ある株トレーダーの つぶやき

成名毎在窮苦日、敗事多因得意時

渋沢栄一

仕事を始めて1年が過ぎた。

2017-02-11 13:50:48 | 仕事のこと
仕事を始めて1年が過ぎた。

先月から部署が変わり、やる内容も溶接から供給(フォークリフトの運転含む)になった。

前の仕事に比べ、やることが多く、人と積極的にコミュニケーションをとらなければならなくなった。

さらに今まで全く話さなかった係長とも毎日のように話すこととなり、仕事に対する細かな注意を受ける。

作業者からは急かされ、目が回る忙しさだ。

何で47歳のおじさんがこんなに頑張らねばならないんだと不満がこぼれる。

移動の前に「残業はしたくない」と言っておいたはずだが、なぜか残業を断れない状況になっている。

まだ他の派遣社員より給料がいいのであれば、納得できるが・・・・。

私が供給に回された理由がフォークリフトの免許を持っているからだそうだ。これならわざわざつらい目に遭うために申告したようなものだ。持っていなくても給料は変わらない。

そういえばダイビングの時もそうだった。ダイブマスターだと言ってファン・ダイビングすると、インストラクターが私に仕事を振ってくる。「エッ!俺、客だよ。」しかしダイブマスターとしての責任感からか振られた仕事をしてしまう自分がいる。(笑)

あまりにも辛いので、派遣会社に言った。

「今月で辞めさせてもらう」と。

かなり慌てたようで、もとの溶接に帰れるよう人事課の人に言ってくれるそうだ。

しかし溶接の元上司の話を聞くと溶接の仕事がなく、ヴェトナム人には定時に帰ってもらっているとのことだった。

調子にのってヴェトナム人研修生を多く雇ったのが問題になっているようだ。

まあいい、溶接に戻れなければ辞めればいいだけだ。無理している理由はない。我慢はしないと決めている。働かなくてもいいだけのお金はあるのだから。誰からも文句を言われる筋合いはない。2週間前に辞める旨を伝えればいいだけだ。

働きたければ別の派遣会社を使って溶接の仕事をすればいい。それだけの技能と経験はもっている。

それにしても鉄工関係だけかもしれないが、今は仕事がないのか?

4年間に及ぶアベノミクスは完全に失敗したようだ。期待されたデフレ―ションからの脱却は未だに達成されていないと聞く。

今や日経平均は「死に体」になっている。アメリカダウ平均は20000円を突破し、史上最高値を更新したそうだが、今の日経平均の上昇はトランプ大統領による期待によるところが大きい。



チャート(日経平均月足)を見てもこれから2015年6月とのダブルトップを形成しに行っているように見える。

今は絶好の売りのチャンスではないか?(もしくはインバース株買いのチャンス)

もう少し上昇するかもしれないが、行って21000円だと思っている。その後は長い下落相場が続くのではないか?

そんなことも考えつつ、仕事をどうするか考えている。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショートトリップ(3) | トップ | オアハカ(4) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仕事のこと」カテゴリの最新記事