子育てアドバイザー/心理カウンセラー グランマ39のページ

認定ベビーシッター/認定子育てアドバイザー/認定1級心理カウンセラー
グランマ39のページにようこそ!

優れもの

2017-12-09 21:17:38 | クッキング
今夜の夕食は、ビーフシチューと茶わん蒸しでした。
変な組み合わせ? シチューは残り物だから仕方がない。 
一日目はいい食器で食べたけど、今日は安物の器。 だんだん格下げになっていく。
ほんとは、残り物ほど器をおしゃれにすると目先が変わり、美味しく見えるかも。

師走は忙しい。 手の込んだ料理はしたくないし出来ない。
と、言いながらビーフシチューはめちゃくちゃ上出来だった。

黒毛和牛などの材料が良かったからか。 私の腕ではないな。
でも、煮込みや煮豆などのときは、”美味しくな~れ”と念じながら作ります。
あら~不思議。 手の動きが丁寧になるからか上手に出来ます。

今日のもう一品は、念じる暇もないほど簡単料理でした。
料理と言えるのか? レンジで2分半の早業でしたから。

コストコで買ったレンジでできる茶わん蒸し。
味見して買ったけど、今日初めてやってみた。 めちゃ簡単です。

                    

お湯と卵が一個あればいい。 フリーズドライ製法で、一箱に10個入っています。
1個で二人分と書いてあるけど、たっぷり食べたいから一人1個使いました。

分量のお湯でふやかした中に、溶いた卵を入れてレンジで2分半くらい。
味もいいし、卵を使うから手作りした感じ。 この季節には便利ですね。
コストコにはスーパーにないものがあり、たまに行くと面白い。

茶わん蒸しは、亡き母が得意でした。 家族分、一個づつ作ってくれた。
私達姉妹も、茶わん蒸しはよく作ったと思います。
うちは息子二人なので、普通の茶わん蒸し用でなく、大き目の器で作っていました。

おだしと卵液を混ぜて裏ごしして、なめらかか茶わん蒸しを作っていたけど、今は・・・
レストランで食べるか、又はお正月。 ゆずや三つ葉があるので、作ろうかなという気になる。

便利な時代になった。 手が込んだ料理はしなくなるなあ。
誰が考えるのか。 開発する人たちはすごい。 なんでも簡単にできる。

だからこそ、時々、母のどうってことない手作りものを思い出したりします。
煮豆の時期がやってきた。 お豆さんこそは昔ながらにコトコト煮たいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・まとめ

2017-07-17 10:04:14 | クッキング
毎日の猛暑で頭もぼーっとするこのごろ。
昨日、ついに最後の梅干し作りが終わり、タッパーに保存しました。

梅干しが嫌いなかた、梅干し作りに興味がないかた、梅干しブログ、つまらなかったかも。
しかし、今日が梅干し話題は最後でございます。 

6/10から昨日まで、三種類の梅干しを作りました。
初めての減塩約8%・・・毎年10%でもドキドキなのに。

三個、並べてみた。
左から南高梅大サイズ、我が家の庭梅、グリーンアイ南高梅中サイズ
大きさが違いますね。 大の南高梅、私の口には入りにくい。

                   

夫は自宅の梅が塩気がちょうどよく食べやすいと言います。
塩分は全部8%。たぶん、漬け込む期間にも関係していると思う。

毎年、メモ書きを残し、保存しています。
ブログにも残しているけど、その時がきたら冷蔵庫にメモを貼って参考にしています。
自分が解ればいいので、汚い字でかきなぐり~ ほんとはまあまあ綺麗な字ですが(笑)。

                   

何回か作って考えたこと・・・せっかく減塩にしたのだから塩分が強いもみしその使い方に悩む。
梅の素朴な味を楽しみたいなら、市販のもみしそはしょっぱいのです。
だからと言って、紫蘇の葉を用意するほど余裕はないし。
市販のもみしそはほんとに手軽だけど、塩分がなあ。 悩むところです。

それでも、半年後には、減塩梅と塩気が強いもみしそが馴染んで美味しくなりますが。
来年の梅干しの時期は時間が取れそうなので、しその葉からもみしそを作ってみたい。

やってみて減塩梅干しは可能でした。
塩が少ない分、重しが重要。 梅の二倍というけど、梅酢があがらなければ失敗。
私は2,5倍の重石をしました。 梅酢が上がったら少しづつ様子見で外す。
快晴に最低は二日は干したい。 漬け込んだら冷蔵庫に保管です。

今、夫は毎日庭梅を食べています。 しそが沁みてなくまだらな色でもいいそう。
疲労回復になりますね。 
元々、梅干しは苦手な夫だった。 私が作るようになってから食べられるようになりました。
多忙な私が毎日覗きこんで、愛情かけて梅干しを見守っていたのを知っているので。

なんせ、今年も忙しかった。 それなのに我ながらよく頑張ったと思う。
来年は・・・毎年梅の出来も違うので、また試行錯誤の梅干し作りになることでしょう。
ジップロップでも出来るし、まずは1キロから初めてみませんか。

スーパーで売ってる梅干しの底を見たら、添加物が並んでいる。
自分が作る梅干しは、塩、焼酎、紫蘇のみ。 それと愛情ね!
美味しくな~れと見守る愛。 これが一番大事かも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・南高梅⑦

2017-07-14 11:31:28 | クッキング
今年一番早く漬けた、南高梅の大3キロ。
天干し後、紫蘇を挟み漬け込んだけど、まだ甥ちゃんに送っていません。

紫蘇の色が梅に沁みていないので、冷蔵庫に寝かせているところ。
天干し前や後に、梅酢に紫蘇も入れて梅を漬けると真っ赤に染まります。

色がまだらになることを解っていて、私は梅酢に戻すことをしないやり方。
8%のまま干して紫蘇だけで漬けたい。
ただ市販のもみ紫蘇は塩分が強いので、漬け込んだ最初は塩辛く感じます。

せっかくの減塩梅干しなので、ほんとは塩分の強いもみ紫蘇を使わず、白梅のままがいいのか。
夫は東京生まれなので、白梅でも問題なし。むしろ、紫蘇漬けより好みます。
私は田舎育ちなので、赤い梅干しです。

一年かけて梅干しを食べ終わる頃、紫蘇だけが残ります。
最初は塩辛かった紫蘇が美味しくなってきて、私は紫蘇だけでもお弁当に入れていました。

現在、甥ちゃん梅は、時々タッパーをひっくり返して紫蘇をなじませています。
最初に漬けたころより色がついてきました。

                    

いいあんばいになってきた。 味見したいけど一個が大きくて・・・
庭梅はパクパク食べられるけど、こちらはデパートに卸すようないい梅らしい。

                    

あと少しです。 
完成を待っている甥ちゃんたち、もう少しお待ちくださいませ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・第三弾中玉編②

2017-07-14 11:14:08 | クッキング
今日は、最後の梅、グリーンアイの南高梅中玉を干すことにしました。
この中玉が一番最後に漬けたので、やっと干せます。

やはり1か月は待ってられない。
晴天が続くのでチャンス。 
明日は仕事なので窓越しに置いて、明後日もう一度干すか。

この南高梅は、中玉だから早く漬かったと思います。
初めてグリーンアイの梅を買ったけど、なかなか品質がいいし扱いやすい。
梅酢から梅を出しました。 やっと太陽が浴びられるね。

一日二回、タッパーの空気抜きをし、梅酢が綺麗かチェックしていた。
”ああ綺麗!成功の予感~”と毎日、胸をなでおろしていました。

                   

箸でつまむと、ほどよい柔らかさでいい感じ。
毎年買おうと思っている大きな平ザル、今回も見送ったので代用のザルを数個。
干せればいいからオッケー。 ただ、一個の間隔を空けたいけど数が多くて厳しい~

                   

外から写真を撮るとこんな感じ。 梅酢も太陽にあてます。
風でザルが飛ばないようダンベルを置いています。

                   

やっと今、梅に太陽が当たり始めています。
今日は一日在宅なので、最後の天干しを眺めながら至福の時を過ごしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・庭梅④

2017-07-14 10:51:31 | クッキング
今年は多忙な中、梅干し作りを3回やりました。

1回目・・大阪の甥ちゃん(独身)から依頼された、大きな南高梅3キロ分。
2回目・・庭梅約2キロ分。大きさは南高梅に似てる。大中さまざま。
3回目・・グリーンアイの南高梅中玉4キロ分。

全部、塩分は8%。 毎年10%です。 
初めての10%以下。 毎日ドキドキ~でした。 
3種類、タイトルを分けてアップしています。

種類や産地が違う梅を一度に漬けず、ずらしていたのでラッキーでした。
容器やザル、チェックの頻度などで。

庭梅は10日しか梅酢に漬けず、干したのも一日半くらい。
自分ち用で買った梅ではないので気楽でした。

お弁当に持って行ったら、なんということでしょう。
手抜き梅干しなのに、めちゃ美味しい!

夜も夫に一個、食べさせています。
もうできたの?と聞かれたけど、完成ではないが食べられるということで。

                    

基本は、梅雨明けまで一か月くらい梅酢に漬けこむ、その後、晴天日に3日ほど干す。
なのですが、私は自分のスケジュールと週間予報を見て合間にやりました。
一か月も待ってられん~

特に、庭梅はテキトーに漬けたわりにはいい出来。
たぶん、梅酢に長く漬けてない、塩分の強い紫蘇になじむ前に食べてみたから。
そういう理由で、しょっぱさを感じなくて済んだのかも。

時間が経つとともに、紫蘇と梅がいいあんばいになって更に美味しくなります。
色も真っ赤でなく自然な色。 大小混じり手作り感でいっぱいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・南高梅⑥

2017-07-05 19:04:02 | クッキング
梅雨の晴れ間をぬって干した、甥ちゃんから頼まれている南高梅。
いよいよ、紫蘇づけにしました。 

8%の塩漬けにしてからほぼ一か月。

粒が大きいから、梅雨明けまで漬けておき、からっとした晴天に干したかった。
だけど、塩分が10%以下なのでカビが心配でした。
毎日チェックして、愛しい子を見守る感じ。

いい天気が三日間続けば干し時ですが、なかなか晴れ間が続きません。
そんな天候の中、甥ちゃん梅はラッキーなことに太陽が当てられた。

私はせっかく干した梅を、梅酢に戻すやりかたはしません。
もみ紫蘇と梅を交互に置いて、漬けるやり方。
時々、容器をさかさまにして紫蘇液をなじませていきます。

                    

まだ梅は白っぽいですね。 白梅も美味しい。 合計3キロ分。
甥ちゃんから送ってきたのが早かったので、自宅の分とずらして漬けることができた。

お~い、甥ちゃん、お待たせ! やっと漬けましたよ~
でも、あと二か月は寝かせないとなあ。
今も食べようと思えば食べられるけど、梅と紫蘇のしょっぱさがきついかも。

時間をおいた梅干しは、塩気の角が取れてまろやかになります。
減塩なので、冷蔵庫に入れてあります。 

この猛暑に食べさせたい気もするけどなあ。
さて、どうするか? 今送ったら、美味しくなる前に無くなってしまいそう~

あとから漬けた南高梅中梅は、今月20日ごろ天日干しかな。
忙しい合間によくやる私よ。自画自賛。 どの梅も手をかけて作りました。
来年は、もっと、もっと丁寧に作りたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・庭梅③

2017-07-05 18:54:46 | クッキング
甥ちゃん梅を干したついでに、庭梅の方も太陽に当てました。
ほんとは庭梅を干すのは早かったのですが、あとに4キロの中梅が控えているので。

そして今日、紫蘇と交互に挟んで出来上がり!
減塩なので、冷蔵庫に保管して、紫蘇が染みるようにタッパーをそっと返します。

まだ食べられないと思う。 味見はできますが。

                   

まあ庭梅は、管理してる夫の梅干しということで、そこそこの気合。
でも美味しいですよ。 なんてたって無添加。

明日から連ちゃん仕事。 日曜出勤もあります。
まだなじんでないけど、お弁当に梅干し、入れたいなあ。

手作りの梅干しを入れるだけで、質素なランチも幸せ~になります。
止められなくなった梅干し作り。 毎年、出来が微妙ですが失敗なしです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・南高梅⑤

2017-07-02 17:25:20 | クッキング
今日から天気が良さそうなので、甥ちゃんの南高梅を干すことにしました。
漬けてからちょうど3週間。 ほんとは完全な梅雨明け後がいいけど。

最近は世界的に天候がおかしいです。 梅雨らしくないときもあって。
昨年も一か月待たずに紫蘇づけをしました。
それでもとても美味しくできたし。

それに、私はスケジュールいっぱい。 合間の晴天を有効に使いたい。
一個づつ消毒した箸でつまんで、ザルに並べました。
いい感じに柔らかく、弾力もあります。 とにかく一個が大きい!
一粒100円で売れるかも~

ザルも焼酎で消毒。 
毎年、大きな平ザルを買いたいと思うけど、あるもので間に合わせています。

                   

大2つ、小2つ。 ちらっと見える深めのザルの梅は庭梅の方。
庭梅はいまいちの出来上がりなので、ついでに干しました。
こっちはカリカリ梅になるかも。 買ったものでないから気合もそこそこ~

リサイタルに行ってる二時間は、念のため部屋の中に入れて窓越しに天日。
まだ梅雨明け宣言がないから、突然の雨にも用心。
今はさんさんと太陽が当たっています。

これであと二日干したら、いよいよ紫蘇と交互に挟んで漬け込みます。
私は梅酢に戻さないやりかた。 真っ赤でない、ほんのり赤い梅干しが好き。
漬けたらしばらく冷蔵庫に保管です。 減塩なので。

やっと甥ちゃん梅の容器が空いたので、南高梅中の方を米びつ容器から移し替えた。
透明容器の方が様子が見えて安心。 

もう今日から干しだしたので、あとは中サイズの南高梅4キロのみの管理となりました。
ちゃんと梅酢に浸かって、こちらの梅の方もいい状態です。

8%の塩分でいまのところ成功! 最後まで気を抜かず見守ろう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・第三弾中玉編①

2017-06-27 16:17:40 | クッキング
6/10に、甥ちゃんから送ってきた大きな南高梅を漬けました。
あれから17日経過。 エキスも澄んでていい状態です。

6/21に仕込んだ庭梅の方も、同じく綺麗な梅酢のまま。
結構、大きいほうだと思います。

さて、今日は第三弾、三回目の仕込みです。
どんだけ~梅干しが好きなの~?と聞かれそう。
私を梅干しばあさんにさせてしまった同級生を恨みます(笑)。
いやいや、大きな感謝です。 自家製の喜びを教えてもらったから。
彼女がうちの庭梅を見て、梅干し作りを勧めてくれたから、毎年食べられるのです。

梅干というのは、もらうものと思ってた。
しかし、叔母が送ってくれる梅干しは綺麗でこだわったものでしたが塩分が強かった。
昔はほとんどが18~20パーセント。 塩辛くて・・・

せっかく自分で作るからギリギリ減塩にしたい。
毎年10% 今年は三回とも8%です。

もうこの時期、梅も終わりになっています。
スーパーの人が、置いたらすぐ売れると言っていました。
最後の駆け込み組か。 いっぱい並んでいた時に買うべきだった。
安心して、そのうちに・・と思っていると、あっという間に在庫が無くなります。

私も昨日、三か所周り4キロゲット。
初めて中玉サイズを買ってみた。 子供や年寄りには食べやすいかもしれません。

                   

和歌山産南高梅の中玉サイズ、とても綺麗で中には大き目も梅も混じっていた。
イオンのグリーンアイの梅を買ったのも初めて。
出回っていたときは買いやすい値段だった。 今は少なくなったからか値上がり。

これは1キロ800円くらい。 大玉なら1000円くらいします。
生産者が解り、安全な栽培のグリーンアイは少し高め? たいして違わないのかな。

お店の人が言うには、グリーンアイの梅でないとダメと言って、お客がわざわざ買いに来るそう。
うちの庭梅も安心。 ということで、昨日は4キロも購入。

グリーンアイ、作った日を書き込むシールも付いています。

                    

こうやって水でそっと洗うとき、幸せな気持ちがスタート。
4キロ、意外と多い。

                    

これだけの梅を一個づつ、黒いへたを取っていくのです。
傷つけないよう優しく。

                    

今回も塩分8%ですので、きっちり計りました。 320グラム。
焼酎と塩にくぐらせ、容器に並べていく。 途中で塩をまぶす。 またまた<彩葉>登場。
下に硬めの梅を置いて、熟れかけている梅を上にするので、分けてあります。

                    

漬ける容器は、タッパーの米びつ。 これも昔、母からもらったもの。
甥ちゃん梅と庭梅で使い、大きな容器がもうないので。

よく洗って焼酎で消毒してあります。 中にビニールを二枚、重ねました。
重石は梅の二倍なので8キロ。 4キロの漬物石と2ℓのペットボトル2本。
減塩なので、梅酢が上がりやすくなるよう、500ミリも1本追加。様子見で外していきます。

                    

これから注意深く見守ります。 
甥ちゃん梅3キロ、庭梅2キロ、中玉梅4キロ。 全部で9キロ漬けたことになる。

今年は3回、漬け込んだけど、分けてやるのもいい方法と思いました。
全部一度に漬けたら、梅酢があがらなかったりカビたりと不安になりそう。

分けて漬けたら、容器を入れ替えたり、天日干しのときもザルを交互に使えるし。
それにしても、毎年、取れる梅、手に入る梅が違うので漬け方も変わり面白い。

毎年、記録していますが、見直すと赤で、梅が無くならないうちに買う!と書いてある。
遅れをとるな!と(笑)。

反省が活かされていませんなあ。 天候による不作の年もありますので。
でも、梅干し作り、ちっとも苦になりません。

むしろ楽しいくらい。 まだ庭の梅が残ってそう。
夫に取ってもらい、梅ジュース(リンゴ酢で)を作ってみたい。

この前、アイスショーで羽生君が(出た!)”楽しくていい梅雨でした”と言っていた。
私も、梅雨も悪くないと思えます。
一年中食べられる自家製梅干しを作る幸せ感。 この時期ならではの作業ですからね。

甥ちゃん梅、来月の晴天の日にいよいよ干すぞ~
次に庭梅ちゃん。 今日のグリーンアイ中玉が太陽を浴びるのは来月中旬以降かな。
わくわく~ 味見しながらのひっくり返し、更なる幸せです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・庭梅②

2017-06-22 21:55:30 | クッキング
昨日漬けた庭梅のエキスが上がってきました。
梅が少ないからか、梅酢の上りが早い。 
甥ちゃんの南高梅は三日目に上まで上がったけど。

梅酢が上がれば成功したのも同じ。 後はカビないよう注意です。

                   

これは今朝の写真で、今は漬物石を外して、ペットボトル一本乗せています。
明日はお皿一枚のみにするつもり。
甥ちゃんの南高梅と、うちの庭梅が並んでキッチンで休眠中です。

10日の仕込みずれがあるので、干すのもずらすかも。
晴天次第ですね。 

第三弾はいっぱい漬けたい。
一個づつの下処理は面倒ですが、美味しい梅干しの完成を目指して楽しんでやることにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・庭梅①

2017-06-21 13:49:04 | クッキング
今日は雨。 
朝は降ってなかったので、夫が庭の梅を一部もいでしまった。
取ってしまうと、私が忙しくなります。

10日前に仕込んだ、甥ちゃんの南高梅は静かにお休み中。
毎日チェックして、タッパーの空気抜きをしてるけど、透明な液体でカビの気配全くなし。
早く梅雨明けの晴天が待ち遠しい。 これからが梅雨本番ですが。

庭の梅はまだ成っているようです。
雨が降ってきたので、夫は途中で取るのを止めました。 

今年は店頭にもたくさん並んでいるので豊作かも。
とりあえず、今日取った分は梅干しにして、あとは梅ジュースにでもするつもり。

今日の庭梅約2キロ。 

                  

大小まちまち。 青い物もあれば熟した黄色い物も交じっている。
二つに分けてジップロップで漬けることも考えたけど、面倒なのはおなじです。

一緒に漬けました。 庭梅で家用なら失敗してもオッケー。
いや、オッケーでないな。 もったいない。 
それに私、梅干は今まで失敗したことがありません。

塩分控えめということで、甥ちゃん梅と同じく8%。
もっと減塩で5~6パーセントも考えたけど、勇気がなかった。

家庭用は13パーセント~と言われています。 失敗するから。
でも私は、毎年10%でやってるけど、成功してとても美味しかった。

8%だって勇気が要るから慎重にやります。
庭梅は汚れているので、丁寧に洗いました。 

一粒づつ焼酎にくぐらせ、塩をまぶします。 容器に梅と塩を交互に置いていく。
最後に100ccの焼酎をふりかけた。 
前回は<川辺> 今回はなんと、<彩葉>でっせ~ 香りがいいです。
超期待するなあ。 贅沢な梅干し。

                  

重石は4キロの漬物石。 容器も重石も全部焼酎で拭きます。
今回は梅の量が少ないので、ペットボトルは不要。

                  

昨年は7キロ漬けたけど、こうやって日にちをずらし分けて漬けるのもありかなと思った。
大きな容器で一度に漬けると、梅酢があがるかハラハラするし、分けたら管理がしやすいかな。

第三弾は来週にでも。 
庭梅はもう落ちたり、サイズもまちまちなのでジュース用。

お店の南高梅が安くなってるといいな。 あと4~5キロは漬けたいです。
そんなに誰が食べるか? もちろん、わたしで~す。 
一日1個、365個は要るな。 毎日はともかく暑い日、疲れた日に梅干しはお勧めです。
やはり塩分は抑えた方がいいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・南高梅④

2017-06-12 21:18:09 | クッキング
夕方、帰宅後一番最初にしたことは、お梅さんのチェック!
なんということでしょう。 梅酢が上まで上がっていました。
なので、2リットルと500ミリのペットボトルは外しました。
もっと上がるために、お皿と4キロの重石はそのままに。

                  

これで容器のふたができます。
タッパーは空気抜きが出来るので、ほんとに便利。

昔、母が買ってくれた高いタッパー。 何年経っても役に立ち助かっています。
梅干し作りをしなければ、大きなタッパーは邪魔だったかも。

たるやかめはカビが出来るようで苦手。
この大きなタッパーがあるから、梅干し仕込みが成功していると言えます。

あとは、時々空気抜きをしてカビのチェックすればオッケー。
そして梅雨明けまでの一か月ほど、お梅ちゃん、容器の中でお眠りいただきます。

昨年は、梅も紫蘇も見当たらなかった。 不作でしたね。
今年は、スーパーでも結構並んでいます。

第二弾、やろうかな。 紫蘇なしのほんとの減塩梅干し。
ジップロップで何袋かやるのもありか。 容器は要らないし。
うちの庭梅は、来週にでもとりかかります。

梅ジュースにしてもいいし。 梅はなんにでも加工できますね。
ただ梅酒だけは飲まない。 何年か前の梅酒が残っています。
甘いお酒はダメ。 球磨焼酎が一番美味しかですもんね~

この南高梅梅干しも、<川辺>を入れたから贅沢。
梅酢が上がって成功の予感。

大阪の甥ちゃん、ここまで成功だよ~
梅が立派だった、焼酎・川辺があった、おばちゃんが愛情込めて見守った。
芝の研究者の甥ちゃん、外に出ることが多いから夏バテしないよう、梅干を食べさせたい。
私も早く味見をしたい~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・南高梅③

2017-06-11 20:13:36 | クッキング
甥ちゃんの梅、今日で二日目。
昨夜5センチほどだった梅酢が、今日は梅の三分の二まで上がってきました。

                  

下に塩が沈むので、重しのペットボトルを外して容器を揺すりました。
今年は、塩分を8%に下げたので、重しで調整するしかないのです。
梅の二倍の重石なので6キロですが、今朝、更に500mlのペットボトルを乗せました。

塩分が低い分、エキスの上がり方が緩やかです。
昨年は完熟した梅だったので、一日で梅酢があがり、梅もつぶれるくらいでした。
今回は梅もしっかりしたまま。
注意深く見守ります。 完全に梅が浸かるまで油断できない。

それにしても大きな梅です。 
梅干でなく桃酒か?
梅干は健康にいい。 毎日一個食べれば元気回復。
しかし、この大きさなら一個で一週間は元気が持続しそうです。

甥ちゃん、梅干しが好きなのであっという間に無くなりそう。
食べ過ぎは良くない。 かえって塩分の取り過ぎになります。

明日は仕事なので、朝と夕方しかチェックできない。
私の帰宅を静かに待ってておくれ~

ともあれ、梅酢が上がってくれてやれやれです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・南高梅②

2017-06-10 14:27:45 | クッキング
今日は、甥ちゃんの梅が全体的に同じ色合いになったので作業開始です。
まずは、きちんと計ることが大事。
毎年漬け込むので、正確なデータは取っておきたい。 翌年の参考にします。

着いた日は約3キロ近くありました。
一つづつ洗いながらチェックすると、傷んでいる梅があってその分減りました。
なんせ、梅が大粒なので3~4個減っただけで重さが変わります。
綺麗な色で、梅と言うより小桃ちゃん。 甘い香り。

                   

計ったら約2900グラムちょっと。
今回は8%にするので、あらじおは240グラム。
消毒用にまわしかける焼酎150グラム。

その他にも、容器や重石にも焼酎をかけるか、含ませたもので拭きます。
<川辺>をふりかけるなんて、なんと贅沢な!

                   

綺麗に並べて塩や焼酎をかけたら、お皿を置いて4キロの漬物石を乗せた。
皿も重石も焼酎で拭いています。ゴミや空気が入らないよう容器周りをラップで覆う。
その上に2ℓのペットボトル1本置きました。 重石は梅の二倍だからこれで6キロ。

                   

キッチンのブラインドを下ろし、暗室、暗めの場所を作る。
他に置く場所がないから工夫するしかありません。 袋をかぶせておく。
見た目は不格好でも、第一段階としてはこのようになります。

                   

梅干用のカメがあるといいですが、無い人は段ボールにビニール袋をセットするのもあり。
うちは昔、母からもらった大きなタッパー容器があるので重宝しています。
梅干し作りは、空気をやたら入れないようにするので、空気抜きができるタッパーは便利です。

初日さえがんばれば、あと2~3日で梅酢(酢ではない、梅のエキス)が上がってきます。
そうしたら一か月後の天干しまでお休み~ 
ああ休めないのだった、庭の梅の分も仕込まなくっちゃ。 今年も成功しますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017梅干し・南高梅①

2017-06-09 12:13:31 | クッキング
さっき、甥ちゃんから立派な南高梅が送ってきました。
知人から分けてもらったという、大きな梅、約3キロあります。

                   

昨年、自家製の梅をあげたら美味しかったようです。
私が作るのは塩分10%、今年は8%にトライしてみようかと。
しかし、自分ちの梅干しならいいけど、リクエストされた梅干し作りはプレッシャーですな。
3Lサイズの梅となると、失敗は許されません。
今まで失敗はなく、毎年美味しい梅干しが出来ています。

若い独身の甥ちゃんが、おばちゃんに梅干しを依頼するなんて恐縮でございます。
だいたい黄色みがあるけど、中に青い梅も混じっていたので、取り分けて部屋で一日熟成。

今夜は都内で飲み会があるので、容器などの準備だけしておこう。
もみしそや粗塩は買ってあります。 ホワイトリカーの代わりに球磨焼酎を使う。
贅沢な梅干し。 ワクワクと緊張感を持った日々が始まる。

甥ちゃんは、梅を送ればすぐできてすぐ食べられると思ったらしい(笑)。
1個づつ楊枝で処理し、焼酎にくぐらせて塩と交互に漬けこみます。
梅酢が上がってくればほぼ成功

常に梅が浸かっている状態で梅雨明けまでひたすら待ちます。
時々カビのチェック。

一か月後、晴天に三日干し、毎回梅を裏返します。
これが一番好きな作業。 少しシワっぽくなった白梅を味見できる。

干し終わったら、もみしそと梅を交互に容器に入れて保存。
減塩なので冷蔵庫に保管です。

まずは甥ちゃんの分を作り、我が家の分は来週、新潟アイスショーから帰ってからですね。
とにかくこの時期は忙しい。 夫にも、うちの梅はまだ収穫しないでと言っています。
取ったらすぐ取りかからないといけないし。

庭の梅が第二弾。 収穫が少なかったら南高梅を購入して第三弾か。
昨年は合計7キロ漬けました。 身内に配ってあとは家族で食べてちょうど良かったかも。

無添加の自家製を食べる幸福感を想像しながら、今年も梅干し作りに精を出します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加