ヨーの ひとり言

チョットした お出掛けや日常の お話を聞いて下さいますか?

西穂 独標まで

2016年10月16日 | 山歩き

今日は 最後の???青空の様です。

また しばらくは 天気が崩れるとか・・・

従弟夫婦と 山歩きの約束をしていました。

何処へ行こうか・・・

 

白馬方面より 穂高の方が近い。

3年前位に行った時は 独標手前で 私だけ 撤退してしまいました。

霧で 視界が悪かったのと 岩に繋がっての下りに 尻込みしてしまいました。

一応 高所恐怖症ですから (@_@;)

 

 

     今日は しらかば平まで 車で行き そこからロープウェーに乗ります。

     乗り換えしなくていいので 楽チンです。

       

       

      

 

     

     登山届を出して フ~フ~言いながら 何とか 西穂山荘に着きます。

     その後は 丸山、独標を目指し 再スタートです。

     

     今回は 青空・・・

     素晴らしい 眺めです。

     が、しばらく 山歩きから遠ざかっていたので 体力はない (~_~;)

     従弟の奥さんは 元気いっぱいです。

     歩きが 早すぎで もはや ついて行けません。

 

    「 私 ゆっくり行きます。お先にどうぞ・・・ 」

    と、途中で 一休み、二休みしては 私は もう ここでいいかな なんて 思ったり・・・

    もう少し先の ピークまで 頑張ろうかと 少しづつ 歩き出したり・・・

 

      

    だって 丸山から 右の画像の 上 中央の グレーのお山まで

    ガレ場の 登りです。

    

    

そうこうして 独標へ 一足先に行って来た 従弟の奥さんと合流して

再び 独標へ 皆で行く事にしました。

前回に 断念した 独標手前で 岩を下る個所がありますが 

今回は 恐る恐る 一歩づつ 足場を探し 下ります。

その後は 独標にとりつきます。

      

      

    

   右上の画像は 以前に 断念した下りです。

   長くは無いのですが 苦手で・・・

 

   チョット 待って・・・ 

   私にとって 独標は ロッククライミングの様・・・ (@_@;)

   大袈裟な様ですが 途中で 恐怖が湧いて来そうでした。

   ここで 恐怖が 一度出ると もう上にも下にも 動けなくなると思い グッと我慢・・・

   足場に悩んでいると 後から来た 中学生?が 指導してくれました。

   でも 狭い 独標の上で 立っていられましたが・・・

   モチロン 下りは 泣きそうでした (笑)

   お尻を岩に着けて ズリズリ・・・

   もう ここには 行かないぞ~

 

その後も しばらく 狭い岩の道に 腰が引けていました (笑)

もともと 高所恐怖症なんです。

普段は 山の崖っぷちに立っていても 怖くないのですが

( 板がかかっている橋は苦手・・・ )

一旦 怖くなると チョット大変かも・・・

何とか 気を取り直し また 歩き始めます。

が、疲れがピークに・・・ (~_~;)

長い長い 下りの辛い事。

何で こんなに小さな石 大きな石の道ばかりなのだろうか (@_@;)

 

それでも 何とか 西穂山荘にもどり おしるこタイムです。

その後は ロープウェーの乗り場まで 帰ります。

が、ここも辛い・・・

 

 

 

そんなこんなで 西穂 独標まで行って来ました。

ものすごく 疲れましたが 最高の 山日でした。

この 景色 最高です。

これだから 辛い山歩きの後でも また 次の山歩きがしたくなります (笑)

 

 

 

 

 

下のパノラマ画像の 右下山から 手前の人のいるところまで

そして まだまだ ずっと上まで 歩きました。

 

今日は 富士山も観えました。

ホント しあわせ~

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佳き日 | トップ | 箱根旅行 NO.1 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした (ばばちゃん)
2016-10-17 09:19:22
おはようございます。
本当に頑張りましたね。お疲れ様でした。

写真を拝見しながら、一緒に歩いている様な気分でした。
私もひどい高所恐怖症・・・
高い所に居る人を見るだけで、胸がドキドキです(笑)

今回は無事登り切れましたことに、おめでとう・・・
ばばちゃん さんへ (ヨー)
2016-10-17 12:50:21
有り難うございます!

何度か 進むのを断念しようかとも思いましたが
後悔が残るのは 確実です。
この 青空だからこそ 頑張る事が出来ました。
私の様な 貧脚でも 何とか 頑張れたのは
連れの お陰かもしれません^^;

素晴らしい 景観、感動を お伝え出来たなら 嬉しいです。
まぁ、もともと自己満足なのですが (笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。