子育てアドバイザー/心理カウンセラー グランマ39のページ

認定ベビーシッター/認定子育てアドバイザー/認定1級心理カウンセラー
グランマ39のページにようこそ!

とっさの判断

2017-07-13 17:40:08 | 暮らし
とっさの判断と言っていいのかどうか・・・

今日のお昼、鍋で麺を茹でていて、片手鍋のハンドルにひっかかってしまった。
暑いからぼーっとしてたわけではなく、だいたい私は片手鍋が苦手。
いつも手が当たってしまうから。

使うときは、取っ手が自分の方に来ないよう向こう側に向けます。
今日は油断していた。

手が当たって、”やばい!”と思った瞬間、とっさに離れた。
幸運なことに、床にこぼれた麺は半分だけ~
なぜなら、とっさに離れながらも、鍋が落ちないよう戻していたからです。

お昼の食事は、半分セーフ!
こぼしたものの後始末って泣きたくなりますね。

子育て相談で、子供が離乳食をよくこぼすというママの愚痴を聞きます。
汚れる、掃除・・というイメージがあり、毎日のことですから。

大人の私でさえ失敗します。
食事中に、テーブルの下にぽろっと食べ物を落とすので、向かい側の席の人がしかめ面。
”しょうがないでしょ!きゅうりが生きてるんだから!”
”かなり疲れてるからね、今日は!”などと言い訳します。

食事のマナー、気をつけよう。
外食時は緊張感もあり、お上品にいただいていますが。

というわけで、こぼした麺のおかげで私のランチはみじめ~
先日のギフト、スイートコーンを解凍して食べたので満たされました。

せっせと拭き掃除したときは何ともなかった。
今頃になって指がヒリヒリします。 少しやけどしたのかもしれない。

そのくらいで済んで良かった。 手や足に大やけどしなくて。
私って、とっさの瞬発力があるのかも。

さっと離れ身を守り、ケチな主婦根性で、麺の被害も半分にした。
それが言いたかった。 
しかし、片手鍋、使うときは要注意です。 特に私の場合は。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 功労賞おめでとう! | トップ | 2017梅干し・庭梅④ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

暮らし」カテゴリの最新記事