旧「Weekend Figure Review」

以前は土日だけフィギュアのレビューをしてました。
今後は気まぐれな内容にしようかと。2015年12月

S.H.MonsterArts ゴジラ2001

2016-06-26 14:11:44 | 怪獣・特撮

先日、待ちに待ったGMKゴジラがついに届きました。

2016年なのに世紀末な現代ニッポン社会の中、幾多の辛酸をペロペロしながら今日まで生き延びてきた甲斐があったというものです・・・

付属品・取説一切無し!本体のみのこれまた非常に男前な仕様。

非の打ち所が無いので、手にとっていろいろなアングルからながめて堪能するばかりです。

カッコよすぎる・・・

ちなみに尻尾は細かく(だいたい1~2節毎に1箇所)可動部が設けられているので、芋虫のようにクネクネ動きます。(↓)

劇中の様々なシーンが思い出されます・・・ 白濁した眼に、巨大感のある体躯、狂暴なだけでなく所々で狡猾な一面を見せ、とにかく怖いゴジラでした。

特に、夜の街をキングギドラへ向かって突進するシーンは非常に恐怖を覚えましたねぇ。

ワタシにとっては高額な買い物ではありましたが、たまには贅沢も良いかなと。

これは家宝ものです・・・(1Kマンションですが;)

 

 

GMK「はじめまして、GMKです。あれ、ミレニアムさんは・・・??」

平ゴ「あー、彼なら売りに出されてしまったよ(※)

GMK「・・・・・・!!」

 

※・・・この件に関しては、のちのち非常に後悔したのであった・・・

コメント

自作第7号製作中(続続続)

2016-06-19 23:47:42 | 自作フィギュア

ここしばらく本体の方の整形をちびちびやりながら、小物類の作製をしていましたが、剣がようやく出来上がりました。

刀身の部分は初めは1.2ミリのプラ板一枚をせっせと削って作ってみましたがあまりにもショボ過ぎたので、1.2ミリ2枚を貼り合せました。今度はちょっと厚めになったので、いい感じの厚みになるまで削るのがなかなか大変でした。今にして思うと、1.2ミリ×1+0.3(or 0.5)ミリ×2とかいう手もあったなぁと。

それにしても、こうして見ると、ホビー誌などの作例ページに載っている写真みたいで、いかにも「作ってます」な感じでいいですなぁ。

中学生の頃にはよく塾の行きがけに本屋に寄り道してホビー誌を立ち読みしたものですが、作例ページなんかを見ては、「あー、オイラもやってみたいナー」と思っていたものです・・・

柄の部分は手に持たせるひとつだけ作り、背中に付ける分はちょっとラクをしようかということで、ひさびさの「型想い」登場。片面だけ複製して、裏面はなんとか整形することに。

左右非対称ですが、これくらいにしておこうかと。ま、手作り感があっていいじゃなイカ!ということで・・・

 

手に持たせてみると、ちょっとテンションが上がると言いますか、なかなか嬉しい気分になりました。

 

コメント

HGゴジラ8

2016-06-13 18:36:50 | 怪獣・特撮

最近、中古で買い直したもの。この第8弾は、「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」公開時(2001年)に発売され、HGゴジラシリーズの中では個人的にベストでした。

ゴジラと護国三聖獣。一緒に並べてもさほど違和感の無いスケールで、どれもカッコ良いです。

中でも特にお気に入りの先鋒・バラゴン。驚異の造型・彩色。これが200円カプセルに入っていたとは・・・ 今にして思うとあの頃(十数年前くらい)は、ホビーユーザーにとっての「バブル時代」みたいなものだったんだろうなぁと。

劇中では可哀想な最期を遂げましたが、どこか愛嬌のある怪獣だっただけに、ゴジラの非情ぶりが際立ちました。

ゴジラはよりによって焼津港から上陸し・・・ 熱線による爆発後のキノコ雲や、事務所の壁に貼られた反核ポスター等々、「原爆」を想起させる演出が随所にありました。白昼、白目を剥いて街を破壊しながら歩く姿は、絶望的なくらい恐怖感がありましたねぇ。

ハチのように舞いハチのように刺すモスラには繭のスタンドが付いています。夜の湖に浮かんだ繭から羽化するシーンは、幻想的で美しかったですねぇ。ハチとチョウを混ぜたようなフォルムで、全体が平面的でないのがこれまたカッコイイです。

千年竜王ことキングギドラは、目から鱗な鱗の圧巻緻密造形!

ただ、頭部は三つとも同じ型のようです。二つくらいは口を開けていれば良かったな・・・とちょっと思ったりもしますが。

しかし、キングギドラまで爆発して散った時の絶望感は忘れられませんねぇ・・・ 一体どうなるのかと。まぁ、ゴジラ映画の場合、ゴジラが海に去ったら一応話は終わるわけですが。

 

 

 「~大怪獣総攻撃」は映画館で観た上、DVDを買って繰り返し観ました。1954年の「ゴジラ」とともに好きな作品です。ちょっとオカルトテイストな怪しい雰囲気も好きでした。

劇中では、ゴジラについて「戦争で死んだ人々の残留思念の集合体」という新解釈が登場。ゴジラが日本を襲うのは、「彼らの無念を人々が忘れてしまったからじゃぁぁっ!」と語る天本英世氏演じる老人もまた既にこの世にはいない筈の人物であるという・・・

人類と共闘する昭和ゴジラもたしかに馴染み深いですが、何かと前向き! ポジティヴシンキング!! 未来志向!!! な雰囲気には薄気味悪いものを感じてしまうワタクシとしては・・・ やはりゴジラには「オマエら、調子に乗ってんじゃねーよ」と人類に言ってくれる存在であってほしいなーと思います。個人的に。

 

そういえば、先月はオバマ米大統領が広島を訪問してましたが・・・ 核兵器をまだしっかりキープしてるのに謝罪もクソもないだろうと思うんですが。口先だけで謝られると、普通は腹が立ちませんかね・・・ (省略)

 

今月24日はいよいよ待望のモンスターアーツ・ゴジラ2001の発送開始日!! それまでは生き延びねば。

コメント

「放射線を浴びたX年後」・・・!!

2016-06-06 20:51:10 | 本の感想

・・・という本(伊東英朗著、2014年刊、講談社)を読みました。

アメリカの機密文書によると、1946年から1962年まで南太平洋ではアメリカ、イギリスによって120回を超える核実験が繰り返され・・・ そのたびに大量の放射性物質がまき散らされ、近海で操業していた船舶の乗組員の頭上に降り注ぎ、その多くは夭逝。そのとき、実は日本全土が死の灰に覆われていたそうな。

詳しくはこちら→ 劇場映画「X年後」公式サイト

 

1954年に第五福竜丸が被爆した事件の後わずか10ヶ月で、米政府が慰謝料として200万ドル(当時7億2千万円)を支払うことで、日本政府は幕引きをして、港での放射能検査も打ち切ってしまったとは! この国の、この「臭いものにフタ」な隠蔽体質は一体何なのか??

福島の原発事故よりずっと前からすでに日本人は多かれ少なかれ放射性物質の影響を受けていたんでしょうね。ワタシのアタマがおかしいのも、もしや・・・

ネットを見ていると、原発事故後に東の方では急性白血病患者が急増しているらしいですが、一体どうなっているのやら。

 

原発事故が起きたところで、誰が責任をとるわけでもなく、被害者への補償は税金を使えばいいし、健康被害が出ても「放射性物質との因果関係が不明」で却下して、まぁ、原発というのは或る種の人々にとっては笑いが止まらない、いいビジネスなんですかねぇ。

やはりこの社会のヒエラルキーの上の方には、人の皮をかぶった悪魔がいるとしか思えんのですが、どうなのか???

 

つい先月、ビキニ事件の時に第五福竜丸以外の船に乗っていた船員やその遺族の方々が、国を相手に賠償訴訟を起こしました。原告勝訴を祈るばかりであります・・・

コメント

いろいろと思うこと・時事編

2016-05-30 23:45:24 | 雑記

今日の新聞の一面はわたくし個人の印象としては、もうオシマイな末期的様相を呈しているようで、このモヤモヤをここで吐き出しておこうかと。

 

「消費再増税19年10月 首相、2年半延期伝達」

リーマン・ショックや東日本大震災級の事態が発生しない限り再延期しないとABE-sorryは言ってましたが、再延期するということは、やっぱり日本経済は相当ヤバイ状況なんじゃないかということなんでしょうか???

先日のサミットでの「リーマン・ショック前」発言は、他国からは「ナニ言ってんの?!」という反応だったようですが・・・

 

「内閣支持率55%に上昇 オバマ氏訪問98%評価 共同通信世論調査」

海外での反応とは裏腹に国内での支持率は上昇!!

1026人からの回答の集計結果なんですが、無作為に抽出された(?)とはいえ、総人口の1%にも満たない集団の傾向をもって世論とするのはどうなんでしょうねぇ・・・

世論調査を見ると、「(実情はさておき)そういうことにしたいわけね。はいはい。」としか思わないんですが。政府から何かしらプッシュがあったんでしょうか・・・!?

 

「日本式介護 アジア輸出 民間進出、政府が後押し」

政府、与党は、高齢化が進む中国やタイなどのアジア地域に日本の介護システムを輸出する官民連携プロジェクト「アジア健康構想」を今夏スタートさせる・・・らしい。

東南アジアには原発も輸出しようとしてますが・・・

国内では介護業界も原発も良い話は聞かないんですが、せめて国内にとどめとけばよいのに。

思えば・・・ 日本と東南アジアの関係というのは、アメリカと日本の関係の相似形のような気がしてならぬのですが。

やはり、この国はブラックカラーバージョンの儒教精神にとり憑かれているとしか思えませんねー

 

 

コメント