ある株トレーダーの つぶやき

成名毎在窮苦日、敗事多因得意時

渋沢栄一

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オアハカ(4)

2017-02-12 08:15:28 | ・中南米一人旅編
1991/3/28(木)

オアハカという町にいる。

グァテマラに行く途中で立ち寄っている。朝バスターミナルに着き、市内に向かう。

メキシコは基本的にどこも沙漠地帯のため、日差しは強いが空気が乾いている。木陰に入ると風が涼しい。

夜8時のバス出発まで、カフェでコーヒーを飲みながら本を読み時間を潰す。お腹が空いたらメルカド(市場)に行き、タコスを食べる。

明日の朝方に国境の町タパチュラに着く予定だ。


1801



91/3/28  3-(空売り3000株)    998(逆指値注文)


底値をつけ、反転上昇するだろうという私の思惑は外れてしまった。買いよりも売りが正解かもしれないと思い、空売りの注文をだした。暫定安値に逆指値を置いた。



オアハカの女性、民族衣装が綺麗だ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事を始めて1年が過ぎた。 | トップ | グアテマラ(5) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

・中南米一人旅編」カテゴリの最新記事