山>>仁<<歩

_____Gravel_Trekker____
  
あの感動をいつまでも

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

TREKのタイヤの事 20g/本の違い・・たったこれだけで

2016年11月02日 | ロードバイク
数ヶ月前にシマノデュラエースのディープリムホイールに履き替えるのに合わせて、タイヤとチューブも一緒に新調した。

                        

その時選んだのがミシュランPRO4サービスクルスという200g/本という軽量タイヤだったんですが、なぜ?ミシュランかって?言うと田舎もんでなおかつ貧乏人には「ミシュラン」とか「ピレリ」って言う言葉は、おまじない的に心を打つ響きを持った魔法の言葉なのですよ。
それに赤色が入ったカラータイヤが良かったので、見た目だけで選んだ結果ですが・・・なにか??

それから、あちこちへ出かけましたが、とにかくパンクが多い。

ゴマ粒位の少し尖った石を踏んでパンクしたのは、180km離れた伊勢へ行く途中の三重県津市だった。

9月の上旬にリアタイヤがパンクした時には、ガラスを踏んだのか?・・とにかくタイヤのトレッド面がぱっくりと口を開けてしまった。
切れたのは10mmも無かったのですが、どう見てもこのまま乗ってたら「傷口が広がる」のは間違いなさそうで、まだまだ走れそうな消耗度合いだったけど、仕方なく新品タイヤに交換する事にしました。

                      それで次に選んだのがこれです
                       

またまた懲りずにミシュランです、しかもPRO4シリーズ。
ですが、こんどはPRO4サービスクルスより20g/本も重たい、PRO4エンヂュランスという銘柄です。

20g分ゴムが分厚い筈だからパンクしにくいだろうってだけの理由で選択したのですが、予想以上に「アタリ」でした。
以来リヤタイヤはパンクしてませんでした。

10月30日の夜の話です。
前回の峠巡りでパンクしたフロントタイヤ、もちろん替えチューブに入れ替えて有ったのですが、翌日の冠山峠域の為の空気圧調整中に、と言うより空気を入れてる最中に・・パーン・・と言う大きな音と共にバーストしてしまい、またもやチューブを外してパンク修理をする羽目に成ってしまいました。

悩む事数分、「タイヤをどうしよう?」
PRO4エンデュランスは、この前2本セットで購入して、後輪だけを先に交換しただけなので、1本予備に余ってる。
やっぱり前輪用も変えてしまおうか?まだまだ減りは少なくて使えそうだが、パンクには嫌気がさしてるし。
でも、まだ交換後300kmも走って無いから・・・勿体ないし・・・どうしよぅ・・。

その時、前輪タイヤのトレッドに小さな「裂け」を発見。
やっぱり替えときましょう。

翌日の徳山ダムから冠山峠越えのツーリングはパンク無しで乗り切れた事から、良い選択だったに違いないと自負してます。

次回はもう少し重くても良いから、もっとパンクの心配の無いタイヤにしようと心に誓った。

追記
チューブはシュワルベを使用中です。
仏式バルブで700x23c用には2種類の重さが有り、当然の様に選んだのが軽量タイプでした。
たしか重量差が40g/本ほど有り、軽いのが良いだろう的な安易な理由で選択して居ます。

このチューブに関しては、外のタイヤが適度の厚みを持ち、かつ空気圧が適正に管理された状態で乗れるので有れば、軽量なタイプでもかまわないと感じて居ます。
ただし、道路上に現れる段差=穴やコンクリート製の構造物の角を通過時にしっかりと減速し、荷重を抜ける事が最も重要です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冠山峠から魚見峠 県境を越... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ロードバイク」カテゴリの最新記事