子育てアドバイザー/心理カウンセラー グランマ39のページ

認定ベビーシッター/認定子育てアドバイザー/認定1級心理カウンセラー
グランマ39のページにようこそ!

元気をもらう日々

2017-03-21 18:26:42 | フィギュアスケート
今日は、一日雨でした。
東京に、全国で一番早く桜が咲いたというニュース。
ああ、もうほんとに春なんだなあと思います。

夫婦とも休みで、私にはマイペースにできない一日。
好きに過ごせば?と言われてもね、出たり入ったりする人がいると落ち着かない。
休日は必ずといっていいほど予約する英会話もなし。

あいにく雨なので、午後はまったり~していました。
ソファーに並んで二人とも無口(笑)。

というのは、夫婦で各自イヤホンして好きな音楽や動画を観ているから。
ほんとに飽きないのか?というほど、夫婦とも観ています。

最近は自他ともに認める羽生選手のフアンの私。
にわかフアンではありません。 2011年から。
ソチ五輪、GP中国杯の衝突事故、病気や怪我からの復活、最高得点保持。 
嬉しいことも辛いことも、忘れられない記憶。

ドラマチックなスケート人生で、最近は大人になったなあと落ち着いた雰囲気。
今も更なる努力で、上を見ている異次元のスケーターです。

毎夜、演技を楽しんでいますが、今日は時間があるので過去の分もチェック。
演技そのものも観るけど、各国の解説が楽しい。

また、各競技前後の羽生選手のコメントも感心します。
最近では、”限界を感じていない、やればできると思っているので”と言う言葉。

考えてきているのでなく、自分が言ったことを有言実行しているからコメントも素直。
すんなり、聞いている側に落ちてきます。

多くの人が演技のみならず、羽生君のコメントに感動していますが、シニア女子の私もです。
限界を感じず、やればできると思う・・・というのは、今の自分にも少しは当てはまるかも。

羽生選手のお言葉におこがましいけど、このコメントに元気をもらっています。
年齢と共に無理は出来ず、自分を労わりつつ仕事や趣味をしていますが、まだやれると思う。

大学の編入も、最初は不安をいだきつつ何とかクリア。
やれば出来た! 脳は使えば使うほど活性化することも解った。
何事もやる前はハラハラドキドキするけど、終わってしまえば達成感が生まれ、次の目標へ。

羽生選手の生き方は、シニア女子の私にも前向きになるパワーをを与えてくれました。
”あら~もともとパワーはあったじゃない?”と言われるけど、だんだん衰えますからね(笑)。

生きているうちにクールなスケーターを知って良かった。
今後の人生にも潤いと元気をもらえそうです。 
引退してもプロになっても、ずっと応援していきます。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見た目より美味しい! | トップ | 共通の話題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む