BIG or SMALL

淡水のサケ・マス釣りとタナゴ釣りに関する釣行記や日々のできごとなどをアップしていければと思っております。

麦秋の佐賀に咲く薔薇!!(佐賀でタナゴを捜そうPart2!! その1)

2017年05月19日 | タナゴ釣りー九州

いまいち結果が出ていない佐賀釣行。
前回の佐賀釣行はヤリタナゴは束釣りペースで釣れたのですが肝心のものがさっぱりでした。
どうしてもこの地でバラタナゴ系を釣ってみたいので今季2度目のチャレンジです。
3月末の釣行は佐賀、柳川、熊本という盛り過ぎのスケジュールを組んでしまい、どこも中途半端といった事になってしまいました。
今回は金曜日に有給休暇をとって金・土の2日間を基本的に佐賀中心で攻めてみます。
通算3度目の佐賀釣行、今回こそは何とかしたいものです。。。
なんとか薔薇を咲かせましょう!

人間の欲というものは際限がありませんね^_^

前回、前々回と街中は避けて来たのですがそうも言ってられません。
今回は事前に駐車できる場所を確認の上、街中でも釣査します。

9:10 佐賀空港到着。
定刻より10分速く着きました。
すぐにレンタカーに乗り込み目星を付けておいたポイントに向かいます。
空港から市街地に向かう途中の麦畑は刈り取り間近の様です。


10:00 最初にやって来たのはここ

街中ではありませんが比較的市街地の近くです。ここは近くに駐車場があるのでそこに駐めて。。。
思ったより濁りがあり、流速もそこそこあります。
暫く観察してみたのですが岸際にメダカの群れがいて流心近くには細長組がいる様です。
想像していたのとはちょっと違うので竿は出さずに移動します。

次にやって来たのは完全な住宅街。
近くには佐賀の名所もあります。

ここも近くの駐車場にレンタカーを駐めてポイントまで歩きます。
水路の流速は遅く浅いのですがあちこちで魚影が見られます。
上層にはカワムツ、中層には動きの速い細長、たぶんオイカワでしょうか?大きなコイも数匹ウロウロしています。下層には小さな魚影が。。。ヒラウチも見られました。
早々に竿を出してみましょう。

最初に上がって来たのはお約束のイトモロコ。
次に上がって来たのはこの方

ヤリタナゴです。
この後ヤリタナゴが暫く続きます。
ヤリタナゴがツ抜けした途端に別の方がやって来ました。

カゼトゲとバラタナゴのハイブリッドみたいです。
クチビル部分のみアカで目の上半分がアカなのでカゼトの様でもありますが全体的な雰囲気はバラタナゴ。

ここで餌をアカムシから黄身練に変えました。
すると次に薔薇タナゴが上がって来ました。

この後は薔薇タナゴが続きます。そしてやっとこの方が来てくれました。

カゼトゲタナゴです。
上記の3枚の写真を比べて見ると最初のは何らかの交雑個体の様に思えます。

バラタナゴに関しては以前にもお話ししていますがニッポンバラタナゴとタイリクバラタナゴは亜種関係でタイリクバラタナゴの進出が進んでおりニッポンバラタナゴとの交雑が増えている様です。
今回釣り上げた個体がニッポンバラタナゴであるかどうかの真偽はDNA解析をしなくては分かりません。
比較的簡単なDNA解析例がこちら。(ご興味のある方は見てください。)
ミトコンドリアDNAをマイクロサテライトマーカーを使用してPCRで増幅後、制限酵素を使用して切りだし銀染色してDNAシーケンサーで塩基配列を読んで比較しています。母系からハプログループを探す方法ですね。
(アガロースゲルの銀染色という古典的な手法ですが、系統群の解析にちょうど良いのでしょうか?)

難しい話はここまでにして今回釣り上げたバラタナゴの個体にはタイリクバラタナゴにみられる腹鰭の白線はどの個体にもありませんでした。
純血を保っていてくれると嬉しいのですが。。。

約1時間ほど釣っていると急に濁りが入ってしまい、タナゴ類が口を使わなくなりました。このタイミングで釣れるのはこの方々
 
しょうがないので一旦終了にします。

本日の撮影は絵唐津の器。



唐津焼は御当地 佐賀の焼物です。
そのルーツは桃山時代にあり、いわゆる土物の代表格の一つです。そのシンプルな様が侘び茶に受け入れられ抹茶碗においては「一楽二萩三唐津」と言われるほどです。
佐賀県は陶器よりも磁器(有田焼・伊万里焼・鍋島焼)が有名ですが唐津焼も渋くとても良いのです。。。









昼食の前にもう1カ所を見に行きます。
やって来たのはこんな場所

流れがそこそこあり、濁りも入っています。
この場所はパスして次にもう1カ所行ってみました。

ここは水草が多く、流れも緩やかななのですが見える魚影が何かの稚魚の群れです。
また、大きなライギョも居座っています。

13:00 昼食に行きます。
前回訪問時に食べて美味しかった地元で人気の豚骨ラーメン屋さんにやって来ました。

今日もラーメン玉子入り(620円)+小ライス(150円)
今日も美味しく頂きました。
スープがそれほど臭いはキツクは無いのですがクセになる味です。

お腹も一杯になったので少し移動して午後の部のスタートです。
何か所か見て回ってやって来たのはこんな場所

思ったより流れがあります。
大きなニホンナマズとコイがいますが竿を出すとすぐにアタリます。
しかし、上がって来るのはこの方のみ

オイカワです。。。

移動して次にやって来たのはこんな場所

今度は住宅街に近い場所です。
ここではこの方々が。。。

カワムツだらけ。。。

本日の最後は前回に短竿で大型のヤリタナゴが連発した場所

アカムシ餌で手前の石の深みに流してみるとこの方がやって来ました。

小振りのアブラボテです。
途中にヤリタナゴも掛かりますが大きなアブラボテも上がって来ます。

16:30 実釣30分ほどですが終了です。
この場所での釣果








本日は佐賀で釣れるタナゴは一通り釣ることが出来ました。
大変満足です。

それにしても今日は暑かった。。。
久留米では30℃超えとのことです。


ランキングに戻るにはこちらからどうぞ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへにほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへにほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へにほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨上がりの北浦でタナゴ釣査... | トップ | 柳川周辺でもちょこっとタナ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (トミセン)
2017-05-20 15:11:16
遠征お疲れ様です!
今度は佐賀ですか。羨ましい~。
狙い通りの素晴らしい釣果でしたね。
また、豚骨ラーメンも美味しそうですね。
2日目も楽しんできてください。
Unknown (tanagobreeding)
2017-05-20 17:01:20
こんにちは。
カゼトゲにニッパラなんて贅沢なメンバーですね。
私が佐賀に行ったときはニッパラには出会えなかったので羨ましいです。
次の投稿楽しみにしてます!
To:トミセンさん (icet2you)
2017-05-20 21:16:17
こんばんはトミセンさん!
ご来訪ありがとうございます。

何とか佐賀で結果を出せました。
運とタイミングが少し良かったようです。
遠征釣行はライフワークと成りつつあります。

休暇と懐状況をかんがみての事なので、行ける時に行っとこうという状況ですね。

豚骨ラーメンは気に入ってしまってます。
次回も行ってしまうと思います。
To:tanagobreedingさん (icet2you)
2017-05-20 21:24:53
こんばんはtanagobreedingさん!
ご来訪ありがとうございます。

今回はたまたまうまく行きました。
薔薇タナゴに関してはニッポンバラタナゴかどうかはさておいて、腹ビレに白線の無い薔薇タナゴが釣れたので取り敢えず満足です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL