緑のカーテンのある暮らし

楽しくて、快適で、おいしくて、地球にも優しい緑のカーテン。我が家と学校の緑のカーテンの生長をお知らせします。

緑のカーテン大作戦・ヘチマの苗を植えました

2017-05-21 18:16:50 | 学校

土作り、ネット張りで準備完了した緑のカーテン大作戦。

5月15日に、苗の植え付けを行いました。

プランターには、ヘチマメインですが、やはり食べる楽しみも味わってほしいので、キュウリも少し植えました。

花壇には、ひたすらヘチマ。

 

ポットの置いてある場所を指でなぞって場所を確認し、土に丁度よい大きさの穴をあけます。

人差し指と中指で、苗の根元を優しくはさんで、ポットをそっとひっくり返し、

ポットをモニョモニョすると、苗が土ごとスポンと抜けます。

 

根元の土を崩さないように、慎重に、慎重に、苗を先ほどの穴におろし、穴と苗の根元に隙間ができないように、

埋め戻していきます。

土の中にすき間があると、そこが「ダンゴハウス」に!

ダンゴムシは、コロンとかわいいふりをして、実はヘチマの葉っぱをバリバリ食べる悪さをすることがあります。

だから、すき間がないように、確かめて、確かめて。

 

苗の植え付けを終えて、今後のお世話ついて話すために集合。

「あら、コンクリートに土がこぼれてる」と私が言うと、すぐさま数名飛んできて、土をかき集めてプランターへ。

わずかな土の中のたくさんの微生物くんを救出しました。えらいぞ。

 

水遣りのこと、蔓の誘引のこと、観察のことなど、子どもたちは真剣に聞いてくれました。

そのことが、この写真の子どもたちの姿勢からも見て取れて、うれしかったなあ。

 

数名が教室に上がり、他の子どもたちは下から見上げ、

「しっかり大きくなってね~!」とみんなでパワーを送りました。

 

この日は、NHKの「ひるまえほっと」の取材が入りました。

教室に戻る子どもたちに、インタビュー。

カメラマンさんが「そう言わせたわけじゃないのに、『こんなこと、言ってくれたらいいなあ』ということを言ってくれて、

びっくりしました!」とほめてくださいました。

 

ふと気付くと、インタビューが行われている傍らで、黙々と作業する子どもたちが。

「ダンゴハウス」予定地がないかどうか、一株ずつ根元を確かめ、すき間があると埋めてくれているのです。

この子たちも、

この子も。

「もう一度、確認してね」と指示したわけでもないのに、自分で考えて、行動する子どもたち。

こんな姿に触れるたび、「ああ、子どもってすてきだな。」「がんばってよかったな」と心から思います。

 

苗の植え付けを終えた、花壇。

今は、校庭が見えるこの場所も、夏には美しい緑に包まれます。

 

そう、今はネットだけですが、夏には・・・

こんなすてきな緑のカーテンが出来上がり、子どもたちもまた、緑と一緒に成長していくのです。

精一杯応援するからね。

がんばれ、高島第五小6年生の子どもたち。

 

この日の様子は、5月23日(火)の「ひるまえほっと」で放送される予定です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もしっかりネット張り

2017-05-21 17:51:41 | 学校

高島第五小学校緑のカーテンの苗の植え付けに先立ち、5月12日の夕方に、教職員でネット張りを行いました。

 

箱に入れて倉庫に保管していたネットを校庭に運び、

まずは、左右のネットの位置を確かめ、

花壇の上に広げます。

ネットをしっかり固定するための支柱も置いておきます。

 

4階ベランダからおろしたロープの先端に付けられたカラビナを、ネット上部の両端に取り付けたら、

ロープを引き上げて、ネットを持ち上げていきます。

 

程よい高さまで上がったら、4階ベランダ班はネットをいったん固定。

地上班は、ネット下部に、支柱を通していきます。

 

長い支柱を通していくので、支える人も含め、三人がかり。

 

こんなふうに支柱をネットに通します。

 

まずは、支柱の両端でネットをしっかり留める。

 

次に、花壇の金具と支柱を結束バンドとロープで、

プランターの穴と支柱をロープで、しっかり結びつけて固定します。

 

葉が茂り、実がなるとネットはかなりの重さになるうえ、風にあおられるので、

万が一にも外れることの無いよう、がっちり固定。

先生たちは真剣そのものです。

 

地上班の固定が終わると、ベランダ班の教職員があらためてネットをひっぱり、こちらもしっかり固定していきます。

 

ベランダ班も、真剣そのもので作業。

 

花壇、プランターから4階ベランダまで、ビシッとネットが張られました。

このネットの校舎側にヘチマの苗を植えつけると、緑のカーテン大作戦がいよいよ始まります。

 

今はネットだけのこの風景。

夏には、美しい緑と青空のコントラストも見事な姿に変貌します。

楽しみだなあ。

忙しい中、がんばった教職員の方々、お疲れさまでした♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も土作り

2017-05-21 17:11:46 | 学校

5月11日、高島第五小学校で土作りを行いました。

まずは生活科室で、簡単な説明と、土作りに協力してくださる「花と緑の応援団」のみなさん、教職員のみなさんにご挨拶。

 

ミミズが土の中で果たしてくれる役割を知ると、すぐにミミズは子どもたちにとって大切な仲間になります。

 

培養土と、

腐葉土と、

連作障害対策に、土壌改良の働きのある堆肥を加えます。

花壇に、

プランターに、資材をまいたら、

ひたすら混ぜ合わせる。

途中でボカシも加えて、

混ぜ合わせる。

プランターチームの子どもたちは、移植ごてを使うのをやめて、

「気持ちいい!」「やわらかい!」「あったか~い!」と、土の感触を楽しみながら手で混ぜ合わせていきました。

 

花壇チームの一つでは、「天才」図工の先生のアドバイスで、資材を積み重ねていく、

名付けて「富士山作戦」。

そして、崩しながら混ぜ合わせる。

 

資材を全てしっかり混ぜ合わせたら、スコップで平らにならして、

足でやさしく踏みならし、かさが減った分土や腐葉土を加えて、とにかくたっぷりの土を作ります。

 

お掃除もしっかり。

わずかな量の土の中にも、たくさんの微生物が住んでいますから、

こぼれ落ちた土は集めてプランターや花壇に戻します。

 

土作り完了。

それぞれの花壇やプランターを担当して、手伝ってくださった大人の方々お一人ずつからお言葉をいただき、

お礼を伝えて土作りの作業を終えました。

 

緑のカーテンは、土が命。

大変だけれど、4階天井まで届く緑のカーテンを作るには、土作りは何より大切な作業です。

暑い中、みんなよくがんばったね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失敗しない緑のカーテン作りのために

2017-05-06 20:51:11 | 緑のカーテン作り方のポイント

5月5日のラジオ番組でもお話しましたが、緑のカーテンの準備はまさに今です。 

昨年と同じ内容になりますが、緑のカーテン作りに欠かせないポイントをもう一度お伝えします。

緑のカーテンの運命は、準備の段階で決まるといっても過言ではありません。

せっかく挑戦するのなら、ポイントをしっかり押さえて、ぜひとも緑のカーテンのある暮らしを楽しんでください。

 

①土が命

土の量が少ない、土の質が悪い。

この状態でスタートすれば、はじめから失敗は運命付けられています。

培養土に腐葉土、もし可能なら「ボカシ」(園芸店で売っています)を混ぜ込み土作り。

そして、できるだけ大きなプランターにその土をたっぷり入れます。

プランターのふちから3cm程度下がったところまで、土を軽く押していっぱい入れる。

これが大切です。

植物は、苗のときに植えられた環境で育ち方を決めてしまうようです。

あとから「ごめんね~」と土を足しても、肥料を入れても、思うようには育ってくれません。

最初の土作りこそ、緑のカーテン大成功のための最大のポイントです。

②植えすぎない

特にプランターの場合、限られた土の中の限られた水と栄養を吸収して育つ苗たち。

ですから、苗をたくさん植えてしまうと、ひとつの苗の水と栄養の取り分が減るわけですから、

苗が大きく育ちません。

野菜用の大きなプランターでも、多くて苗は2株まで。

それ以上植えないことが肝心です。

③ネットはビシッと張る

ゴーヤーの気持ちになってみましょう。

まだ小さい苗のころ、巻きひげであちこちつかまるところを手探り。

あっちもこっちもつかまることができる、と感じたら、安心ですよね。

でも、つかまるところがなくて心細いなあ、と感じたら、

ゴーヤーはあまり子蔓孫蔓を伸ばさなくなってしまいます。

「おっ!これなら安心して蔓を伸ばせるぜ!」と感じさせることが大切。

ネットの上端と下端に園芸用の支柱を通して、

その支柱をどこかにしっかり固定。

しかも、ネットは苗よりも外側(太陽側)に張ること。

そうすることによって、太陽に向かって伸びようとする蔓の誘引もしやすく、

夏になると茂った葉の陰になるので、土も乾きにくくなります。

 

まずはこの3点。

これだけは、はずしてはならないポイントです。

もっと詳しく知りたい方は、お時間のあるときにこちらもごらんください。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェイスブックが乗っ取られました!

2017-03-14 01:01:25 | 困った出来事

今のところ、どうしたらよいのかわからず、こちらでお知らせしておきます。

昨日、3月13日の午後、気付かぬうちにフェイスブックの私のページが乗っ取られました。

お友だちの方々に(全員ではないのですが)次々と迷惑なメッセージが送られています。

「今時間ある?」という私らしからぬなれなれしい問いかけや、

ラインの登録などの呼びかけなど、かなりの方にご迷惑をおかけしてしまっているようです。

 

前の日にパスワードが変更されていて、それはすぐに対応したのですが、

昨日はアドレスも変更されてしまい、私の知識ではどうしようもない状況です。

一見、何の問題もないように見えますが、お友だちとのメッセンジャーでのやり取りは全て削除され、

最近の投稿もなくなっています。

 

みなさま、私からなんとなくおかしなメッセージがきたら、応じないでください。

対処法をご存知の方がいらっしゃいましたら、どうかご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月はドラムサークル・フォー・ティーチャーズへ♪

2016-07-21 18:49:20 | ドラムサークル

ついに夏休みが始まりました!

といっても、私たち教員は、今日もかわらず仕事ですけれど。

とはいえ、学校でデスクワークばかりでは残念すぎます。

今年も、8月最初の週末に、東京で「ドラムサークル・フォー・ティーチャーズ」を開催します。

 

2003年に音楽の授業にドラムサークルを取り入れて以来、

それはそれはすてきな恵みが、子どもたちにも私にももたらされました。

音楽経験のあるなしにかかわらず、年齢、性別に関係なく、

誰でも参加し、楽しむことのできるドラムサークル。

昨年は、気仙沼市立小原木小学校の子どもたちや先生方に、

ゴーヤ先生と一緒にドラムサークルをお届けし、

楽しい楽しい時間を過ごしました。

 

そんなドラムサークルを体験し、学ぶ最高の機会です。

海外からの講師も迎え、楽しく元気になれる2日間。

教員限定ではありません。

どんな立場の方も大歓迎です。

申し込みは、今からでも間に合います。

ぜひ、お越しください。

会場でお待ちしています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

朝日小学校からの手紙②

2016-07-03 22:11:03 | MIDORI~繋がる輪~

長野県にある朝日小学校4年1組の子どもたちからの手紙後半をご紹介します。

 

どんなものが緑のカーテンにふさわしいか調べたり、お家の方に聞いたりしました。

そして、アサガオの種を中部電力から、フーセンカズラの種を平田先生からいただいて、まきました。

ヘチマの苗は理科で発芽させたものを何人かに分けてもらいました。

あとは、みんなのリクエストから苗を買ってきて、ゴーヤやキュウリや、パッションフルーツを植えました。

大久保先生がこんなのもあったよと、ぬるっ葉やキワーノの苗を買ってきてくれました。

2階まではまだまだぜんぜんとどかないけれど、ようやくネットにつるがからみつき始めました。

「はやく大きくなあれ」と言いながら大きくなるのを楽しみに育てています。

そして、6月23日の音楽会では、4年生で「MIDORI~繋がる輪~」を合唱します。

みんな子の曲が大好きです。

るり子先生のようなすてきな声でこの曲が歌えるように練習しています。

この曲のすてきなイメージが全校のみんなやお家の人たちにとどくように歌いたいです。

これからも、緑のカーテンが「空へ空へとのびていく」ように大切に育てていきます。

それから「緑のカーテン物語」という映画を作ろうという話や「歌を作ろう」という話も出ています。

るり子先生のおかげで、私たちはいろいろなことを知ったり、いろいろな活動ができたり、

これから先も、ワクワクすることが待っていたりします。

ありがとうございます。

るり子先生と繋がることができてうれしいです。

またお手紙を送っていもいいですか?

また、緑のカーテンの様子をお伝えしたいと思います。

それでは、また。

            平成28年6月15日 朝日小学校4年1組一同

 

こんなすてきな手紙に加え、いろいろな植物の観察記録も添えられていました。

 

総合的な学習が「MIDORI~繋がる輪~」に繋がり、

そこから緑のカーテンを作ろう、という活動が生まれる。

子どもたちのしなやかな感性、豊かな学び、

そして、それを引き出す担任の先生のすばらしいご指導。

ただただ感激で、こんなふうに私の歌を活用していただいたことが光栄で。

中部電力と、ここでも繋がっていることもうれしくて。

すてきな子どもたちと、担任の大久保先生に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

観察記録にはいずれも「見に来てください」「会いにきてください」と書かれていました。

気仙沼市立小原木小学校に加えて、訪ねたい学校が増えました。

 

がんばれ、朝日小学校4年生の子どもたちとみどりたち♪

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日小学校からの手紙①

2016-07-03 21:51:10 | MIDORI~繋がる輪~

6月末に、長野県の朝日村にある朝日小学校4年1組の子どもたちから、

お手紙が届きました。

あまりにすてきなお手紙だったので、ご紹介させていただきます。

るり子先生、はじめまして。私たちは長野県朝日村にある、朝日小学校4年1組です。

朝日小学校は、全校生徒が222名(ニコニコニコ)の笑顔あふれる学校です。

私たち4年生のテーマは

「CHAIN~繋がる」です。朝日小学校の4年生は、毎年、私たちの住んでいる朝日村を流れる

「鎖川」という川について、総合的な学習のじかんに勉強します。

だから「鎖」の「CHAIN」が学年のテーマになって、

いろいろなものと繋がって勉強していこうということになりました。

4月から社会で水のゆくえの学習を始めました。

その中で担任の大久保先生が「MIDORI~繋がる輪~」の曲を聴かせてくれました。

そして、この曲の2番の歌詞に、子の勉強の答えがありました。

「なるほど!」と思いました。

緑の少年団でのお話で、山の森林が、水の始まりであることを知ったり、浄水場や下水処理場の見学をしたり、

自分たちで蒸発の実験をしたりしました。地球上すべてのいいものが「水のじゅんかん」のおかげで、

「すべては 生まれ輝いて いつか土に還る」ことが分かりました。

そんな勉強をしているうちに、菊本るり子さんてどんな人?という話になりました。

大久保先生が、ネットにでていたよと言って、「エウレカなしゅん間」の動画を見せてくれました。

それを見てすぐに「緑のカーテン作りたい!」という話になりました。

「やわらかな光優しく ぼくたちをつつむよ」にぴったりの、緑のカーテンから入ってくる光が、

とてもすてきだったからです。

私たちの教室は2階なので、2階のベランダから作るか、1階から作るか意見が分かれましたが、

やっぱりるり子先生の学校みたいに、バーンと1階から作ろうということになりました。

そして教頭先生に緑のカーテンを作ってみてもいいかお願いに行ったり、

平田先生(用務員の先生・・・修理の達人)に作り方を聞いたり、手伝っていただいたりして、

緑のカーテンを作り始めました。

 

・・・続く。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2回目の追肥(7月1日)

2016-07-03 21:29:48 | 私の作品

すでに3階に届こうとしているヘチマたち。

順調に生長しているのですが、

 

よく見ると、プランターのヘチマたちの緑がかなり薄くなってきています。

限られた土の量にもかかわらず、ぐんぐん生長しているので、

先日あげた肥料だけでは、ちょっと足りないのかも。

そこで!

 

今度は「尿素」を散布。

白い顆粒をバケツの水に溶かして、混ぜて、

ザバ~ッと土にまきます。

 

花壇の校庭側にも、ザバ~ッ!

 

立派なミミズを発見。

 

そして、お気に入りくんの背丈を計る。

ヘチマがどんどん生長すると、どれがお気に入りくんかわからなくなるので、

このかわいい光景、もうすぐ見られなくなります。

ちょっとさびしいな。

 

空へ、空へと伸びていく緑たち。

4階に届くのはいつかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1回目の追肥(6月29日)

2016-07-03 21:23:39 | 学校

雨の恵みと、気温とでぐんと延びた緑のカーテン。

1回目の追肥を行いました。

子どもたちがパラパラとまいているのは、

 

「バイオゴールド」という肥料。

粒上なので、手のひらで掴み取って、土の上にまいていきます。

この上から雨が降ったり、水やりしたりすると、

少しずつ栄養が溶け出していきます。

 

そしてまた、蔓の誘引。

 

内側からもしっかり確認。

熟練の職人さんみたいになってきました。

 

まだ、お気に入りくんの背丈を計ろうとしているんだね。

がんばれ~♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加