日々の寝言~Daily Nonsense~

日々の出来事への感想、雑感、思いつき、ぶつぶつ・・・

Ryuichi Sakamoto: async

2017-06-16 20:56:41 | 音楽
少し前に NHK の Switch Interview で、
坂本龍一さんと福岡伸一さんの対談があった。

そのときに、紹介されていたのが
坂本さんの最新アルバム async。
アルバムは8年ぶりだそうだ。

タイトルを日本語にすると「非同期」
asyme = asymmetry は「非対称」だが、
async は asynchronous で「非同期」

音と音楽、あるいは、音楽とノイズのキワ、
アンドレイ・タルコフスキーの架空の映画のサウンドトラック、
といった話に惹かれて(タルコフスキーはかなり好き)
amazon で注文していたものが、やっと海外から届いた。
(国内盤は高い!)

聴いてみたが、なかなかよい感じ。

1曲目の Andara の前半の雰囲気は
ぞくぞくして鳥肌が立った。

3曲目の Solari は、曲名からして、
タルコフスキーの「ソラリス」の冒頭の
バッハへのオマージュだろう。

Walker は完全に「ストーカー」の世界。

全体的には、もうちょっと
音楽っぽいと好みだったが、
でも面白かった。

 * * *

聴き終わった後、
歯を磨く音がちょっと普段と
違って聴こえた。

昔、お芝居や映画を見て劇場を出た後、
世界が普段と違って見えたものだが、
それの音バージョンと言う感じ・・・

ノイズ、音、音楽については、
クセナキスやペンデレツキの頃から興味はあって、
音楽が次第に崩れてゆき、そしてまた復活する
というモーフィング的な作品はできないのかなぁ?
などと思っている。

たとえば、今回の Andara のメロディが
少しづついろいろなノイズに浸食されてゆく。

浸食のされ方は、加法的でもいいし、
音色が濁ってゆく、などでもいい。

最初は耐えて跳ね返しているのだが、
ある時急激に混沌としてきて、
最後はノイズに埋もれてしまう。

それでしばらくノイズになるのだが、
また、あちこちから微かにメロディの断片が
鳴動しはじめて、やがてそれが束になって
音楽が復活する、みたいな・・・

今の技術があれば簡単だと思うのだが、
誰か作っていないのだろうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相手の立場に立って考える | トップ | 物語の力、情報の価値 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む