GRASSの日々折々

馬好きフォトグラファーが綴る日々の1ショット。

カルガモの赤ちゃん

2017年06月21日 | 競馬場
東京競馬場の博物館中庭の池で、今年もカルガモの赤ちゃんが生まれています。
先に生まれた子ども達は、数匹。かなり大きくなっています。
たった一羽だけ、とても小さい子が元気よく泳ぎ回っていました。
このお母さんの子は、この子だけのようです。
休みなく動き回る子を優しく見守る母さんガモを見ながら、
お馬の親子のようだなと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たちあおい

2017年06月20日 | 日々折々
今年もたちあおいが咲いています。
初夏の暑い日に、大きな花がふわりふわり。
昨年咲いていた場所に行ってみたら、「除去」されていて残念でした。

道沿い、線路沿いでよく見かけます。
なぜそんな場所がすきなのだろう。
雑草といわれますが、私にとっては風物詩、魅惑の花です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨のダートレース

2017年06月19日 | 競馬場
3歳のダート重賞・ユニコーンS。
それまでなんとか降らずにいた雨が、パドック周回の時からおちてきた。

雨のダートレースは、馬も騎手も泥だらけ、カメラマンも30分以上雨の中で、なかなか大変ではあるが、雨と泥にまみれた馬たちは、どこか逞しくみえる。
芝のレースに出走する馬たちとは一味違う血統の顔ぶれもまた、楽しい。

ダートレースの王者だったゴールドアリュール産駒・サンライズノヴァが優勝です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタリオン(2)

2017年06月18日 | 馬徒然
某タレントさんとのキャンペーンですっかり有名になったキャリーズサン。
以前は大障害クラスで上位を争うほどの馬で、六段飛越競技の記録をもつ。
ラムーア88と同様、現役の競技馬にしてスタリオン(種牡馬)、すでに産駒が競技会に登場している。
白毛かと思うくらい陽にすけるような美しい馬体。
ドイツ生まれのホルシュタイナー、17歳、北総乗馬クラブ所属。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタリオン

2017年06月17日 | 馬徒然
那須グランプリCSI・1で優勝した北総乗馬クラブの林忠義選手とラムーア88です。
ラムーア88は現役ながらスタリオン(種牡馬)だそうです。
六段飛越競技でも大変な活躍ぶり。
大きな大会で実績を重ねる、ドイツ生まれのホルシュタイナー、16歳。
黒鹿毛の美しい馬です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同期たち

2017年06月16日 | 遠野の馬
平成15年に開催された遠野の乗用馬セリ名簿を見ると、
現在も競技会で活躍中の子が大勢いる。
平成14年生まれの世代である。
那須グランドホースショーでも、イクシオン(小山乗馬クラブ)、エルマ(JRA)、そして写真のハリーベイ(JRA)の3頭が平成14年生まれの同期。

競技会で会えるのが、本当に嬉しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イクシオン

2017年06月15日 | 遠野の馬
那須グランドホースショーで再会した遠野馬のイクシオン。
山形の乗馬クラブから栃木の乗馬クラブへ移籍後、オーナーさんにも恵まれ活躍しています
遠くから見てもすぐにイクシオンだとわかる独特の流星。
思いがけず嬉しい再会でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2年ぶり

2017年06月14日 | 遠野の馬
脚部不安で長期休養していた馬事公苑所属のエルマが、2年ぶりに競技に復帰しました。最終日のフューチャーズCでは、伊藤昌展選手を背にャンプオフに残る活躍ぶり。
エルマを大切に見守ってくださる馬事公苑の方々に頭が下がります。
エルマの妹は遠野で繁殖馬となり、毎年優秀な産駒を送り出しています。

エルマ(セル・フランセ)
父 フロドラ・ジェルベーズ(セル・フランセ)
母 エルマⅢ(セル・フランセ)
2002年岩手県衣川村生まれ
JRA馬事公苑所属
セリ名 エルマⅢジャンパンツー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひなざくら

2017年06月13日 | 遠野の馬
先週末に開催された那須グランドホースショーMD(中障害D)に、
中島トニアシュタールから遠野馬の「ひなざくら」が出場、好成績をおさめました。
母馬に良く似た面立ち、叔父のハリーベイにも似ています。
「ひなざくら」という名前がぴったりです。

ひなざくら
父 フリーデンスラート(ウェストファーレン)
母 ヴィクト・アール5(セル・フランセ)
平成22年 遠野小友町生まれ
セリ名 ヴィクト・スラート3

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠野馬通信NO.7

2017年06月09日 | 遠野の馬
「遠野馬通信」NO.7を発行いたしました。
「遠野馬の里」のHPからPDFでご覧いただけます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加