日々の寝言~Daily Nonsense~

日々の出来事への感想、雑感、思いつき、ぶつぶつ・・・

辻村深月「鏡の孤城」

2017-07-13 21:48:54 | 
というわけで? 辻村深月さんの
「鏡の孤城」を Kindle で読んだ。

学校でいじめにあって、
登校できなくなった子供たちをめぐる
ファンタジー小説。

とても印象的な物語で、
Kindle でページをめくるのももどかしいほど、
あっという間に読んだ。

この種のファンタジーとしては、やはり
ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」が
圧倒的なパーソナルベストだが、
これはおそらくこの数年のベストだろう。

もう一度、ゆっくりと読み返したい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 余生として生きる | トップ | iPad Pro 12.9 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む