続・気ままに”ぱちり”
気ままに撮影した写真をアップ
 



皆さん、お久しぶりです、生きてます。

来月待望のSuaraさんの限定発売のアナログディスクが出るので

その準備としてアナログレコードシステム強化月間という訳ではないのですが

安いデジタル針圧計をamazonで見かけたの購入してみました。

中国製のノーブランド品、購入価格は2000円弱

さて、精度はというと

電源を入れるとちゃんと0.00gとなります。

ちなみに真ん中が電源スイッチ

左が単位切り替え、(オンスとかに切り替えられます)

右は0アジャスト(電源を入れた時は自動でアジャストします)

秤の部分の真ん中の黒い部分に針をおきます。

 

先ずはお約束の日本の造幣局が誇る正確な1g分銅の1円玉

ぴったり1g表示正確です。

そして次に本体に付属している基準の5g分銅

こちらも正確です。

これで、おそらく1g~5gの間は正確な測定が出来るでしょう。

そんなわけで自分のプレーヤーの針圧を測定

私のカートリッジはDL-103のチューンモデルのDL-103PROなので

適正針圧は2g~2.5g

私が合わせているのは2.3gです。

上の写真は再調整後の値2.32g

最初に計った時は2.1gとなんと0.2g軽く設定されていました。

今まではシーソータイプの針圧計を使っていましたが

結構ずれて調整されるものですね。

 

さて、その他の点

good

・電源を入れて2分何も測定しないと電源が自動で切れる。

・同じく測定をしていないときはバックライトが消える。

・安っぽいけどちゃんとケース(合成革風)がついてくる。

・なんてったって安いです。

 (オーディオメーカー品は8000円以上しますから)

・おそらく高い製品と精度は変わらない(自己責任でお願いします)

bad

・取説はありますが、英語と中国語(ペラ1枚)

・ボディーの秤の部分を覆うカバーが薄っぺらくて安っぽい。

・電池がついていない(LR43を別途2個購入しておかないと測定できない)

(LR43はコンビニではおいていない場合が多いので注意だよ)

・電池を入れる方向が書いていない。

・電池を入れるときちょっときつい。

・5gまでしか計れない(まあ、5g以上の針圧をかけるカートリッジなんて殆どありません)

 

取説がちゃんとしていないと何も出来ない人向きではありませんが

個人的には非常に良い買い物でした。

 

ちなみにamazonでは価格違いで同じ形のものが何個か売られていますが

私は一番安いところのものを購入しましたよ。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




gravel-masterと名乗っている以上

やはり、オフロードは走らないといけません。

そんなわけで399号が通れなかったので

その代わり南蔵王林道~不忘山林道全長22.7kmを走りました。

(山形県上山市~宮城県七々宿町間)

まだ通行止めが解除されたばかりらしく結構ガレていて楽しめました。

結構倒木もそのままとなっていたり

残雪が残っていたり、とても信じられない落石が落ちていたり

はらはらドキドキでした。

分岐が2カ所ありナビには道がないのでバイク地図頼りでした。

ルート外の分岐の先が展望がよさそうだったので

欲張って進んだらその先が残雪で通れない状態

さあ、Uターンと思ったのですがどこも幅員不足でUターンできず。

林道の狭い幅の道片側ガードレール無しの奈落の底の崖道を

500mくらいバックする羽目に合いました。

(本気で一回だけ崖側脱輪しかけて冷や汗ものでした(4WDでよかった))

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近暑いので忘れがちですが

一応、東北としては春先なので

まだ、冬期通行止めが解除していない道があります。

この先の旅を暗示させる通行止め看板

これも、もう定番

国道399号の景色のいいところに移動しようと思ったのに・・・

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




まあ、いつもおなじみの東北の旅の始まりは

いつもの喜多方ラーメン一平のじとじとラーメンの大盛り

いつもと違うのはさすがGW後半の初日(5/3)だけあって

店の前に20人程度の行列ができていました。

それでも、何とかぎりぎりで初回で食べられました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




また、台湾のグルメ(飯テロ)です。

台湾の町の弁当屋にチャレンジ

台湾のHotto Mottoみたいな店で弁当を買いました。

本当は町の普通のテイクアウト店で買いたかったのですが

ちょっとメニューが分からないので写真のある弁当屋で購入

これは豚肉の甘辛焼きみたいな弁当です。

それにしても甘辛味が多いです。

日本人的にはもうちょっと塩辛いほうがおかずになるのですか・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

また、台湾ネタに戻ります。

台北駅に行ったとき

台湾の駅弁を買いました。

鶏肉のお弁当です。

この日は夕飯が一人きりだったので昼に駅で買って

夜に食べました。

後で聞いた話だと台湾の駅弁は温かいできたてを

食べるのが普通とのことで買い置きで食べるものではないとのこと。

(売っているときはできたてで温かかったです)

なので時間がたつと味が落ちてしまいます。

日本の駅弁は冷たくても美味しく食べれられるように

工夫されていいるので冷えても美味しくいただけます。

その点ことなりますね。

お値段は日本円で380円安いです。

台湾のお弁当は大概このように

丸い器で売られています。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日本に戻りました。

出張の少し前

寝る前の音楽観賞用のオーディオ

通称、おやすみオーディオのスピーカーを変えました。

今まではケンウッドだったりDENONだったりしていましたが

今回はついにFOSTEX(フォステクス)です。

GX100の掘り出し物が近所のハードオフに出たので

どうしようか悩んだあげく買ってしまいました。

今思うに買って良かったと思います。

もうね、次元が違いますね。

解像度だけでいうと自分のメインスピーカーより上では無いかと思うくらい

音数が多いですね。

小型スピーカーにそんな事望んだことが無かったのですが

これはいいですね。

そして女性ボーカルが美しい。

寝る前のSuaraさんのバラードがさらに美しい。

もう、他の小型スピーカーすべて売ってもいいくらい。

とりあえず、おやすみオーディオも打ち止めですね。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




うまうま



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日本の東京駅みたいなものです。

 

駅弁も売っています。

 駅前には古い機関車と客車が展示されています。

そして、地下街にはなぜかオタクの聖地

アニメ関連ショップが入っています。

そして、メイド喫茶もありました(結構潰れているみたいだけど)

お昼は定番の牛肉麺

 

 

 

 



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




台湾出張には何度も来ていますが

休みが入らずいつもとんぼ返りでしたが

今回初めてのオフです。

台湾の秋葉原光華商場にふらっと行ってきました。

電気街ですが

 

秋葉原と同じくオリジナルキャラがいます。

 

そして電脳街で食事

125台湾ドルなので450くらいですかね。

普通に美味しいです。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




台湾出張中です。

お上品な中華料理をいただきました。

なんでも、翌政治家が使う店らしいです。

トップの写真はカボチャと豆腐のスープ

甘すぎず、柔らかい味でものすごく美味しかったです。

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2回の悲劇を乗り越え

今度こそ、行きたい

ライブ

絶対行きたい

 



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




高遠の帰りにと言っていますが

時間的には家から高遠までの時間と

同じくらいかけて旧上村の峠の茶屋というところまで行き

そばを食べるのが毎年のお約束です。

お店での手打ちそばではありませんが

美味しいそばで気に入っています。

そばと一緒にそばがきもいただきます。

そば三昧でおなかいっぱいです。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんどは外回りのPAでの食事

四日市とんてき

これは、中々迫力あります。

肉も厚いしニンニク”どーん”!です。

PAではめずらしくご飯大盛りも可能

味は見てのとおりニンニクが効いていて

結構美味しかったです。

PAは見本と本物が結構違ってがっかりすることが多いですが

期待は裏切らなかったですね。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




圏央道厚木PAは日本各地のB級グルメが味わえるPAです。

写真は3月までのメニューで十和田バラ焼きです。

ちょっと甘めのたれが美味しくご飯が進みます。

十和田近辺ってこの味多いですよね。

小坂町の有名ホルモン屋さんも

こんなちょっと甘めだった記憶があります。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ