green wood wall

日頃のことをぼちぼちと…

褒められる

2017-07-14 23:57:48 | 駄文
いつまで経っても褒められることに慣れない自分が居て

どうしても
いや…
でも…
そんな…

と、すぐに返してしまう自分がいる。

御礼はちゃんと言えるようになったけれど
心の底から 素直に受け取れたら
泣けるぐらい嬉しい言葉もあるだろうな…

と、感じつつ

相手へ失礼ではなかったか、考えてしまう。

褒められた時に
素直に感謝を述べられる人は凄いと思う。

謙遜も卑下もなく
素直に心の底から思える人の
自己愛は素晴らしい。

そして、その人が奏でる言葉という音や
その人から発せられる波長は

優しく大らかで温かい。

自分を誇大すること無く
素直な等身大でいれることは難しい。

等身大な自分を心の底から愛する事も、また難しい。

そういう人間になれるように
少しずつ自分を愛せたら きっと愛を素直に受け取れるんだろうな。

そう思う今日此頃。

そして、気付いたこと。

心の底から己を愛せている存在は
子供や赤ちゃんなのではないかと、感じています。

きっと悟りの境地とは 始まりなんじゃないかと。

一番の先生であり、お手本であり
素晴らしい先輩は…
もしかしたら、私の目の前に居る
この子達なのかもしれません…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 存在として | トップ | 類は友 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。