緑のカーテンのある暮らし

楽しくて、快適で、おいしくて、地球にも優しい緑のカーテン。我が家と学校の緑のカーテンの生長をお知らせします。

我が家で土作り

2016-05-14 23:29:38 | 緑のカーテン作り方のポイント

今年の我が家の緑のカーテンは、南側ベランダにずらりとブドウのプランターが並んでいるため、

ゴーヤーのプランターはひとつだけ。

そのプランターの土作りをしました。

土は昨年使ったものを再生することに。

天日に干してあった土に、いろいろ混ぜ込んでいきました。

 

たっぷり腐葉土を加えたあと、「アグミック」。

 

さらにパイナップルから抽出したゼム酵素の入った「大地の恵み」

粒の大きな赤玉土が残っていたのでそれも。

石灰も加えました。

さらに「ボカシ」も混ぜ込んで土作り完了。

「さつま大長れいし」と「あばし」を植えました。

緑のカーテン作りでは「土が命」です。

さあ、がんばろうね、ゴーヤーくんたち。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失敗しない緑のカーテン作りのために「おすすめしない」植物

2016-05-14 23:18:47 | 緑のカーテン作り方のポイント

せっかく土作りやネット張りをがんばっても、植物の選び方を間違えると、

緑のカーテンは残念なことになってしまいます。

 

たとえばこれ。

「メロンを育てる」のが目的なら、とても魅力的なころたん。

とても甘い実がなると聞いています。

ただし!

葉がそれほど茂らず、しかも早めに落ちていくため、

夏の暑い時期、カーテン状にはなりません。

 

私が二度と!一生!育てないのはこれ。

蔓に細くてちくちくするとげがあり、誘引がそりゃたいへん。

しかも実には信じられないほど固いとげがあり、もう拷問に使えそうなほど。

もちろん「キワーノ」くんに罪はありませんが、

緑のカーテンとして育てるには二度と手にする気持ちにはなれません。

 

「ヒョウタン」や写真はありませんが「キュウリ」もカーテンの素材としては適していません。

最初はどんどん葉が茂って「いいね!」なのですが、

葉の枯れ始める時期が早く、盛夏にはもうあまり残っていない状態に。

しかも、ウリ類を混植(同じプランターや近くに植える)すると、

発育を阻害されて、ヘチマやゴーヤーがあまり大きく育ちません。

「カボチャ」もヒョウタンやキュウリと同様です。

「スイカ」も同じ。

 

目的が「緑のカーテン」なのか、「〇〇を育てたい」なのか、

しっかり心に問いかけて植物を選んでくださいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失敗しない緑のカーテン作りのために「おすすめ」植物

2016-05-14 23:04:36 | 緑のカーテン作り方のポイント

今日はとてもよいお天気だったので、園芸店に出かけてみました。

葉が豊かに茂る緑のカーテン作りには、植物の選び方も大切なポイントです。

 

緑のカーテンといえば、代表選手はゴーヤー。

接木苗を発見。

なんと、こんなゴーヤーも。

「摘心なし」でどんどん伸びるって、どういうことかな。

 

パッションフルーツもおすすめ。

我が家では、もうすでに冬越ししたパッションフルーツのカーテンが完成しています。

 

アサガオも各種ありました。

 

「水色の簾」!

「緑のカーテン向き」とうたっています。

我が家はもう植える場所がないので、今年は試すことができず残念。

 

同じアサガオでもこちらは宿根。

それはよく伸びて、茂って、緑のカーテンとしては優秀選手ですが、

これを選ぶ前に胸に手を当ててよ〜く考えてください。

「蔓の管理はしっかりできるのだろうか?」。

あまりの繁茂力に、野生化してしまうこともある宿根アサガオ。

責任を持って育てられるかどうか、それが問題だ。

 

建物の3階以上まで伸ばしたいならこれ。

「ヘチマ」です。

このほかにも、花を楽しむなら「マンデビラ」やかわいい実のなる「オキナワスズメウリ」もおすすめ。

自分の家の環境にはどの植物が合うのか、いろいろ試してみることをおすすめします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

苗の植え付け+ワイドスクランブル

2016-05-12 22:00:59 | 学校

昨日、5月11日、苗の植え付けを行いました。

4月にしっかり土作りした花壇とプランターに、ヘチマの苗を植えます。

 

ポットから、土を崩さず苗を出して、あけておいた穴におろして、

ていねいに土のすき間を埋めていく。

今回は、テレビ朝日の「テレビスクランブル」の撮影が入りました。

植えた後は、みんなでヘチマくんにパワーを送りました。

ワイドスクランブルの放送は、明日、5月13日(金)の午前11時42分ごろの予定。

天気予報のコーナーで、緑のカーテン作りのポイントとともに、

ご紹介いただけるようです。

 

さあ、子どもたちのお世話の始まり。

心を込めてお世話しようね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

失敗しない緑のカーテン作りのために

2016-05-08 12:27:49 | 緑のカーテン作り方のポイント

連休も今日で終わり。

緑のカーテンの準備はまさに今です。 

少し遅くなってしまいましたが、緑のカーテン作りに欠かせないポイントをもう一度お伝えします。

 

‥擇命

土の量が少ない、土の質が悪い。

この状態でスタートすれば、はじめから失敗は運命付けられています。

培養土に腐葉土、もし可能なら「ボカシ」(園芸店で売っています)を混ぜ込み土作り。

そして、できるだけ大きなプランターにその土をたっぷり入れます。

プランターのふちから3cm程度下がったところまで、土を軽く押していっぱい入れる。

これが大切です。

植物は、苗のときに植えられた環境で育ち方を決めてしまうようです。

あとから「ごめんね〜」と土を足しても、肥料を入れても、思うようには育ってくれません。

最初の土作りこそ、緑のカーテン大成功のための最大のポイントです。

⊃△┐垢ない

特にプランターの場合、限られた土の中の限られた水と栄養を吸収して育つ苗たち。

ですから、苗をたくさん植えてしまうと、ひとつの苗の水と栄養の取り分が減るわけですから、

苗が大きく育ちません。

野菜用の大きなプランターでも、多くて苗は2株まで。

それ以上植えないことが肝心です。

ネットはビシッと張る

ゴーヤーの気持ちになってみましょう。

まだ小さい苗のころ、巻きひげであちこちつかまるところを手探り。

あっちもこっちもつかまることができる、と感じたら、安心ですよね。

でも、つかまるところがなくて心細いなあ、と感じたら、

ゴーヤーはあまり子蔓孫蔓を伸ばさなくなってしまいます。

「おっ!これなら安心して蔓を伸ばせるぜ!」と感じさせることが大切。

ネットの上端と下端に園芸用の支柱を通して、

その支柱をどこかにしっかり固定。

しかも、ネットは苗よりも外側(太陽側)に張ること。

そうすることによって、太陽に向かって伸びようとする蔓の誘引もしやすく、

夏になると茂った葉の陰になるので、土も乾きにくくなります。

 

まずはこの3点。

これだけは、はずしてはならないポイントです。

もっと詳しく知りたい方は、お時間のあるときにこちらもごらんください。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハーブガーデン ビフォーアフター

2016-03-15 21:14:59 | 学校

最近は雑草園だったもとサツマイモ畑。

すてきなハーブガーデンになっていく様子をご紹介。

しっかり耕して、準備完了の今朝の姿。

防草シートで道作り。

道ができたら、苗の配置。

ゲストティーチャーの方が、考えながら苗をさらに配置してくださり、

花の苗も加えて、

道に沿ってタマリュウも植えて完成。

写真では、この「ものすごくいい感じ」をお伝えできず残念。

高島第五小にいらした際には、ぜひハーブガーデンにいらして、

刻々と成長していくハーブたちに会ってあげて下さい。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ハーブガーデンをつくろう♪♪

2016-03-15 20:44:28 | 学校

今日はいよいよ、苗の植え付けの日。

しか〜し!今日までにもう一度大人が土を耕しておく予定が、

放課後のスケジュールとお天気がことごとくあわず、

おまけに使うはずだった耕運機が壊れていることが昨夜発覚。

そこで、今朝、7時から4人で、途中からもう一人加わって、

必死に耕しました。

あまりの重労働にみんな言葉もなく黙々と56分。

みごと、しっかり耕すことができました。

もう、この時点で帰りたいくらいへとへと。

 

3・4時間目の間に、ゲストティーチャーの方が準備してくださり、

5時間目から子どもたちが作業開始。

点々と置かれている苗に気をつけて、まずは土を平らにならして、

ならして、

苗を植えます。

次に、ビオラの花を自分たちで配置。

団地側はピンク系の花で、2組が担当。

校舎側は黄色と紫系で、1組担当。

「どの色にする?」

「黄色と紫と順番がいいんじゃない?」

みんなで相談して植える場所を決めたら、

植えつける。

相談しながら植えつける。

苗をほとんど植え終わったら、

ゲストティーチャーの方から方法を教えていただいて、

タマリュウの株分けに挑戦。

1つの苗を3つぐらいに分けます。

「むずかしいな、これ」

みんな真剣そのもの。

絡み合ったねっこをなかなかはずせない子どもたち。

「これ、友達じゃなくて、家族なんじゃない?」

そんなつぶやきがかわいくて。

「先生、どうしても分けられません。」

「先生がするとね、うまくいっちゃうんだなあ。」

「ほんとだ・・・」

早くもタマリュウを植え終わったこの二人は、

ハーブガーデン中央のシンボルツリー、ローレルを植え始めました。

「栽培委員会ですから!」というどや顔がまたかわいい。

「どう?斜めになってる?」

最後に、お世話の仕方について教えていただき、

達成感いっぱいの記念撮影。

みんな、なんてすてきな笑顔でしょう。

ハーブ類をたくさん植えて、彩りにビオラ、ノースポールなども加えました。

クリスマスローズもひっそり美しく咲いています。

ゲストティーチャーはこのお二人。

向かって右側は、造園施工管理技士の木村さん、

左側はグリーンアドバイザーの牧野さん。

植える植物の選定から、ハーブガーデンのデザイン、

植え付けの準備や、子どもたちへの指導と、

それはそれはお世話になりました。

ただただ感謝です。

新たに学校に誕生したハーブガーデン。

4月から6年生になる子どもたちがお世話をして、

ハーブの楽しみ方も教えていただいて、

「緑のカーテンのある暮らし」と「ハーブで心豊かな暮らし」を

楽しみながら、さまざまなことを学んでいきます。

 

東京都公園協会の助成金をいただいて実現したハーブガーデン。

地域の方々のお力もいただき、みんなで大切に育てていきます。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハーブガーデンを作ろう♪

2016-03-15 19:08:09 | 学校

学校の裏手、校舎から体育館に行く渡り廊下の横にあるこの場所。

もとはサツマイモ畑でした。

先生たちが土を耕して、2年生が一生懸命育てるのだけれど、

毎年、サツマイモはあまり収穫できず。

数年前からサツマイモ栽培をやめて、草ぼうぼうになっていました。

ここを、荒れた感じのする雑草園でなく、何か活用したい。

でも、日当たりもいまひとつだし、

けっこう広いからお手入れが大変になっては困るし。

そこで、ハーブガーデンを作ることにしました。

取り組むのは現在5年生の子どもたち。

まずは昨年10月に草むしり。

見てください、こんなにごっつい草が!

草を抜いて、袋に入れる。

特に分担したわけではないのだけれど、

「草むしり職人」と「袋詰め職人」に分かれ、

とにかく草を抜いて、詰めて、下段は見違えるようになりました。

 

そして今年3月、苗の植え付けに向けて再び草むしり。

冬の間はよかったのですが、このところの暖かさで、

雑草がぐんと元気に伸びてしまって。

またもや雑草を抜いて、ひたすらむしって、

いよいよ、スコップで耕します。

「体重かけたほうがいいよ」

「乗っかっちゃおう!」

向こう側から1組、手前側から2組がスコップで耕し、

まんなか付近では「草むしり職人」が仕事を継続。

作業完了。

達成感いっぱいで記念撮影。

指先が黒くなった軍手は、がんばったしるし。

苗の植え付けが待ち遠しい子どもたちでした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学芸会2015 1日目

2015-11-20 23:01:14 | 学校

学芸会初日。
体育館には、衣装をまとった子どもたちが集合。

 

1年生代表の「はじめのことば」に2年生以上の子どもたちから、

「かわいい」

の声が。

さあ、学芸会のはじまり、はじまり。

 

3年生の「ぼくらの空き地戦争」。

測量技師も登場。

1年生の「はたけのしたはおおさわぎ」は、

ピアノとシンセサイザーの出番が多くて、またもや撮影できず。

 

私の「音関係」コーナーをもう一度ご覧いただきましょう。

YAMAHAのSDX30002台と鈴木楽器のハモンド1台。

 

4台の鍵盤楽器に囲まれて、体をひねりながら音を出します。

照明係の先生から「千手観音のようだった」とのお言葉が。

 

1日目を無事に終え、職員室に戻ると、

給食のデザートがかわいいことになってた〜!

チョコカップケーキの上に、お砂糖で・・・・・

1年生はにんじん。

2年生はスイミー。

3年生はランドセル。

4年生はねずみ。

5年生は魔女のぼうし。

6年生は猫。

それぞれの学年の劇にちなんだデコレーションが施されていました。

高五小の大黒柱と言っても過言ではない若い栄養士さんの、

すてきな心配りです。

調理の方々も、さぞ手間がかかったことでしょう。

 

高五小は、小さな学校ですが、

小規模のよさにあふれるすてきな学校です。

明日も、よい一日になりますように。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ学芸会2015

2015-11-19 21:22:23 | 学校

3年に1度の学芸会。

いよいよ明日から始まります。

 

1年生による「はじめのことば」。

かわいいんだなあ。

 

今日のリハーサル、1年生と3年生の写真を撮りそびれました。

2年生は「みんな みんなの スイミー」。

「天才」図工の先生の指導により、子どもたち一人ひとりが、

自分のオリジナルの衣装を作りました。

体全体で、海の生き物を表現します。

今までに見たこともない感動的な衣装です。

「大きなさかなのふりをして」のシーン、すてきでしょ?

 

4年生は「キューソネコカミ ねこひげたてる」。

パワフルな4年生にぴったりの楽しい劇。

のびのび生き生き演じています。

 

5年生は「魔法をすてたマジョリン」。

楽しいけれどとても難しい劇。

最後の最後まで、練習を続けました。

 

6年生は「人間になりたがった猫」。

台詞のないシーンでも、演技を工夫して精一杯演じます。

 

明日、晴れやかな気持ちでこの場面を迎えられるといいね。

 

体育館の入り口で、お客さまをお迎えするのは、

5年生と4年生の作品。

こちらは5年生による「よいマジョ わるいマジョ」。

かなりクールなアートです。

 

そして、「天才」が並べているのは・・・・

 

4年生の作品「おうもの おわれるもの」。

 

ねずみと猫の物語にふさわしく、二つの生き物が、

針金のまわりをくるくる回りながら下におりていきます。

ものすご〜く、おもしろい作品です。

 

こちらは私の「音関係コーナー」。

ピアノと、2台のシンセサイザー、それにハモンドオルガンも。

 

全学年の練習に寄り添うため、4週間この体育館で過ごしました。

その暮らしも、後2日で終わり、音楽室に戻ることができます。

 

どうしても、自分で劇に出て行きたい担任。

幕の影から「人は みんな だ〜れでも〜♪」と出てきて歌っていました。

練習を重ねてきた子どもたちと、それを支えてきた教職員の

努力が実を結ぶ2日間。

みんな、楽しくがんばろうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加