H's monologue

君が信じるなら進め 答えはここにある

診断のゲシュタルトとデギュスタシオン

2013-04-14 | 臨床研修


出版元の金芳堂からお送りいただいて,読み始めたがこれは面白い!


まず岩田先生の「はじめに」には思わず膝を叩いた。岩田節全開の「AKBの一番偉い人は・・・」という比喩が最高。ゲシュタルトについて何と分かりやすい説明だろう。

実は,私も執筆に参加させていただいたのだが,正直なところ最初はあまり気乗りがしなかった。その理由は,タイトルが今ひとつピンと来ず,どうやって書けばいいのかよく分からなかったからである。それでも何とか原稿を書きすすめるうちに,岩田先生が意図されたことがだんだん分かってきた。そして(なるほど,こういうことか・・)と納得できた気がする。とはいえ自分が書いた分は,それでよかったのか今一つ自信を持てずにいた。最終的に本になったものを読むと,どの先生方の原稿もそれぞれの疾患の全体像を浮かび上がらせて,岩田先生が序文で書かれたように本当に素晴らしい。8割方は一気に読んでしまった。勉強になるだけでなく面白い。とってもお得な一冊である。


P.S.
毎度のことながら,自分はどうにも筆が遅くて編集の方には随分と迷惑をおかけした。何度か原稿が遅れるお詫びのメールをお送りしたのだが「何度もそば屋の出前みたいですみません」と書いたメールに対する返事が最高だった。

 “信州信濃のそばよりも私しゃ先生の原稿がほしい・・・”心境です.頑張って仕上げてくださいね.

思わず「座布団二枚!」と叫んでしまった。その編集の方とは,その後も連絡を取るたびに「そば屋絡みの」シャレの応酬となり,何とも楽しませてもらって印象深い仕事になった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関西民医連 | トップ | ギョギョ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

臨床研修」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。