BIG or SMALL

サケ・マス釣りとタナゴ釣りの釣行記や日々のできごとをアップしていければと思っております。⚠️写真の無断転載は禁止します。

まだ頬染めしアカヒレの中に混じりて紫の。。。(2016秋田釣行その2 君の名は?)

2016年10月08日 | タナゴ釣りー東北
島崎藤村風のタイトルにしてみました。(分かる方は分かると思いますがご興味のある方はこちら。。。)

今回の秋田釣行2日目は朝から雨です。
天気予報通りでしたね。
焦ってもしょうがないのでいつもの様にホテルで朝風呂からのスタートです。(毎度思うのですがなんて贅沢なのでしょう!)
入浴後、朝食を済ませて部屋でグルテンを調整し雨具に身を包みそそくさと出掛けます。

ホテルを出発して20分ほど走ったところでさっき調整したグルテンが無いことに気が付きました。
ホテルに忘れてきたようなので慌てて戻ります。部屋のバスルームに置いてありました。ほっ!

気を取り直して最初に向かったのは昨年ゼニタナゴに遭えたところです。

昨日の夕方にチェックしたところ水況はそれほど変わっていないのですが藻が昨年より多い印象です。魚影は相変わらず濃いの一言に尽きますね。

この場所は春先に釣査してみたかった場所なのですが今年は春先に訪れることが出来なかったことが残念です。

到着早々、今日は障害物周りを攻めてみます。
昨年ゼニタナゴを釣り上げた場所はフラットなところではなくなんらかの障害物があるような場所なので今回もそのようなロケーションを探してやってみることにしましょう。

3mの竿を出して障害物周りの少し沖目に第1投。初っ端から3連続でもれなくキタノアカヒレタビラが釣れて来ます。
4匹目が手元で針から外れて落ちてしまいました。一瞬でしたがこの魚が少し平べったかった様な気がします。もし、あの魚だったらと思うと気が気ではありません。。。
今日はキタアカの新子(特にちびっ子)が掛からないように針はカネヒラ鈎の2号に大き目な餌で釣っていますのでしょうがないですね。。。

最近のニュースで保全地域でタナゴ類(ゼニタナゴやキタノアカヒレタビラ中心)が約1,100匹酸欠で死んでいたという記事を見て心配しておりましたが、この地域に関してはどこ吹く風といったところで安心しました。
また、この時期なのでキタノアカヒレタビラの新子が沢山見れらます。ということは今年の産卵も順調だったのでしょう。そう考えると物凄く嬉しくなりました^_^

毎回思うのですが、秋田のキタノアカヒレタビラは新潟の個体と比べると遅い時期まで婚姻色が残っている個体が多いように思います。

釣り上げたキタアカの中にはまだまだ綺麗な婚姻色を残している2年魚も混じります。
素晴らしい環境です。
とはいうもののかれこれ1束を越えたのですが肝心のゼニタナゴはなかなか顔を出してはくれませんね(´-`).。oO
全部キタノアカヒレタビラです。。。

少し場所を変えて見ましょう。

手前側の障害物がある場所、そう水中に枯れ木や倒木が沈んでいる様なところの際に仕掛けを投入します。最初は大きめにグルテンを付けて空アワセを繰り返して魚を寄せるという手法を用います。寄せる間も無くウキに反応が出て来ました。さぁじっくりと釣査開始です。

ここででも優占種のキタノアカヒレタビラがどんどん掛かります。そしてついに違う魚種が掛かりました。
しかしモツゴです。昨年も1匹だけモツゴが釣れたのでそろそろかなと思いつつ。。。

かれこれキタノアカヒレタビラを2束ほど釣り上げたところで不意に独特の変なアタリが現れました。
ウキがフワフワと円を描くように動いています。まるで餌を咥えた魚が弧を描いて泳いでいるようなアタリです。タイミングを見計らってアワセると上がって来たのはヒレをピンと張ったこの方



思わず「君の名は?」っと問いかけてしまいました。
小振りですが綺麗なゼニタナゴの♂ですね。
この大きさなので今年生まれた個体でしょう。
ゼニタナゴの産卵も上手くいっているということですね。
ここのゼニタナゴも上品な美しさがあります。
昨年に引き続きこの池でもゼニタナゴに会うことができてことのほか幸せです。

この池はキタアカの魚影が物凄く濃いのでその中からゼニタナゴを拾う釣りを要求されます。
今日もゼニタナゴの釣れた確立は約0.5%程度です。よって1匹のゼニタナゴを釣るのは大変なのですが、私のホームの霞ヶ浦水系ではこんなにも在来種が釣れることはないのでこれはこれで大変楽しいです!

今回はゼニタナゴの♀をなんとかしたいと思い、釣り続けますがやはりキタアカのみです。しかも今回はフナも釣れません。。
写真を撮り忘れてしまったのですが今回キタノアカヒレタビラの半透明鱗(エラの部分が透けてました。)の個体が1匹混じりました。

時計をみると12:00を回っていますので一旦撮影して全てリリースし昼食に向かいます。
この場所での釣果





キタノアカヒレタビラ 沢山
ゼニタナゴ1匹
モツゴ1匹

今日の昼食はコンビニで簡単に済ませて新たに得た情報の池を釣査してみます。

14:00 今日は午前中にゼニタナゴに遭うことが出来たので午後は新規の場所の釣査に当てる事にしました。

やって来たのはこんな場所

ここにはあのタナゴがいるらしいとのことなので釣査を開始します。

朝から降り続いている雨は一層激しくなってきており、オマケに風も強く吹いています。
ここは結構広い溜池なのですが風の影響で仕掛けを振り込める場所は限られます。

いちばん風の影響を受けない場所に陣取って、岸際の葦の近くに投入していきます。
ウキに動きが出るのですが派手に引き込んでいくアタリが多いです。
なかなか掛からなかったのですが最初に釣れてきたのはやはりモツゴでした。
さっきから派手にウキを動かしているのはモツゴのようです。

タナを深くしてみます。
すると風に逆らってウキが横に動いていきます。タイミングを計ってアワセルとやって来たのはこの方

フナでした。この後もフナとモツゴが交互に釣れます。なかなかタナゴが釣れませんね。

そうこうしているうちにやっとタナゴが釣れました。

お約束のキタノアカヒレタビラです。
しかし、この後は続かずやって来るのはフナとモツゴのみです。
しばらく粘ってみたものの雨・風が弱まる気配がみえないので終了します。
この場所での釣果





最後にもう1カ所の実績場所を確認して、ついでにお土産にリンゴを無人販売所で購入します。

トキ4個入り 300円です。

今年も何とかゼニタナゴに会うことが出来ました。大変ラッキーでした!(^O^)/

秋田にはゼニタナゴがひっそりと生息している場所がまだまだあると言うことですね。
このような環境をいつまでも残してもらいたいと心から願います。

今年の宝探しの旅も無事楽しく過ごせました。

秋田は食べ物も美味しいですし良い温泉も沢山あります。もう少しすると紅葉も楽しめる素晴らしいところです!
ひょっとしたらムラサキのタナゴに会える可能性もありますので是非皆さんも訪問されてみてはいかがでしょうか。。。

19:55 秋田空港に新しく造られた矢口高雄さんの釣りキチ三平のレリーフに見送られて帰路につきます。



ランキングに戻るにはこちらからどうぞ

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへにほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへにほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へにほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あかね色をさがして!!(2016... | トップ | 10月の北浦 タナゴ達は。。。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます。 (ブルーリバー)
2016-10-09 21:54:51
icet2youさん今年もやりましたね!
去年は簡単に釣れたもんだから今年は時間配分間違いました。やはり束単位での釣査が必要なんですね~。
今年も貴重な1匹見れたので、来年につながりました。
秋田釣行お疲れ様でした^^
Re:おめでとうございます。 (icet2you)
2016-10-10 07:43:09
こんにちはブルーリバーさん!
ご来訪ありがとうございます。

なんとか今年も1匹でしたが出会う事が出来ました。
もう少しゼニタナゴ濃度の高いところもあるとは思うのですが確実な場所はキタアカの中からの拾い釣りになるので時間を掛けるしかないです。
木を隠すには森の中と言ったところでしょうか。

11月に岩手出張があるので時間が取れれば今回の最後に釣査した池の再訪ともう1ヵ所の気になる池の釣査をしたいとは思ってます。。。
Unknown (★★トラ吉★★)
2016-10-11 20:07:29
こんばんは。
今年も秋田での紫タナゴおめでとうございます。
一度でいいから秋田で紫のタナゴを釣ってみたいと思っているのですが、なかなか時間が作れなくブログで楽しませて頂いています。
やはり例の事件?事故?もあってか紫のタナゴの生存数は更に少なくなっているようですね><
100匹に1匹・・・ですか^^;
100匹まで釣れる腕がないので、50匹目ぐらいに出ると信じて来年にはチャレンジしてみたいと思います。
岩手釣行も楽しみにしています。
To:トラ吉さん! (icet2you)
2016-10-11 21:09:35
こんにちはトラ吉さん!
ご来訪ありがとうございます。

例の事件は今のところ保護区の溜池だけのようですね。保護区のゼニタナゴはだいぶ減ってしまったと思いますがもともと相当数いたので大丈夫でしょう。
私の釣った溜池はゼニタナゴの絶対数は少ない様なのでキタアカの中からの拾い釣りになってしまいました。
キタアカの魚影が濃い池では誰でも簡単に束釣り出来ますので大丈夫ですよ。
トラ吉さんも宝探しに参加してみてはいかがですか?未知の溜池が待っていますよ。。^_^
岩手出張の折は秋田で再釣査しようと思ってます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

タナゴ釣りー東北」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL