ある株トレーダーの つぶやき

成名毎在窮苦日、敗事多因得意時

渋沢栄一

聖と俗

2017-07-16 08:47:19 | リタイヤ生活
木、金、土曜日と身延山に行ってきた。

白装束に身を包み、お題目を唱えながら登って来た。

登っているといろいろな考えが頭をよぎる。

その中で面白い考えが頭に思い浮かんだ。

リタイヤ後の一般的な過ごし方がなぜ存在しないのか?

それは人によって人生観が違うから、もっと言えば死後の世界を信じるか、信じないかによるからではないかということだ。

きりんさんの きりんの自由研究 の直近記事「早期リタイア後のロールモデルについての結論」の中に書かれている「リタイア者の人生観パターン」をお借りすると、この考え方で2つのグループに分けられる。

死後の世界、さらに仏教の輪廻転生を信じるのであれば、今の生きている時に「徳」を積むことを考えるだろう。

その結果「信仰を追求する人」、「静かな生活を追求する人」、「ノブレス・オブリージュ型の人」といった老後のパターンになるだろう。

死後の世界を信じないのであれば、

「没頭できる遊びを追求し続ける人」、「快楽の追求をする人」、「趣味の無限探求をする人」、「放浪を続ける人」といった老後のパターンになるだろう。

どちらが正しくて、どちらが間違っているかなど答えがあるわけではない。しかし正直私は死後の世界はないと思っているので後者の生き方を追求するだろう。

あるのかないのか分からない、あの世の生活のために、この世の楽しみを我慢するなんてナンセンスだと思っているからだ。

しかし「俗」の生活ばかり続けていると心が病んでしまうので、時には「聖」の領域に入って心を洗うのは大切なことだと思っている。

「聖」2割、「俗」8割でいいのではないかと思っている。

そう考えると時に信仰を追求、ボランティア活動、瞑想する生活をし、大部分を遊び、快楽、趣味、放浪をするといった生活にするといいのではないかと考えている。

やはり、「リタイヤ後の一般的な過ごし方」を見つけ出すのは無理だという考えに至った。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売買代金が2兆円割り込む | トップ | サラリーマンになったら人生... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む