子育てアドバイザー/心理カウンセラー グランマ39のページ

認定ベビーシッター/認定子育てアドバイザー/認定1級心理カウンセラー
グランマ39のページにようこそ!

イクメン講座の調理実習

2011-10-31 00:15:37 | 子育て支援アドバイザー
イクメン講座の二回目は、パパたちの調理実習。
一回目と違い、親子の部屋が分かれるので小さいお子さんは泣き出しました。

本日は10組。 
ぐずる子供は抱っこしてあやし、年長さん達は折り紙、お絵かきなどで遊びました。

離れる時、パパはすぐ近くの部屋でお料理しているから大丈夫だよと言い聞かせると
お子さんも納得するのか、次第に泣き止みます。

黙って突然いなくなると、子供は不安感いっぱいで心が落ちつかないまま過ごすことになるので。

料理が完成して、子供たちが待つ託児室に運ばれてきた時、とてもいい匂いがしました。
メニューは聞かなかったけど、ワンプレートで作る料理のようでした。
スープもありました。

私達保育担当者も、ラップに包んだご飯を頂きました。
ひじきやしそを混ぜご飯にしたおむすびです。 帰宅してから夫とイクメンパパの手料理を試食。

なんとおむすびの真ん中にかぼちゃとブロッコリーが入っていましたよ~
びっくりだけど新鮮。 普通、おにぎりの具財としては入れないかも。
栄養を考えてあり彩りも綺麗で、作ったパパさんたちの表情も満足感があるようでした。

みんなでテーブルを囲んで、親子で手作りランチタイム。

10か月の女の子のパパが、”うちの子、食べれるかなあ”と心配していました。
”スープもあるし、いつもと違うものにトライするチャンスですね”と言うとうなづかれました。

”親子で触れ合っていい企画だね”と保育者たちも笑顔。
一番うれしいのは、いっとき子育てから解放されたママだったかもしれません。
これを機会にパパの調理出番が増えるといいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気合を入れて!

2011-10-26 10:36:24 | 子育て支援アドバイザー
早朝勤務の時、私より少し年輩の先生が頭にハロウイン飾りをしていました。
ヘアバンドにプーさんや星などが、キラキラ、ゆらゆら~と揺れています。

数人の赤ちゃんもその先生の頭ばかり見ていました。
中でも、一人の男の子は目が髪飾りに釘付け・・・まばたきもあまりしないくらい。

”さあさあ、みんな見るのは今のうちだよ。もうあと少しでハロウインは終わっちゃうよ~”
と、その先生は大きな声で言いました。

そんなこと言ったって、生後数か月の赤ちゃん達に解るわけがない。
子供たちは、その先生のゆらゆら飾りと大きな声にびっくりしているのですから。

”先生、朝からお元気ですね~”と私が言うと、意外な返事が・・・
”自分でテンション高くして気合を入れているのよ”
そうやって、普段と違うことをしたり元気な声を出すことで、自分を奮い立たせているのだそう。

そうですね。 特に週始めの出勤は”さあ、今週もがんばるぞ!”で始まるし、今日あたりは
仕事に慣れてきて週末が楽しみになるころか。 まだ水曜日、でももう水曜日。
<まだ>と思うか<もう>と感じるか。
歳取ると時間が経つのが早く感じます。 なので私は<もう>のほうか。

ちなみに、私は日常で自分に気合を入れるのは、薄化粧することです。 
休日でどこにも行かなくても、せめて最低限のお化粧はします。
最初は、突然誰かが来ても慌てないように、眉や口紅などで顔を修正していました(笑)。

それが意外と心地よく、気持ちがしゃきっとします。
歯磨きの延長でさっさと化粧するのが日常化したので、めんどうくさくないし。

以前はよく夫に”どこか行くの?”と聞かれていました。 
スッピンをご披露するのは、お風呂上りだけですね。

一日の始まりの気合の入れ方は人それぞれ。
ラジオ体操をやってから出勤するという先生もいます。

でもほんとにしんどい時は、無理して気合を入れなくていいのではないか。
ためいきばかりついて元気が出ないのは、<少し休みなさい>という合図。 寝るに限ります。
心身を休めたら、また自分流の気合を入れていけばいいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道ではなかった!

2011-10-25 12:03:00 | ファミリー
今頃、妹は高速バス乗り場か。 いつもマイカーで実家に帰省している妹。
今回、ハプニングがあって帰りはバスなのです。

10/23の日曜日は亡き母の誕生日でした。
父の衣替えのため実家に帰っていた妹は、その日母のお墓参りに行きました。
父の要望で回り道をしたためか、お墓までいつもと違うコースになったよう。

その時、嫌な予感があった~と妹は後で言っていました。
道だと思っていた草むらが実は穴だった・・・

車は横転し、写真では横向きになっていました。
助手席の父が下になっている! 父を助けなくっや・・と思った時はすでに父は這い出ていたとか。

幸いなことに窓が全開になっていて、穴の草を引っ張って自力で車から出たようです。
いつもフラフラすると言っている父が・・・必死だったとは思うけど、電話では落ち着いていました。

もともと狭い道で車の通行が容易ではないところ。
近所の人が、”ここに落ちるのは4台目”と話していたそう。 立札か柵がほしいです。

救急車や野次馬が駆けつける中、事故現場の近所の人がお茶や椅子を運んでくださったのです。
妹は”感激した~”と言っていました。
幸い二人とも無事で怪我もなかったのですが、車は修理に数日かかるので、妹は予定変更したのでした。

とんだ母の誕生日墓参りになりましたが、ものは考えよう。
”お母さんが引き止めたのかも”と私は慰めました。
”きっと、妹にもっと父の側にいてほしかったんだよ”

1泊の予定が3泊になり、車は損傷したけれど人の親切に触れて少しは気分も和らいだかも。
弟も高速バスの切符買い、見送りに奔走してくれたようです。

もうバスに乗ってて、普段は運転に集中している風景をゆったり眺めているかしら。
それとも事故処理で疲れて眠っているかな。

しばらく車がない日々になるけれど、それもチャンスに変えればいいさ・・と思います。
歩いて、歩いてダイエット。 思いがけない効果があるかもね。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お見送り

2011-10-24 13:37:47 | ゆうちゃん・だいちゃん
                        


先月我が家に遊びに来た姪ちゃんが、熊本の実家に帰省し大ちゃんに再会しました。
姪ちゃんは自分の甥にあたる大ちゃんが可愛くて仕方がない様子。
数日一緒に過ごすとお互いに情もわくってもの。

昨日、姪ちゃんは東京に戻ってきましたが、熊本空港でのお見送り写真を見ると切ない。
飛行機を見つめている大ちゃん。

いつも”オーバーゼア!”と空を見上げ飛行機を目で追うのが大すき。
その大きな飛行機がすぐそばにあるのですから、真剣な表情になるのも無理はないです。
”おばちゃんはあの飛行機で行ってしまうのか~”と感傷的になっているわけがない。

でもじっと見つめるその先は?・・・身内ながら可愛いです。

熊本空港はこじんまりしていて、九州の空港では動きやすく好きです。
阿蘇にちなんだ名前、シンボルマスコットの<あそらくん>にタッチしている大ちゃん。

私も大ちゃん達と別れる時は寂しかったけど、見送るほうがもっと切ないかもしれません。
それでもまた会いにいきたいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イクメン講座

2011-10-23 16:59:12 | 子育て支援アドバイザー
今日は、イクメン講座のシッターをしました。

<イクメン>という言葉が普通に聞かれるようになりましたが、こういう講座に
出かけて来るパパさんはまだ少ないかも。
主催者も初めての試みで、父子が集まるか心配してたと話されていました。

今日は7組のパパとお子さんが参加され、子育て講座を楽しみました。
普段は講座と託児は別々の部屋ですが、初日ということで同じ部屋でのイベント。

人見知りする月齢のお子さんも多かったので、まずは泣き声合戦のスタートでした(笑)。
そのうち徐々に知らない人達のいる空気に慣れてきて・・・

講師の方がはらぺこあおむしの話や、絵本の楽しい読み方を教えてくださいました。
大きく真ん中をくり抜いた果物の絵を親子でくぐりぬけるのは、見ていても楽しそう。

最後は手遊び歌。 
歌う、手や体を使う、触れるという親子一緒の遊びは、我が子への愛情も増しますね。

講座を黙って聞くより、親子で動いていろいろ覚えるほうが楽しいし。
でも今日来られたパパ達は、すでに育児に携わっていて子供の扱いに慣れている感じでした。

シッターとサヨナラするころには、赤ちゃんたちも慣れてきて全員笑顔でよかったです。
次回は<イクメンの調理教室>らしい。

”昔もこういう講座があったら、私ももっといい子育てができてたかも~”と主催者の方が
しみじみつぶやかれました。
私は”でも今、こうやって子育ての社会貢献されていて素晴らしいです”と言いました。

子育て中の親御さんも息づまらないよう、こういう講座を利用して楽しんでほしいですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大ちゃんの秋

2011-10-22 10:38:14 | ゆうちゃん・だいちゃん
                          

リンゴが大すきな大ちゃん。
<世界一>を丸かじりしています。 
大きくてボールみたいでもリンゴだと知っているから、かぶりつきたくなりますね。
小さな前歯でどのくらい噛みついたかな。

ススキを持った光景に秋を感じます。
ほんとに大ちゃんはよく帽子をかぶっています。 とても似合うし。

先日の子育て相談現場で”帽子が嫌でかぶってくれない”という話がありました。
帽子って、陽射しを防ぐためかファッションのためにかぶるのか。
日除けならフード付きの服にするか、なるべく木陰を歩くとか。

また可愛いからかぶせたくても、本人が嫌がるなら無理に頭に乗せなくてもいいのでは?
子供だって、うっとうしく感じるのかもしれません。

ちなみに我が家の長男も帽子を嫌がりました。 野球帽みたいなキャップは好きだった。
赤ちゃんの時は、亡き母が編んでくれた毛糸の帽子をかぶせてましたが。

次男はフード付のコートがお気に入りで、いつも自分の手で押さえていました。
小さい片手でフードの隅っこを引っ張って(押さえて)いるのがとても可愛かった。
服にくっついているのに落ちると思ったか、単なる癖だったのか・・・

大ちゃんは帽子を嫌がらず、それも似合うから素敵ですね。
これからもどんな帽子ファッションが見られるか楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お芋堀り

2011-10-21 10:50:27 | 子育て支援アドバイザー
今日はあいにく曇り。
雨が降らなくてよかった。 保育園のお芋掘り遠足なのです。

”雨が降らないといいねぇ”と昨日の夕方、空を眺めていたら男の子が言いました。
”大丈夫だよ。みんなでテルテル坊主を作ってあるから”と。

自信たっぷりな言葉を聞いて、子供って信じられることがあっていいなあと思いました。
みんなの願いが叶ったのか、曇りでも薄日が射しています。
今頃は手作りのお弁当を広げているころか。 

疲れてお昼寝もぐっすりかも。 私は今日、昼寝後に出勤します。
お芋掘り体験をたくさん聞けることでしょう。

自分達で掘ったサツマイモ。 
それぞれの家庭でどんな芋料理が出てくるのでしょうか。

私は芋天が好きで、昔よく揚げていました。
丸いのはもちろんスティック状にしたりして。

そして我が家に遊びに来ていた2歳前の孫ちゃんとつまみぐいをするのが楽しかった。
キッチンで孫と揚げたてのお芋をフーフー言いながら、”美味しいねぇ”とにっこり。

夫にそんな話をすると、”寂しくなるから昔の話しはいいよ”と言います。
今はなかなか孫ちゃんに会えないけど、楽しかった思い出は忘れないでいたい。

さて、保育園の子供たちはお芋堀りでどんな思いでを残すのかしら。
午後、収穫の話を聞くのが楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とっておきの一曲

2011-10-19 13:32:04 | ピアノ
忙しかった先週は、一度もジムへ行けませんでした。
今日やっとリラックス~が出来ました。

マッサージ機に座る前に、雑誌やスポーツ紙を広げたら一人の女性が話しかけました。
前回改めて自己紹介したので顔なじみになりましたが、ジムではめったに会わない人。

他にどこでお会いするかというと、ピアノ発表会なのです。
年に一回か二回。
”ちょっとお話ししていいですか?”と隣の椅子に座られました。

お互いによく知らないけれど、私たちの共通の話題はあります。
それはピ・ア・ノ

今年の曲は良かった~次は何弾いているの? 忘れたくない曲は? など主にピアノに
関してたくさん話しました。

中でも、自分が上手く演奏できた曲、絶対に忘れたくない曲ってあるよねと意見が一致。
彼女の今までに弾いた中で成功し大好きな一曲は、なんと今私が練習している悲愴第二楽章。
いつも難しいダイナミックな大曲を弾く人なので、ちょっと意外でした。

今はショパンに取り組んでいるらしい。
”あなたのお気に入りは?”と聞かれ、う~ん、私のとっておきの一曲は・・と、考えました。

上手く演奏できたことと、好きな曲が一致するとは限らない。 
成功した好きな曲をあえて選ぶならベートーベンの<月光第一楽章>か。 
友人も褒めてくれ、私も納得した演奏でした。 今回また同じ作曲家の悲愴を弾くのです。

今年弾いたショパンのノクターン8番も、<とっておきの一曲>にしてあげたいな。

あらら~ピアノも忙しい。 せっせと練習しないと去っていった一曲になってしまいそう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供の苛立ち

2011-10-18 10:52:07 | 子育て支援アドバイザー
職場の先輩から月曜日と金曜日は特に注意を!と言われます。

園児達の様子がいつもと少し違いますので。
昨日は魔の月曜日。 私が入ったのは1~2歳児クラスでした。

赤ちゃんは泣いて自分の気持ちを伝えるし、話せるようになる3歳以上は反抗もします。
でもまだ言葉が思うように出ない2歳前の子は、結局行動に出ます。
要するに、押し倒す、引っ掻く、噛みつくなどの行為をするのです。

未然に防ぐため、マンツーマンでその子に付くようにしています。
やられる方は、可愛いお顔や手に傷がつくのですから何がなんでも防ぎたい。

そういう保育士の気持ちが、ますます噛みつく側の子供の苛立ちになるようです。
自分のイライラをぶつける矛先がクラス仲間だったのに、どこへ向けたらいいのか・・・

じっくり本を読んだり、一人遊びをしている時はすぐそばで見守っていますが、さすがに
夕方になるとその子の疲れモード全開。

なんとワーワー声をあげながら部屋を歩きまわりました。 まだ歩きがスタスタではないです。
ついにブロックを取ると噛みつき始めました。

なんだかかわいそうになり、抱き上げて”疲れちゃったね~”とハグハグしました。
泣きながら私の肩にもたれてきました。
週末をはさんだ曜日だけでなく噛みつきは見られますが、やはり月曜日はどの子も少々荒れ気味。
この噛みつきは一時的で、上のクラスにあがるころは治まります。

大人だって仕事に行きたくない月曜日。
すごく君の気持ちが解るよ~と心の中でつぶやき、長く抱っこしていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最新の英会話レッスン

2011-10-17 10:46:47 | 国際交流・英会話・英国
英会話レッスンを止めてから半年。 少々焦りが出てきました。
もういいや・・・なんて絶対思わない。 話せないのが寂しいし。

つたない英語でも、外国人とコミニュケーションが取れる楽しさを知っているので
止められない~止められない~♪ ですね。

ほぼ毎日、また学習できるチャンスを作ろうといろいろ調べています。
教室に通うのが一番手っ取り早いけど、なんせ時間がなくて止めたくらいなので。
個人レッスンも考え中で、仕事やイベントがひと段落したら予約したい。

今話題のスカイプ英会話。
友人もこれで学んでいるとかで、刺激を受けました。
私も以前テレビで見たことがあるので、内容はどんなものかは知っていました。

スカイプはダウンロードすれば誰でも利用できるので、結構浸透してきましたね。

スカイプ英会話のメリットは安い! 予約さえできれば時間が有効に使える!
音声のみで見知らぬ外国人と英会話ができるのは魅力的!
月ぎめの定額制や時間制もあります。

どうすっかなあ。 と迷いながらお目当ての教師?を探しているわたし。
なんと便利な世の中か。 
時間がない人、教室まで出かけられない人には活用価値ありかも。

でも、どこかでフェイスtoフェイスのレッスンを願っているのも本音。
顔の表情や身振り手振りで人柄や雰囲気を感じるので、対面式レッスンも捨てがたい。 

両方やれば言うことないけど。 
スカイプや教師のプロフィールを覗いただけでも、今朝はイングリッシュモードでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いっちょまえ

2011-10-16 13:23:38 | ゆうちゃん・だいちゃん
                     

”おっ、これはひいじいじではないか!”

”ふ~ん、ひいじいじは楽しんでいるんだなあ”

と、もし読んでいるのが大人だったら、こんな感じになるのでしょうか。

大ちゃんの方にも同じカラーコピーが送られてきたようで、大ちゃんのこの写真付きで
感想を父にメールしたそう。
その返信には、”大ちゃんの読んでいる恰好が一人前だね”とありました。
”施設で若い人とワイワイやっているのが楽しい。老いらくの恋が芽生えるかも”にはびっくり!
ほんとにダジャレが好きな87歳の父です。

なんか施設でPCを触らせてもらったのか、父の好奇心に火がついたようです。
パソコン機器(簡単なもの)がほしいらしい。
好奇心こそが長生きの秘訣か。 と思うけど一時の気まぐれかもしれないし。
大ちゃんまでもが、自分の祝いコピーを眺めてくれることが父には嬉しいのでしょう。

まさに眺めているという光景。 
くしゃくしゃにしたり破ってもおかしくない年齢ですが、様になっています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気づくこと

2011-10-16 11:55:53 | 子育て支援アドバイザー
昨日は、店内の張り紙を見てわざわざ育児相談に来られたお客様がいました。

買い物に来て授乳やオムツ替えをする合間に、そこにいるおばさん(アドバイザー)に
ちょっと聞いてみようかな・・というのが一般的なのですが。

店員さんが”相談があるとのことでお聞きしてあげてください”とその方を案内してこられました。
一つか二つでなく、話し出したら次々に質問や悩みが出てきました。

周りにママ友や助けてくれる親も近くにいなくて、かなり長く話をしていないのかなと感じました。
自分の子供が”~してくれない””~できない”という言葉が多く聞かれました。

でもよく話してみると、できないどころかママも赤ちゃんもパーフェクトに近い。
実にたくさん話しました。 1歳だけど昼寝をしない、これを食べない、まとわりつくなど・・・
そのたびに具体的にアドバイスしました。

というか、そんな上から目線でなく”○を食べなくても◎を食べている””眠りにはセッティングを”
など、日頃私が見聞きして体験していることを伝えただけ。
保育園の現場がかなり役だっています。

芋系が苦手でも山芋は大好きとか。 同じ芋ではないですか~
眠らなくても、部屋をうす暗くして優しいBGMを流しママも一緒に横になりましょう。
私も時間がない時10分ソファーに寝そべるだけで、気分が変わります。

一つのことが出来なくても、ほかでクリアしている。
よく考えたらお子さんがいろいろなフードを食べている。
今スプーンを持てなくても、いづれ自分で食べたくなりますよ~

~が出来ないことにこだわっていたからか、別の見方があることに気付かれてだんだん笑顔に
なっていきました。
かなり思いつめて疲れていた感じでしたので。

子育てに完璧を求めなくていいのです。 子供だって意思のある人間だし思うようにいかないです。
見方や選択肢を広げていかないと、息づまってしまいますね。

初めての子育てだから不安があるのはよく解ります。
赤ちゃんが笑顔で元気だったら大丈夫!

経験を重ねながら臨機応変に対処できるようになりますよ。
今の私、若いころの悩みなんてどこへやら。 
すぐ気持ちを切り替えられるようになり、あとは”まっ、なるようになるさ”の心境ですから。

でもまだ子育ての渦中にいる親は大変かも。 
話すだけで気分が晴れることもあるので、ぜひ無料相談など活用してすっきりさせてほしいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耳を傾けて

2011-10-15 08:08:56 | 子育て支援アドバイザー
今日は久しぶりに子育てアドバイザーのお仕事に行きます。
何気ない会話で、子育てに奮闘している親御さんの心配事に耳を傾けたい。

人は誰でも自分の愚痴や悩みを聞いてもらいたいですね。
深く話さなくても、ちょっと愚痴をこぼすだけでもすっきりすると思います。

私だってほぼ毎日、吐き出していますから。 我が配偶者の良きところは聞き役。
”それ無くしたら長所が消えるよ~”と私に言われていますから。
なので、聞いてもらう、話すことの心地よさは、私もよく解っています。

保育園で”先生、明日は早番?遅番?”と子供に聞かれます。
または、”小さい子の部屋? 私たちの部屋?”とか。

なにか話したいのか、一緒に遊びたいのかなあと思いながら違うクラスだと伝えると、
少しがっかりした表情をします。
そういえば、その子、集団に入らず、一人で遊んでいることが多い。
迎えに来たママも”あら、今日もおひとり様?”と言っていました。

私が外で一緒にかけっこしたことや、トランプもしたことを話すと安心されていました。
いつも一人ぽっちでないか案じておられたのでしょう。

子供も全員が集団遊びをするわけでないし。 運動会やレクレーションは別ですが。
日常は遊びにも個性が出ます。 一人でじっくり本を読む子、ブロックを黙々とやる子。
そして大人である先生の側に寄ってくる子も必ずいます。

全体を見ながらも、その子の表情やつぶやきに集中すると思わぬ発見をして楽しい。
”そんなことが出来るんだ~すごいね”と褒めると、子供のはち切れるような笑顔。

子供も大人も、みんな自分を認めてもらいたいのですね。
友達がたくさんいようが、ひとりが好きだろうが・・・

今日は自分の口はなるべくチャックをして、相談者の言葉に耳を傾けてきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明るく生きる

2011-10-14 00:19:13 | ファミリー
                    


先月、父が87歳の誕生日を迎え、デイケアセンターでお祝いをしていただきました。
よほど嬉しかったのか、その時の色紙をカラーコピーをして娘達に送ってきました。

父がコピーして送ると言ったのを聞いて、わざわざそんなことしなくても帰省した時に
見せてもらえばいいのに・・・と思っていました。

でも実際、届いた色紙を見たらジーンとしました。
デイケアに行って楽しんでくれていたらいいなあといつも思っていたのですが・・・
スタッフの皆さんからの温かい言葉。 これは父も感激するだろうなあ。

<にこにこ笑顔><明るい><いつまでも元気で>などのメッセージに囲まれた中心に
父がいて、満面の笑みを浮かべています。

スタッフの方が描いたのか、コスモスの淡い色彩から皆さんの優しさを感じます。

昨年夏、母が亡くなってからその後の父が気がかりでした。
配偶者が先に逝くと、かなり気落ちしますから。

私たち子供の支えもあって、父は現実を受け入れながら元気をだそうとしています。
結果、デイケア通いを復活して今はセンターで皆さんとおしゃべりするのが楽しみのようです。

父は時には頑固さも出るけど、皆さんが父のことを明るく元気、素敵な笑顔・・と書いてくださり
嬉しいです。 
<ダンディな><勉強熱心な>という言葉は、ちょっぴり意外で当たってもいるような。

長い人生いろいろあるけど、やはり前向きに明るく生きていかねば・・と改めて感じました。

年が明けたら、身内で米寿祝いパーティを予定しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チョコで旅した気分

2011-10-13 11:07:46 | 友人、仲間達
                   


昨日のランチ会で席に着いた第一声は、仲間の一人が発した言葉。
”アメリカに行ってきました”
と言って、みんなにチョコレートを配りました。

お~ついに彼女はアメリカにも行ったのか・・・誰もが信じました。
そのくらい、昔から彼女は海外旅行に行っていて、もう次はラスべカスか!と思ったので。

あまりにも仲間達の反応が大きかったので、正直者の彼女は慌てて打ち消しました。
”違う違う、コストコに行ってきたのよ~”

なあんだ、でもほんの一瞬、ニューヨークが脳裏に浮かびましたよ。
みんなで大笑いしました。

美味しいチョコレート。 これは結構有名ですね。
リンツのLINDORチョコはスイスのチョコブランドで、コストコの品はアメリカ製だそう。

だからアメリカに行ってきました~なんて言ったのね。
でも実際、彼女は来月、ご夫婦で旅行するようですが。

このチョコとっても美味しいし、粒が大きいので食べごたえがあります。
友人や職場の同僚にコストコの会員がいるので、買ってきてもらおうかな。
それともいっそ会員になるか。

育ちざかりの息子たちがいたころなら、いっぱい買いだめしてきたかも。
現在はくたびれかけた夫婦のみ。 食生活もマンネリ~

豆腐とサンマの暮らしはしばしおさらば。 休日は夫婦でコストコに行こう!!
とか言っちゃって、大きなカートにいっぱい積んで、アメリカスーパーの気分を味わいたいのが本音です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加