GRASSの日々折々

馬好きフォトグラファーが綴る日々の1ショット。

オーラ

2017年03月27日 | 競馬場
日経賞で優勝したシャケトラも、きれいな青鹿毛馬。
パドックでは、少し入れ込んだ感じのゴールドアクターの後ろで、静かに周回していた。
レンズを向けたくなる馬には、不思議なオーラがある。
遠野のセリにもいらしていた角居勝彦調教師の管理馬ということもあり、注目していたら、見事に優勝した。
4歳にして、6戦4勝、2着1回、3着1回という見事な成績。

馬名の「シャケトラ」は、イタリアの幻のワインのことだそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラック・メタリック

2017年03月26日 | 競馬場
負けてしまったけれど、魅力は変わらない。
いつも輝くばかりの黒い馬体。
鋭い瞳の輝き。
日経賞のゴールドアクター。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大学馬術部

2017年03月21日 | 遠野の馬
大学の馬術部に所属する遠野馬も少なくない昨今。
写真は、先週末、東京競馬場乗馬センターで開催された6大学・東都大学馬術大会に出場した日大馬術部の桜翔ことスパーベルガー2006(セリ時の名前)。
福島の組合員の方が生産された馬で、全日本馬場partⅡでも活躍中です。
学生馬術大会も、思わぬ出会いがあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

機材の重さが・・・

2017年03月21日 | 競馬場
ニコンのズームレンズ80-400(F4.5-F5.6)を購入。
昨年から使っている200-500(F5.6)に比べて軽く、長時間の手持ち撮影も可。
と、喜んでいたら、ニコン使用のカメラマン数人から300(F4)が「軽い上にめっちゃきれい!」と絶賛の声が・・・。
要するに、皆、機材の重さが体にこたえるようになってきた、ということですね。

写真は、日曜日の中山競馬場スプリングSを制したウィンブライト。
ニッコール80-400で撮影。
遠野の山歩きに最適なレンズかも!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現役

2017年03月20日 | 遠野の馬
東京競馬場乗馬センターで開催された大学の競技大会で会った東大馬術部所属の「東奏」に古い「と」印。
八王子乗馬クラブで馬場馬として活躍したラフィネスが、昨年東大馬術部に移動し、「東奏」という名前で現役を続けています。
23歳になった今も活躍している姿が眩しい。
遠野の名牝「野菊」が遠野で最初に出産したのが東奏。
母がそうであったように、無事是名馬そのものです。

東奏(ラフィネス)(セン23)
父 パンサー(ウェストファーレン)
母 野菊(乗用半血)
遠野小友町生まれ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ

2017年03月19日 | 遠野の馬
「遠野馬通信」NO.4が、遠野馬の里HPにアップされました。
よろしくお願いいたします。

「遠野馬の里」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春一番の馬術大会は・・・

2017年03月18日 | 遠野の馬
馬事公苑が閉苑になって馬術大会への足が遠のいていたとき、これまで馬事公苑で開催されていた学生の馬術大会が東京競馬場の乗馬センターで開催されることを知り、早速足を運びました。
最近は、乗馬クラブだけではなく全国の大学馬術部に「と」印馬が在籍しています。

今日は東京六大学・東都大学馬術大会。
3頭の「と」印馬が出場していました。

写真は、青山学院大学在籍のブルーライアン(牝10)。
セリ時の名前は、「フリーライアン2」。
父 フリーデンスラート(ウェストファーレン)
母 メリーゴーライアン(セルフランセ)
遠野小友町生まれ

学生馬術大会も、遠野の馬たちが多く出場することがおおくなりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬事公苑

2017年03月16日 | 遠野の馬
天気予報では桜の開花予想が始まっている。
昨年12月にオリンピックに向けた改修工事のため閉苑した馬事公苑の桜は見事だった。、

馬事公苑は、競馬場以外で馬を撮影できる貴重な場所で、四季折々、いろいろな馬術大会も気軽に撮影することができた。
何より、馬事公苑所属の多くの遠野馬の練習風景を撮影することもできた。
いまさらながら、貴重な場所だったな~と思う。

写真は、桜満開のころの馬事公苑で撮影した遠野馬のハッピースリー(2011年4月)。現在は福島大学馬術部にいるようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポニーショー

2017年03月09日 | 馬徒然
串間イルカランドのショーを見て思い出したのは、
北海道のノーザンホースパークで行われているポニーショー。

小さなポニーたちがサッカーやバスケット、ジャンプなど次から次へと繰り広げる。それはスピーディーで愛くるしくて本当に楽しいショーだった。
その中には、観客の男の子がもつ輪をジャンプしてくぐりぬけるポニーの姿も。

同じように輪をくぐるイルカを見ながら、
そういえば、ノーザンホースパークのポニーの調教師さんは、もともとイルカの調教師さんだという話を思い出した。
なるほど、と妙に納得したものだ。

15分ほどのポニーショーが一日数回開催される。
ノーザンホースパークへ行ったら、是非、ご観覧ください。
無料です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イルカランド

2017年03月08日 | 日々折々
話が少し前に戻ります。
宮崎県串間市モニターツアーで訪れたイルカランド。
45分間のイルカショーには感動です。

この輪くぐりの技。
次第に水面から高くしていくのですが、イルカのジャンプは見事でした。

それを見ながら、思い出したことが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加