saderのエッセイ館

saderは自然の中を旅するのが好きです。
四季折々自然が持つ“蠱惑の魅力”を『エッセイ館(やかた)』へとどけます。

神戸森林植物園のアジサイと睡蓮

2017-06-29 10:04:15 | Weblog
三宮からの神戸森林植物園行のバスは土曜・日曜休日しか出ていないので、当初の予定を変更して6月24日(土)に出かけました。橿原神宮からは西大寺で三宮行(快速急行)があるので、便利になりましたが、それでも三宮までは時間がかかりました。8時40分に到着予定で出かけたのですが、もたもたしてるうちに、目の前で列車がでてゆき、9時前の到着となってしまいました。
六甲・神戸方面の山へでかける場合、土・日祝日は季節を問わず、交通機関が混雑するのは分かっていましたが、バス待ちの列は100㍍以上でした。待合わせ時間より早く着いておられた皆さんは一番前の方、私と2~3人が最後尾でした。臨時便が少し早めに到着して、バス会社の職員立っても良ければ乗って行けるというので、行ってみたらギュギュウ詰めで、やっとの事で、ドアーステップに立て、もう忘れていた通勤地獄の満員電車を思い出しました。
気のどくだったのは、乗れなかった方々です。何と、くだんのバス会社職員がきて、乗れない人は“並びなおせ”と言う。最後尾は更に多くの人がならび、その後ろになったのです。因みに、他のバス(奈良・三重交通)では同様の状況の場合、誘導する前に乗車可能人数を見極め、案内していますがネ~・・・。
森林植物園(入園料300円)入口付近はメタセコイヤの林に囲まれ、雰囲気が良い感じです。小さな池の木の枝にはモリアオガエルの卵が産みつけてありました。ここから長池までの道の両側にアジサイが植えられています。数年前に訪れたときに比べ、花がまばらで地肌が目立っていましたが種類は多く、見頃を迎えていました。群落として撮影するには少し物足りませんが、個別に見れば申し分なく綺麗でした。途中、伊吹山では鹿の食害で壊滅したシモツケソウも見ることができ、長池は睡蓮が満開!コウホネやヒシの黄色い花とのコラボレーションが美しく、大満足の景観でした。帰りのバスは早めに並ぶことにして、睡蓮が花を閉じるころ、長池を離れました。
お知らせ
9月25日:風景写真(入門編)の無料体験講座が開かれ、誰でも参加できます。
申込先:あべの近鉄文化サロン(&(アンド)ビル4階、☎0744-25-5421)
『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白屋岳のコアジサイと和佐又... | トップ | 葛城山のササユリ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。