犬とパソコンと私 …ときどき主婦

5匹のプードルとの生活とパソコンの仕事に明け暮れる日々の中
時々、家事してます…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マリンの病気~断端膿瘍のはずが…~

2017-06-01 23:09:54 | 
今日、マリンの面会の時
      これを見せてもらいました

この黄色い液体は血液を分離したもの(ビリルビン)です。たくさんの赤血球が壊れ(溶血)たり、肝機能の低下で黄色くなり、黄色が濃いほど悪いんだそうです。
マリンの黄色は肝機能自体の低下によるものよりも、たくさんの溶血によるものだそうです。

それとは別に心臓もあまりよくないらしく、心雑音がレベル5~6だそうです。
レベル1~6の数字が大きいほうがよくないとの事。
手術する前は心臓は大丈夫だったらしいです。手術したことによるストレスが引き金になったみたいです。
12歳という高齢での手術はやっぱりリスクが伴うんですね・・・
でも、手術の目的は、断端膿瘍の切除と、卵巣の切除だったはず。
なのに、術後こんなに悪くなるなんて・・・

でも、今日はシリンジで、ドロドロの処方食を少しだけ、口に入れてもらったみたいです。
水も15ccほど食器に入れてもらったのを少し飲んだそうです。
夕方、面会に行った時はまだそれを吐いていなかったから、状態は昨日よりは少しだけ良くなっているのかも・・・

嬉しい


今日のマリンは、目がしっかりしてるような気がする
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マリン術後5日目 | トップ | マリンの皮膚 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事