創価学会中心のハイテク兵器を使ったテロ「集団ストーカー」の告発

統合失調症に見せかけ自殺に追い込む凶悪テロ。テロ目的ならまさかと思う事をやるのが軍事的常識。被害者の言を疑えば思う壺です

電磁波兵器のシステムを創価学会が手にしたのはいつか?

2017年02月15日 | 電磁波、ガスライティング以外の重要事件
※電磁波、BMI兵器による被害詳細と技術解説、ガスライティング被害と手法の詳細解説記事まとめ
http://blog.goo.ne.jp/green5771/c/9b0d3c46a9ab63bd0053faed3f7493ee


●ブレインマシンインターフェースと電磁波兵器についてのソースについては以下の
記事をご覧下さい。

「今までの電磁波犯罪による精神、身体被害及び電磁波犯罪の技術的裏付け その2
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/0894af8b8786d5583c3108b62a077724

●テレパシー通信や電磁波兵器による私の肉体的被害については以下の記事をご覧下さい。

「今までの電磁波犯罪による精神、身体被害及び電磁波犯罪の技術的裏付け その1
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/c1ba07c9368a00131d62bd97691c53db




私は以前、以下の様な推論を立てました。


キッシンジャーというニクソン政権時のアメリカの政治家はユダヤ人で
彼が主導した米中国交正常化の際に、 軍需産業系のユダヤロビーが
中国に武器を売ろうと上院議員に働きかけたそうだ。
議会は否決したけども、この根拠から集スト・電磁波兵器テロは
ユダヤの陰謀だとオウムや偽被害者はいってるのだろうか。

ちなみに、創価は米中国交正常化を果たしたキッシンジャーを褒め称えている。
キッシンジャーは中国との交渉で、日本の国防について大幅譲歩し、
「瓶の蓋」論を推進した。 この時に、創価は電磁波兵器をユダヤ軍需産業から
入手したのではないだろうか。 ノーベル平和賞受賞したキッシンジャーは、
日本の国際政治学においては、非常に評判が悪い政治家にされている。

池田と会談
>http://www.sokanet.jp/sokuseki/koyu/kissinger.html

キッシンジャーと瓶の蓋論
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC

瓶の蓋論
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC

日本については、経済大国である以上政治・安全保障両面でも大国として
台頭しようとする欲求を持つだろうとの見方を一貫して示している。
特に、1971年の周恩来との会談で日米安全保障条約に基づく在日米軍の駐留が
日本の「軍国主義」回帰を抑えており、同盟関係を解消すれば日本は
手に負えない行動を取り始めると警戒感を示した「瓶の蓋」論は有名である[12]






※創価学会と中国、北朝鮮との関係に関する情報とソース


常勝の空 - 関西創価学会
https://www.youtube.com/watch?v=LMkDGLMhN6o
北朝鮮マスゲーム North Korea Mass game
https://www.youtube.com/watch?v=AjgJmznMLRg

北朝鮮が韓国に対する「南進」や「武装遊撃隊」といった戦略を表面化させたのは
一九六七、六八年頃。七〇年代に入ると金日成を「世界革命の首領」と位置づけ、
個人崇拝の体制を鮮明にしてきた。

日本の各種の運動体や自治体首長、議員らにその路線を押しつけようとする姿勢も
露骨になっていた。まさにその時期に、公明党は代表団を北朝鮮に送り、金日成独裁体制を
礼賛し、創価学会はそれを「訪朝が日朝間の相互理解と親善に寄与」し、「今後の日朝友好
を促進するものとして注目されよう」 (同「聖教」紙)と高く讃えたのだ。

この訪朝を、公明新聞は連日のように伝えている。
「この国を解放し、この国を本当に廃墟の中から革命思想によって立ち上がらせた、
皆様の敬愛する金日成首相にお目にかかり……」  「チョンリマ(千里馬)運動で前進する
共和国の社会主義建設が大きな成果を収めていることに深い感銘……」(同六月四日付)
http://www.forum21.jp/contents/contents11-15.html



中国・胡錦濤国家主席と池田大作・創価学会名誉会長の会談
http://blog.livedoor.jp/renkoi/archives/1035069418.html
中国共産党との深い関係(国家主席の胡錦濤が首相を差し置いて池田大作を
先生と呼ぶ)共産主義は宗教を徹底否定してる筈。行きすぎたウイグル弾圧も
チベット弾圧も背景にはこれが一因としてある。

胡錦濤は創価大学に留学している。
http://blog.livedoor.jp/renkoi/archives/1035069418.html
創価学会青年部は中国最大の青年団体である中華全国青年連合会(全青連)と、
交流を活発に進めてきた。両者の交流は、1984年、名誉会長の第6次訪中での
提案が契機。翌85年には、中国青年代表団の胡錦濤団長(当時、全青連主席)が
来日し、聖教新聞本社で創価学会青年部と交流議定書が交わされた。

その際、胡団長は名誉会長に「創価学会青年部とともに、『中日の美しい未来』
のために努力していきたいのです」と述べている。以来、互いの招聘で創価学会
青年部は11回の訪中団を派遣。15回にわたり中国青年の代表団を受け入れている。
また創価大学で学んだ全青連派遣の留学生は20人。交流の第一線で活躍する
青年を数多く輩出してきた。


中国大使、母校・創価大で講演のナゾ 公明党へのメッセージか?2014.06.17
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140617/frn1406171538008-n1.htm
日中関係の緊張が続くなか、程永華・駐日中国大使の行動が憶測を呼んでいる。
公明党の支持母体、創価学会の池田大作名誉会長が創立した創価大学で講演したのだ。
池田氏の初訪中40周年を記念 して13日に同大キャンパスを訪問したという



大鳳会 (選択2007年7月)
http://kabanehosi.seesaa.net/article/183943875.html
雑誌「選択」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%B8%E6%8A%9E_(%E9%9B%91%E8%AA%8C)
外務省に創価学会の「出先機関」
メンバー300人の「大鳳会」
温家宝首相が衆参両議長や政党代表より長く、池田大作会長と会談した事実は
創価学会の対中外交への影響力を強く印象付けた。元外務省OBの発言として
「日本の国際的な地位の低下と反比例して対中国・対ロ外交に
おける学会の存在感は高まっている。その学会の出先機関的存在が「大鳳会」。
公明党が政権与党の中核に位置することで創価学会の政治的影響力は飛躍的に増大。

「総体革命」
学会員の優秀な指定を官界、法曹界、経済界、マスコミ界、教育界などの各分野に
送り込み、枢要な部署を学会員で占めることを画策した。その一環として外交官の
輩出にも注力し、現在インド大使を務める学会員キャリア外交官第1号榎泰邦氏を
中心に「大鳳会」が結成された。いまや会のメンバーはキャリアから在外公館の
現地採用組まで含めると300人に達するとの声もある。

「妙法の外交官」の使命は創価学会や池田会長のために働くこと。具体的には
会長の外遊のための根回しや、学会・創価大学の文化交流や教育交流のサポート、
情報収集などに尽力することである。

2004年に中国の潜水艦が宮古島近海で日本の領海を侵犯した際、日本政府の抗議を
突っぱねた中国大使館の程公使は 創価大学留学第一期生。
「大鳳会のメンバーが彼らのカウンターパートとして登用される可能性は否定できない。
創価大学はモスクワ大学の留学生も多数受け入れており、対ロシア外交においても
同じことが起こる可能性がある日本のメディアは(大手メディア限定ではあるが)
ほぼ全て朝鮮の政治的影響を明確に受けている。
日本の場合、全国ネットのテレビ局や全国紙新聞にはかなり昔から『菊と鶴のタブー』
という2大タブーがある。菊は“皇室”のことで、鶴は“創価学会”のことである。」



ソースは中国
公明党=孔明党、 信濃町=支那の町
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-03/15/content_28250718.htm

日本公明党は1964年11月17日に設立された。
母体は池田大作氏会長の日本の宗教団体である創価学会だ。
党名を考えるにあたり、池田氏は自分が尊敬する中国史の三国時代の諸葛孔明を思い、
「孔明」と同じ発音であることから「公明」を提案したという。
また、別の説として池田氏が好きな中国の古典小説「水滸伝」に出てくる宋公明(宋江)が
智慧のある人物で、自分の政党が「智慧の党」になるようにと願って「公明党」と名づけたともいわれている。

中国網
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E7%B6%B2
中国網(チャイナネット)は、中華人民共和国国務院直属の
中国外文出版発行事業局(略称:中国外文局、別名:中国国際出版
集団)が管理・運営するニュースサイト。



インタビュー 池田提言と第一次訪中の真実
http://www.forum21.jp/contents/contents10-1-1.html
(抜萃)
今でこそ周恩来一辺倒ですが当時は毛沢東をすごく尊敬していて、
会えなかったのを非常に残念がっていました。
かつて大作さんがハワイのマウイに行って、泳いでいる写真を撮らせて
聖教グラフに載せたことがありますが、あれは揚子江で泳ぐ毛沢東の真似なんです。



総体革命
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E4%BD%93%E9%9D%A9%E5%91%BD
総体革命(そうたいかくめい)とは、創価学会で使われる用語であり
池田大作が第3代会長に就任した1960年代以降強力に推し進められた政界、
官界、言論界、教育界、法曹界、医療界など各界、社会全般への敬虔な信仰を
持った多数の創価学会員の人材育成でそれらを横断した社会の改善の実践力を確保し
仏道修行や広宣流布運動に用いられた総称である。








以上の推論を裏付ける新資料を読んだので、そこから引用したいと思ます。
議会は否決したけども、水面下では取引が行われていました。


米中百年戦争―新・冷戦構造と日本の命運
クリエーター情報なし
新潮社



米中両国が 正式に 国交正常化を 成し遂げた 1979年に訪米した 鄧小平は
当時のジミーカーター大統領らと 精力的に会談をこなした末、 当時から
世界最先端と言われていた米軍の 軍事技術を 中国に導入する合意を
取り付けたのである。

鄧小平との会談で、 両国のハイレベルな 政治交流を 確認した カーターは
その見返りとして、ハロルドブラウン 国務長官に 最新鋭の 軍事技術について
対中供与の可能性を検討するように指示。
これを受けて、 ブラウンは当時、 国防技術全般を 担当していたペンタゴンの
文民ナンバー3、 ウィリアムペリー( 後の国防長官 )を 中国に派遣した。

冷戦 真っ最中の当時、 米国はいわゆる「 チャイナカード 」とよばれた
外交戦略を 加速させていた。

すなわち、 敵対するソ連を牽制するため、 その隣国である中国と大局的な
観点で手を組み、冷戦を勝ち抜くという 外交・保戦略である。

1970年代に 電撃訪中を果たした大統領補佐官、 ヘンリーキッシンジャーが
リチャードニクソン大統領とともに描いたとされる、 この一大戦略を着実に
踏襲していた カーター政権の懐に 鄧小平は大胆に飛び込んだ。

中国の軍事的台頭への懸念が強まる 21世紀の今日において、 米中両国が
軍事技術交流に踏切ることはほぼありえない。 だが、対ソ連という意味で
米中双方が手を組んでいた当時の世界情勢において、これは画期的なアイデア
として 米中両国で広く支持されていたことも 忘れてはならない。

実際、カーター・鄧小平の合意を受け、1980年初めに 現状視察のため訪中した
ペリーは当時、中国側に「行きたい所は全て足を運ばせて欲しい 」と要請。
ペリーによれば、その際、中国側も二つ返事でペリーの要求を受け入れ、当時から
中国は虎の子としていた 大陸間弾道ミサイル( ICBM) の 製造工場から 戦略
爆撃機、 戦車の製造工場、 内陸部の ミサイル実験場、 さらに最新鋭のレーザー
研究施設やコンピューター研究施設にまで ペリーら米側訪中団一行を案内している
( ウィリアムペリー「 核なき世界を求めて 」)。


**************************************

「あなた方の技術に我々米国の近代的技術を つなぎ合わせよう とはしない方がいい。
あなた方にはまだ、その準備ができていない 。」
ペリーは中国側にそう進言した上で「 研究開発基盤と 製造業の基盤を きちんと
整えなければ、 近代的な軍事技術は育たない。 それには相当の歳月も必要だ。
そのための最初の一歩は 民間分野での商業技術の育成だ 」と言い残して、中国を後にした。

こうした経緯を経て、 米側は中国への軍事技術移転を断念した。 ペリーによれば、
この時、米国は中国に「 一切の軍事技術を渡していない 」 という。当時、中国は対ソ連を
想定した防衛システム技術 として、防空ミサイルの運用システムや防空用の戦闘機、
その戦闘機を守るレーダーシステムなどを 米側から導入したい、と 内々に伝えていたが、
これらについても 米側は 時期尚早との 立場を示し、 実現には至っていない。

1980年代レーガンは、 後にアジア担当の 国務次官補の職につくリチャード.・ソロモンを
自らの政敵カーターの腹心の一人だったペリーの下へと党派を超えて派遣している。
この時ソロモンは ペリーが残した訪中時の報告書について詳細に分析した上で、 ペリーに
対中軍事技術供与をめぐる問題について意見を聞いた。

当時のやり取りについてペリーは「自らが見てきたことを ソロモンに忠実に伝え
『同じ結論』を進言したと回想している。こうした入念なリサーチ作業を経て、 レーガンは
水面下で中国との武器取引に手を伸ばしていくことになる。

1983年初め、 旧ソ連を追い詰めるために 中国との関係強化と言う外交的成果を最大限に
利用するチャイナカード戦略を編み出した リチャード・ニクソンが密かにホワイトハウスの
門をくぐり、レーガンと膝詰めの会談に望んでいた 。

「中国に軍事技術を供与し、 その軍備の近代化を手助けすることで、 ソ連の 軍事費負担を
増やすことを考えるべきだ」ー。
席上、ニクソンは熱心にこう説き、 レーガンに決断を迫った。 ニクソン側近として
当時の経緯を知るリチャード・ マコーマック元国務次官によると、 この時、レーガンは
「 中国に渡した米国製の軍事技術が台湾(侵攻時)に使われることはないか」と懸念を示し、
躊躇する姿勢も見せたという。 しかし最終的には ニクソンの提案に対して
「 『台湾には決して使わない』という一筆を 中国から取り付ける必要がある」と注文を
つけることで折り合いをつけた、とマコーマックは証言する。「 中国向け高度技術の提供に
必要な 国内手続きを速やかに簡素化する 」 1983年5月末、北京で開催した第1回米中商業
貿易合同委員会の終了時、 米側の主 席代表を務めた商務長官、 マルコム・ボルドリッジは
レーガンの政治的決断を中国側にこう伝え、 米中関係の強化を訴えている。

この時、ボルドリッジは「 中国側もこの措置による効果を近い将来、確実に理解することが
できるだろう。これは単なる口先のことではなく、実行を伴うものである 」と明言している。
だが、どのような「高度技術」をアメリカ側が提供するのかについては一切明言を避けている。

ボルドリッチに同行した マコーマック 等によると、 この時アメリカ側が水面下でまとめた
中国向けの「高度技術」の具体的な目玉と位置づけられていたのは、 アメリカが開発した
軍用ヘリ「 ブラック フォーク」の供与だった。別の レーガン政権元高官によると、
この時、 アメリカが上がる映画の懸念などを踏まえ、 中国側には 空対地ミサイルなどの
兵器の搭載ができない仕様(no hard point model)の ブラックホークを10機程度譲渡している。






※なお、私は元々一サラリーマンで実家は庶民レベルに過ぎませんが、
なぜ、少なくとも政治家や官僚、自衛隊の三佐で統合幕僚学校候補くらいの人間を
片っ端から狙わないのでしょうか?
日本の国力を落とすには、エリート層という価値の高い人的資本を
徹底して狙わねばならないでしょう。

答えは「やりにくいから出来ない」。

それが集団ストーカー・電磁波テロの何たるかであって、真相です。
つまり、無差別テロだからです。無差別テロであれば、猟奇殺人鬼達がやり易く、
「むかつくカモ」だと思える者が狙われます。






<層化の裏に共産圏関連過去記事>
PCへのハッキング(クラッキング)被害
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/47e03448ed1dbea191e4220bcb30192c
共産党・創価他カルトの二重思考と偽善
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/961dc14cb9141b4943037110447c6581
日本の精神医療の闇ー社会主義国スパイ・テロ団体による悪用
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/134e307e264ca5a4940ff13c341c681e
フランスのテロと集団ストーカー(特にユダヤ陰謀論撒いてる連中との類似点)
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/3f4739e5373aef097486274c974b7408
フランスのテロについて
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/0ced492a5e47dc204311f470a70c6c3f
淡路島5人殺害事件で偽集団ストーカー被害者が狂信していたユダヤ陰謀論なるものの再考。
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/b2c7fc9eff8720cb2f1e8022c2eb9fd0
淡路島5人殺害事件について簡単なまとめ。犯人は偽被害者。
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/6c4ffb5aceb3c22d48b2b1f63ed0e5ff
集団ストーカー・電磁波テロの目的・真相、反日亡国論
ー電磁波テロリストのネットでの書き込みから
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/2f6ead8e995e1f910e54addeaee4410a
電磁波テロの目的と洗脳
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/65b6ce764bd58f9f99a61c530c3fe15d
「集団リンチ」の予告と家の前で大騒ぎする嫌がらせの目的(の一つ)について
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/58f26cb10a0df1c8a2fc02ced4103696
日朝外務省局長級会議と公明党の集団的自衛権に関するインチキ主張
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/bd0f768114d277bd8ca81d126b66780f
構造改革の時、竹中平蔵氏が選ばれた理由とあの時代の創価信者
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/d9c78f3d88e3b1b358fa32f55b2a2877
「ハングリーであれ。愚か者であれ」 スティーブ・ジョブズの講演
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/7047be3d80328857c1df3e79df19ab5a
鬱陶しい集団ストーカーネット工作員の印象操作について。
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/eda1870e077684190aa7700eec52d45f
(取り急ぎ)創価etcの自称防犯活動と被害者統合失調症認定の謎について
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/452f4d12dedb4bcb2c0941ad5ec3ede8
池田大作のノーベル平和賞挫折とフランスでのセクト指定
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/e1aa3b7d38520d7cff774919daf6dd6b
【重要情報】前回記事でのコメントのやり取り。
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/404a544444470bb3a8e50fa0693de233
オウム事件の真相と創価学会の真相(簡単なまとめ)
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/30dd614170546a9bb327499ef37675a0
米の戦略シナリオ予想
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/acf0a16180036574124c02ea967df960
中国高官が祖国を捨てる日
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/27ebe37aed68db08d884615cf035962c
電磁波兵器実在の新ソース
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/55161e4bfc1498be188725f769db3fe9
世界中で集団ストーカーを起こしている根源とは?
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/de7850fec770af6bb514da173278f0be
国防軍創設の意義について
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/26b4f9b6ceac0ceab3d6328da6ac9e10
自公政権の行方を分析
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/a7d33cd95f0390e29253956d636e03e2
韓国で集団ストーカーをドラマ化
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/c7b761c8107ad719137d745c17422141
中国共産党と創価学会との関係
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/888d6dbe4247eca562f17c6054e5ef7c
【創価学会が集団ストーカーをやっている決定的証拠】 洗脳された創価の二―ト大騒ぎ
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/62dcc73ead5e8c2fa8157ff7c6da4656
集団ストーカーの犯行予告ー飯能の創価学会員桑原に読ませられた漫画
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/c7e88a50d7d93de22592b60b1e220709
1999年に『週刊現代』に連載された高沢皓司氏の「オウムと北朝鮮の闇⑨」抜粋
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/8c6e6325adedd6c009b1a2eccb260ee4
新宿区危機管理課に防犯パトロール要員個人登録について相談
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/5862c78b5277ace9ab495a15f6248f28
オウム事件の真相と創価学会の真相(簡単なまとめ)
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/30dd614170546a9bb327499ef37675a0
池田大作死亡説ーもし死んでいたら見えてくる事
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/bbc745916f84d24c1fe002265832e199
池田大作名誉会長の講演 in USA
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/d687450ee0afa4b71b747ffc09f89bb0
集団ストーカーの犯行予告ー飯能の創価学会員桑原に読ませられた漫画
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/c7e88a50d7d93de22592b60b1e220709
取手駅通り魔事件の犯人は層化信者
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/9b501bd0273125af05077654b1e970b4
浦沢直樹氏の「MONSTER」 ー サイコパス洗脳と遺伝子工学
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/a238796701ebc6dd1075fdd3c3490d70
オウム事件で北朝鮮などの黒幕が暴かれず尻尾切りにされたカラクリ
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/31f648debbd384f3686a5018d3035e88
層化と朝鮮学校教育との類似性、ルーマニアの国旗と層化旗
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/260b5a9d82ce09854a48613ec984ac87
仏教の罪ー三業について
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/73372a5c20090b36fe8b89e05326cd31
絡まれました。 + 層化の大好きな三国志演義の計略ついて。
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/17909c067d0ae2d411f6bd832359fd70
聖教新聞「寸鉄」特集とマツダ派遣社員の12人殺傷事件
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/fa285f18d69c83f4a83efd6ffe71a410
集団ストーカーテロの根源的原因ー「軍事独裁体制」
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/2a8f276ab4896331510b43c86b71e36f
ユダヤ陰謀論の目的真相と毛沢東思想、反日亡国論ーそして日本占領が成功した暁には。
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/5cbec17f4180cf50ed51287316a95e03
電磁波犯罪から見える共産ファシズムーマルクスの唯物弁証法
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/ab0d2d22d2a390d7727bc637d39813bf
論考「創価学会の裏に北朝鮮」 
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/1fbe542ceddde7cc5313a3bf0eeb8fb8
層化の裏は共産圏だと思う(ユダヤ陰謀論に対する見解)。
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/7ccd46f2567c4a2bc862f122a3f0a14c
討論「日本と国際インテリジェンス戦争」ー層化は共産圏の謀略組織+統一教会が集団ストーカーを一緒にやってる事について
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/3b2e07cdd6f067896b72dbdd2901edb4
創価学会広宣部の存在と創価学会員の語った奇怪な全体主義的思想
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/448ad01ed3014270a7fa41a65dc6a58c
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PCへのハッキング(クラッ... | トップ | 迷惑防止条例のストーカー行... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

電磁波、ガスライティング以外の重要事件」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL