続・気ままに”ぱちり”
気ままに撮影した写真をアップ
 



行ったこと無かったけど有名店だったのですね。

店内はガチムチ系の来店客の写真がいっぱい

そして店の中は煙が充満

臭いを気にする人は持ち物や上着を保護する

45Lのゴミ袋を持すること推奨です。

そして注意すべきは追加注文不可の店なので

お肉料理類は最初に全部注文すること。

写真のお肉は上ロース

一口食べた瞬間肉汁が口の中に広がり超うまい!

この肉は本当にうまいと思った。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




長野の友人の家に遊びに行って

立科温泉権現の湯に行ったとき

売っていた長芋

長野県山形村産らしい

見ての通りでっかい!

でかすぎる。

これで、800円

安い!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




高崎駅の2~4番ホーム上にある駅そばや

たかべんという駅弁屋さんのお店

この日は結構出たらしく

本当はここでも舞茸そば食べたかったのですが

トッピングはコロッケしか残っていなくて

コロッケそばを食べました。

店構えからして古きよき時代の駅そばやなので

つい懐かしくて食べてしまいます。

味は一般的な駅そばの味です。

でも、寒いときは格別ですね。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




水上駅前の喫茶店

珈琲亭しなだ

土産屋さんの2Fだったのであまり期待しないで入りましたが

本格的な喫茶店でした。

Wi-Fi環境もばっちりなので列車待ちにはもってこい。

http://www.shinada.server-shared.com/



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




水上駅前にあるおそば屋さん

SL旅の時水上駅で3時間ほど時間が合ったので

温泉でもいこうと思っていたのですが

水上だけ吹雪だったので移動を断念し駅前でおそばを食べました。

寒いので温かいそばを食べる人が多いですが

自称そば好きのわたしは冷たいそばで

すくよか舞茸の天ざるそば(大盛り)

舞茸が大きくて美味しかったです。

おそばは普通かな。



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




群馬県界隈で多いラーメン屋さんらしい

頂いたのは焼きあご豚骨ラーメン

細麺なので大盛りではなく替え玉で

なんというのか、あまり感想がありません。

普通でしたね。

群馬県では30店舗ほど展開しているみたいです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




白樺湖から上田方面に向かう大門街道(国道152号線)沿いにある

おそば屋さん

利久庵

もちろんおすすめはそばなのですが

もう一つ

でっかいかき揚げが名物となっています。

かき揚げがクローズアップされていますが

そばも美味です。

そばは、普通のおそばと十割そば

さらに地元産のダッタン(韃靼)そばの3種があります。

私は通常そば(多分二八そば)と追加盛りに十割を頼みました。

個人的には二八かな

いずれも、美味しかったです。

かき揚げはそばつゆで食べると油ギトギトになってしまうので

テーブルの岩塩でたべるのです。

大迫力のかき揚げも美味しかったです。

此処いらを通りかかったときはいつも寄りたくなりました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




町田(相原)にある

ラーメン専門店小川の系列

煮干し醤油の小川流の八王子みなみの店

私は煮干しのラーメンが好きなので

結構気に入っています。

写真は半チャーシュー大盛り

中盛り、大盛りも値段が変わりません。

私は野菜をトッピングいただきます。

がつんと出汁が効いてます。

 



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




緑の幸楽苑の方の

味噌野菜ラーメン

幸楽苑はあまり行かないのですが

このラーメンは野菜がしっかり炒めていて

いい感じでした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






クリスマスなのに全く関係なく
お昼は中華街でお粥でした。
中華街は激込みでしたね。
みんな肉まん食べていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




会社の仕事中に立ち寄ったラーメンや

木更津にある自家製麺ばくばく

売りはつけ麺ですが

私はあっさりした醤油ラーメンをいただきました。

個人的にはちょっとあっさりしすぎでしたが

美味しかったです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




名刺入れを新調しました。

いつもの群馬県みなかみ町

道の駅たくみの里にある

革細工の家 KUROさんの革の名刺入れです。
 
特徴は、ロックの部分がマグネットになっているところでしょうか
   
 
後ろはこんな感じになっています。
 
シンプルで収納スペースが大きいので
 
普段使いで使いますが、長期出張の時には重宝しそうです。
 
革は長く使うと使い込むだけ味が出るのでいいです。
 
kuroさんの場合、革さえだめにならなければ
 
糸のほつれなどは送料以外はほとんど無料で直してもらえるので
 
長いつきあいになりそうです。
 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


R-7PRO  


ちょっと面白いアンプが売っていた。

ケンウッドのR-7PRO

このアンプケンウッドのミニコンポAvinoと言うブランドで

売られていたチューナーアンプ、いわゆるレシーバーと言われていたものです。

で、そのシリーズの7番台は高品質モデルとなっていました。

その中でも最高品位モデルがR-7PROです。

で、何が面白いかというと、何とこの大きさでA級増幅に切り替えられる(新ピュアAモード)というところです。

このアンプ通常は25W+25Wなのですがスイッチ一つでA級増幅に切り替え音質を向上することが出来ます。

ただし、その時のパワーは10W+10Wになります。

でも、音質はさすがA級!質感が一気にアップしてなめらかな音質に

完全に1ランク上の品位になります。

A級は発熱量が非常に大きいので放熱の問題が起こるのですが、このモデルには

TRAITR(Thermally Reactive Advanced Instantaneous TRansistor:高速熱反応型高性能トランジスタ)を採用していて

温度検出・補正回路をパワートランジスタに内蔵しており発熱の問題を解決しているようです。

また、シャーシにも銅合板を使っており、こちらも放熱に優位ですね。

 



コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




高山の代表的な古い町並み

上三之町です。

これは8/16の朝8:00の写真

奇跡的に人が一人もいない写真です。

ちょっと残念なのはゴミ袋ですかね。

さすがに動かすわけにもいかないのでそのまま撮りました。

お土産屋さんが開店するのは8:30とのことなので

ちょっとだけ早出しました。

あと、高山は氷菓の聖地ですね。

まだちょっとだけ残っています。

今年は、君の名は。が飛騨市、聲の形が大垣市、ルドルフとイッパイアッテナのルドルフは岐阜市と

岐阜県が熱い、そんな聖地でなくても岐阜県は結構すきで、高山をはじめ、白川郷、郡上八幡など

絵になるとろがいっぱいあるので時々出かけています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




某○ードオフでジャンクとしてアナログプレーヤーを購入

デンオン製(現デノン)プレーヤーDP-50L(1978年当時69,800円)
38年前のダイレクトドライブオートリフトアップ付きプレーヤーです。
ジャンクである理由としては、再生がループするとなっていました。

今回自分としては、レコードの清掃用に回転すればいいということと
できればトルクが強く外観に大きな破損がないということで
条件を満たしていたので購入しました。

家に帰って色々確認してみたところ。
外観は足も4本正常に高さ調整ができ
ダストカバーも10cmほどの傷はあるが損傷はなし
筐体も経年変化はあるが損傷はなし
回転も33 1/3回転、45回転ともストロボが流れてしまうような
回転ムラやワウフラッターはなし
オートリフトアップ機能も正常(レコードのエンド部も正確に関知している)
演奏終了後のブレーキも正常動作
本体機能はほぼ正常に動作していると思われます



問題点として確認出来たのは
RCAプラグが経年変化で端子部がさびている
付属していたカートリッジに針がついていなかった
くらいでしょうか。

確認のため所有しているカートリッジを取り付け
針圧調整、アンチスケーティング調整をおこなったが
こちらも問題無く調整出来ました。
(私のカートリッジはシェルが重いため、そのままでは調整範囲を超えてしまうため
アームのウェイトに500円硬貨を貼り付け調整しました)

試しにLPレコードの両面を演奏してみましたが全く問題なくきれいに演奏しました
また、ジャンク理由である再生がループすることもありませんでした。
(付属カートリッジの問題だったのではと推測)



レコード清掃用に購入したジャンクアナログプレーヤーは
ジャンクではなく、正常動作品であることが確認されました。

そうなると困ったもので、そのまま清掃用に使うにはもったいないと考えてしまいます。
そんなわけで、復活させることにしました。

幸い、特に不具合がないので全体をきれいに清掃し
接点復活材でRCAプラグの錆を出来るだけきれいにし、アームの動作などを確認
最後に安いながらも比較的いい音がするナガオカ製のカートリッジ
MP-100H(シェル付き)を購入し装着、オーバーハング、針圧、アンチスケーティングを調整

そして、いよいよ音だし・・・



うん!正常、なかなかの音質です。
低音も、高音もきちんと再生しています。
ぼやけた感じではなくクリヤーに再生されています。
もちろん、A面もB面も最初から最後まで正常にトレース出来ます。

テストに使用したカートリッジはSHURE V15VxMRだったので
これと比べてしまうと当然ですが、高音のびや全体的なクリヤー感、音の輪郭は
劣ります(価格差5倍以上なのでくらべてはいけません)

個人的にはこの価格でこれだけの音がでれば、とりあえず満足です。

ところがせっかく復活させたたのですが
残念ながらプレーヤー2台を常設するスペースがありません。

誰か、この子使ってもらないでしょうかね?

入門機としては最適だと思うのですが・・・




コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ