気まぐれフォトダイアリー

富士山、風景、身近な花の写真ブログです。時々過去の記事も載せています。
カメラは主にNikonD800で撮影。

ヒマラヤの青いケシ

2009年05月19日 17時10分35秒 | 写真(花)
2009年5月18日(月)

箱根町立 箱根湿生花園の「ヒマラヤの青いケシ」の写真を撮りに行ってきました。

ヒマラヤの青いケシを見たのは、今回で2度目です。

最初は何年か前に、山梨県立フラワーセンターで見ました。

けれど、最近は咲いているのかどうか分らないので、箱根湿生花園に咲くと言うのをブログで探したので、箱根まで行くことにしました。

箱根湿生花園のホームページで、「ヒマラヤの青いケシ」が咲き始めたというので、早速行って来ました。


地図





ブルーポピーと言う名前だそうです。





私達は、午前9時に開園してすぐの時間に入ったのだと思いますが、平日なのにたくさんの観光客でした。

私はまっすぐ、「ヒマラヤの青いケシ」に直行しました。

咲いていました

とてもうれしかったです。





何枚も撮ったので、載せてみます。

これはマクロで撮りました。





花はこんな感じで下向きに咲いていました。





ブルーの色が素敵です。





陽に透かせた花です。





今から咲き始めようとしている蕾です。





この花はまだ開ききっていませんが、紫色のようです。





白い花も咲いていました。





こんな感じで咲いています。





全体はこんな感じです。

これが2箇所にありました。





「ヒマラヤの青いケシ」の説明です。


ヒマラヤの青いケシ(Blue poppy)

<ヒマラヤに咲く青いケシ>

 ケシの仲間は世界で47属700種ありますが、「青いケシ」の仲間をメコノプシス属(Meconopsis)と呼び、よく似たヒナゲシなどケシ属(Papaver)とは分類上、区別されます。

メコノプシス属は約45種類あり、黄花種がヨーロッパに1種だけ分布しているだけで、ネパール、インド、ブータン、ミャンマー、中国などのヒマラヤ周辺に分布が集中しています。

メコノプシス属の花は青をはじめ、紫、黄、赤、白など色とりどり。

そのうち、青い花を咲かせるのは約10種で、ヒマラヤの「青いケシ」と呼ばれます。


 
 「青いケシ」が発見されたのは1913年、イギリスの植物探検家エリック・ベイリーで、その後、キングドン・ウォードが「青いケシの国」を著してから、幻の花として世界中に有名になりました。

現在は中国の高地にもバスやロープウェイで簡単に行けるようになり、「青いケシ」が誰でも見られるようになりました。











~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


数年前に山梨県立フラワーセンターに咲いていた「ヒマラヤの青いケシ」の写真も載せて置きます。

今の名前は山梨県立フラワーセンター・ハイジの村になっています。


山梨県フラワーセンター・ハイジの村の地図





「ヒマラヤの青いケシ」①





「ヒマラヤの青いケシ」②





「ヒマラヤの青いケシ」③





「ヒマラヤの青いケシ」④


白い花も綺麗に咲いていました。






「ヒマラヤの青いケシ」⑤


この写真は、長野県の川上村の山に登る前に立ち寄って撮った写真です。

今改めて写真を眺めると、白樺の木に囲まれて咲いていた、「ヒマラヤの青いケシ」も綺麗だったな~と思い出します。

今はどうなっているのかな~
ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甲府TDK跡地に咲いたバラ | トップ | 箱根乙女峠からの富士山 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
メコノプシス・ベトニキフーォリア(ヒマラヤの青いケシ) (かうちぽてとガーデン)
家の庭にて(撮影:2009/5/9, 12) 去年地植えで枯らしたのでリベンジに再購入。 家に持ち帰る時に蕾を折って、花を撮った後に引っ掛けて花がポロ...