GRASSの日々折々

馬好きフォトグラファーが綴る日々の1ショット。

ちゃっかりキツネ

2016年08月24日 | 遠野の馬
荒川高原に出没するキツネくん。
馬の飼い主さんがもってくるエサのおこぼれにありつこうと、馬の放牧地に日参しているそうです。
この日もある飼い主さんが訪れていました。
キツネくん、こちらを何度も見ながら、放牧地を駆け抜けていきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲、霧

2016年08月23日 | 遠野の馬
雲と霧が沸き立つ遠野・荒川高原。
台風の翌日、いろいろな表情を見せてくれる山の牧場です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の群れ

2016年08月22日 | 遠野の馬
遠野の今年の夏はアブが少なく、この時期の風物詩でもある馬の群れが一塊になっている状態は少なかったそうです。
100頭もの馬たちが山の一番高い場所で一同に集まる姿は、やはり壮観です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白雪

2016年08月19日 | 遠野の馬
お盆を遠野で過ごしました。
台風直撃の日は、遠野一番の観光施設「ふるさと村」の曲り家で過ごしました。
ここには、白雪というペルシュロン種の牝馬が暮らしています。
白雪はイベントなどにも活躍するアイドルホース。彼女の周りにはいつも大勢の人が集まりますが、この日は台風でお客さんもなく、雨風をしのげる上に馬房にいる白雪とゆっくり向き合った幸せな時間でした。
気がつけば、台風はあちらのかなたへ・・・。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

踊る木

2016年08月14日 | 日々折々
小石川植物園にあるシマサルスベリの並木です。
白い花が咲いているようですが、木の上のほうなのでよく見えません。
花よりも、木に目が行きます。
まるでしなやかな踊り子のよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伝統の大堀相馬焼

2016年08月13日 | 馬徒然
駆け巡る馬を描いた大堀相馬焼の湯呑茶碗。
東京で購入したものですが、とても気に入って使っています。

先日、相馬野馬追祭の取材で現地を訪れた折、焼き物を探してみましたが、
販売していたお店はたった一軒でした。
大堀相馬焼の工房は、ほとんどが浪江町にあったといいますが、震災以降工房が各地に散らばり、焼き物が思うように流通しなくなったと、店の方が話していました。
事故の影響がこんなところにも・・・。

大堀相馬焼のいろいろな商品は、東京青山の「伝統工芸 青山スクエア」で購入することができます。
ちょっと複雑な気持ちです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蝶の食事

2016年08月12日 | 日々折々
ベランダに咲く花にアゲハチョウがやってきます。
必死な面持ちで食事している様は、命そのものだと感じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サルスベリ

2016年08月11日 | 日々折々
8月の猛暑の中、鮮やかな彩で咲き誇るサルスベリが目に入ります。
群馬県の神流町というところでは、サルスベリの群生が見られるそうです。
いつか訪ねてみたい場所です。
馬はいるかな・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サルスベリの並木道

2016年08月10日 | 馬徒然
立川にチャグチャグ馬ッコがやってきた夏。
8月の暑い時期、サルスベリが咲き誇る並木道を、馬たちが行列したことを思い出します。
2010年のことでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美しい馬

2016年08月07日 | 馬徒然
馬具を何もつけない馬は、とても美しいと思います。
その動きを、いつまでも見ていたい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加