罪も犯したこともない人間であることから、誰にでも生じうることであるということである。
そしてこの状況を変えうるのは、一般の国民、無名の一人一人の国民が声を挙げることでしか変えることはできない
私はこのことをずっと言い続けてきているが、残念ながらなかなかうまくいかないというのが現状である。

私への多剤耐性菌攻撃に対して、食品への多剤耐性菌の混入が継続的になされていることを食生活を変えることで、摂取食品の種類が変わり、それによって炎症が治まったというのが3回目の多剤耐性菌攻撃の経緯なのであるが、実はつい数日前に治まっていた炎症が再度ぶり返し、かつラクトフェリンが有効であったこれまでと異なり、ラクトフェリンにほとんど効果がない状況になっているのである。
新たな状況が生まれているのだが、これが現時点ではパン、野菜ジュース以外の食品からもたされた可能性が高いということしか、現時点では分らないが、スーパー、ショッピングセンターで販売されている幅広い食品に多剤耐性菌が混入されていて、かつ多剤耐性で、これまで有効と見なされたラクトフェリンンにも耐性を持つものと思われるということだけ、現時点ではお伝えしておく。

なお2回目の細菌侵入で発見したラクトフェリンが、多剤耐性菌抑制に有効という情報を、警察に知られるとラクトフェリン入手を妨害される危険性があるので、公開を躊躇していたが、3回目の細菌侵入の当初、ラクトフェリン耐性と考えられたので、ラクトフェリンの有効性が知られても状況は変わらないと考えて、多剤耐性細菌にラクトフェリンが有効である可能性が高いという情報を、感染症の専門研究者や学界にも伝えた。
私がある意味命を削りながら見出したものであり、かつ多くの多剤耐性疾患で命を失う人たちの命が助かればと、情報提供したものである。ぜひ感染症医療の分野で試験されて有効であればぜひ活用していただきたいと考えているが、一つの事例として、情報蓄積を行うということで、すぐに活用されることはないようである。とても残念なことである。

ということで警察が開発する人間暗殺用の細菌兵器が、日本の一般社会の中で私をターゲットにしながら、多くの市民を巻き込みながら展開している。先にNHKが戦中の731部隊の実態を証言を交えて放送し、その残虐さに大きな影響を与えたようであるが、現在の日本では、特殊に加工された細菌が警察の手で開発され、それによって特定の個人を病殺することを目標に、実験的な攻撃が日常の生活の中で、一般の人々が安全と信じるスーパー、ショッピングセンターなどの食品販売を通して行われているということである。
731部隊は戦中のことであったが、今は731部隊と同じことを、日本の警察が皆さんの通うスーパー、ショッピングセンターなどを動員して、一般社会の中で展開しているのであって、スーパーやショッピングセンターが731部隊の一部になるという、とても信じがたいことが日本社会では進行している。
皆さんは買い物に出かけて、陳列販売されているものの中に、MRSAと同じような細菌が混入されている商品が並んでいるかもしれないということを受け入れられるであろうか?しかもパンやジュース、そして幅広い食品に混入されているということを。
それもこれも、警察の秘密活動がタブー視され、不法行為、殺人行為、国際法違反などの行為が野放し状態であることの反映である。国民は一体、どこまで警察の蹂躙を許すのか?

追記1:多剤耐性菌入りの食品が売られている証拠として、朝食をパン食からご飯に変えたら炎症が治まったということを示しているが、それ以外に、細菌入りと思われる野菜ジュースを煮沸すると、消えない泡がたくさんできると同時に、煮沸したジュースを飲んでも炎症が悪化しないということがあげられる。煮沸で細菌が死滅するということで、細菌入りの証明になる。

追記2:今回私の被害経験を通して、周南市・下松市周辺の皆さんへの警告となったが、全国には権力被害者は数千人規模で存在すると思われるわけであり、そう考えれば、全国のどこで発生してもおかしくない。この記事を読まれる方の、身近な所でも起こっている危険性は高いと思われる。

追記3:このようにサービス機関が警察の不法行為を不法と知りながら、加担している場合には、消費者が行動を起こせば、サービス機関は淘汰を受ける。もちろん抗議をすることも有効だが、消費者が行かなければ、そのようなサービス機関は成り立たない。警察に文句を言っても遅い。証拠品がきちんと揃えば正当防衛権で店名公開する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生き物の情報教えてください... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

警察の秘密活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。