悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

東北旅行に出かけます

2014-10-29 04:43:57 | Weblog
 今日から西志津おやじの会で2泊3日の東北旅行に出かけます。平泉で中尊寺、金色堂、毛越寺などを拝観して藤原文化に触れてきます。また3年半を過ぎた東北大震災の復興応援として気仙沼、南三陸、石巻と、時間があれば復興計画が進んでいる女川も訪ねます。

 タブレットは持って行きますので、Wi-Fiの環境が整っているホテルだったら現地から投稿できるのですが調べていません。とりあえず3日間のお休みをいただきます。寒くはなりましたが天気は良さそうです。

 集合場所と時間、泊まるホテル、それに3日目に焼き牡蠣の食べ放題昼食を決めているだけで、他のスケジュールは走りながら決める車2台で男だけ11名の気楽な旅です。

 3年連続の東北旅行に行ってきます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

畔田谷津

2014-10-28 20:07:25 | Weblog


 風はやや強いのですが、紅葉の進む南公園で体操をするにはちょうど良い気候です。ストレッチと球技で軽い汗をかくステイヤングの活動でした。

 1時間の活動を終えてから近くの畔田谷津へミニハイキングを行いました。ユーカリが丘の南公園から歩いて30分ほどの距離ですが、上手繰川を中心に周囲を森に囲まれた素晴らしいところでした。

 ボランティアでホタルの養育をしている話は聞いていましたが、9.4haもの広さがあることは知りませんでした。佐倉西部自然公園(仮称)の構想の下に畔田谷津ワークショップを立ち上げ、市と市民との協働で月に2回の活動をしているそうです。

 昭和の終わりごろに田んぼは耕作されなくなり、生き物が減り、人も入れないような荒れ地になっていたそうです。畔田谷津ワークショップでは、「古く懐かしい里山の自然を保全・再生し生き物と人とが共存できる里山を維持していきます。佐倉のふるさとの自然として、畔田谷津を次世代に繋いでいく」と言っています。

 祭りが終わって見頃は過ぎましたがコスモスの花摘みができます。長持ちはしないでしょうが女性は畑の中を歩き周っていました。このコスモス畑は3~4反ほどの広さでいくつもが点在しています。このミニハイキングが雨で2週間遅れてしまったのが残念でした。

 ユーカリが丘地区は都市機能も充実しつつありますが、他都市に住む友人が羨むのは緑豊かな自然に囲まれた、環境の素晴らしさではないかと思います。

 しづの里もすぐ近くです。休日ですが帰りに寄り手作りの建物の外観を見てもらい、そばを育て今は菜の花が芽を出している周りの畑を説明しました。もちろん、そばの産土は忘れずにPRしました。 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恥ずかしい"思い込み"

2014-10-27 20:33:17 | Weblog
 高齢者になると多くなると言われる"思い込み"の話です。しづの里・産土でそば打ちをしているときに、暖かいそばを提供するという話が聞こえました。今でもお客様の希望によってはもりそばのそばを温めて出しています。

 そば汁は冷たいのですが暖かいそばの後にそば湯を出すので、身体が温まると喜ばれる方がいます。そばと汁を暖かくしてトッピングなしではかけそばです。立ち食いそばでも暖かいそばには何かトッピングをのせるのではないでしょうか。

 かけそばでは何か物足りませんし、大体かけそばを入れる器もありません。ところが思い違いだったことがすぐに分かりました。賄いで試食をするからと言われてかけそばを作ったのです。器は発砲スチロール製でした。

 来月の15日に行う収穫祭で出すためのかけそばだったのです。美味しいし油揚げやわかめ、天かすなどのトッピングも用意するとのことなので喜んで貰えるでしょう。話を聞いて理解しました。それにしても暖かいそばと聞いて、販売用と決めつけてしまうのですから情けない話です。

 そのそばもしづの里の畑で作ったものです。約10Kgあるそうですが皮を取るなど石うすで挽くと半分くらいになるでしょう(しづの里で作業します)。それでも28そばで75人分になります。収穫祭は会員と普段手伝ってくれているボランテイアの方が対象ですからちょうど良い量です。

 地産地消のそばなら暖かい方が良いのではないでしょうか。もりそばだと安曇野産との違いが大きすぎるような気がします。でも自家製そばが楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電気パン作り

2014-10-26 19:26:34 | Weblog
 志津公民館が主催して行っている佐倉っ子塾事業の「子ども理科実験教室」で『電気パンを作ろう』の実習があり、西志津おやじの会が講師を担当した。今年の春には昨年好評だったアイスクリームを作る理科教室を行っているので、子ども対象の講師は3回目になる。

 アイスクリームの時には募集した20名を超える参加だったが、パンには関心が薄いのか7名の少ない参加だった。パンケーキと牛乳で作るのでパンというよりもお菓子に近い感じだが、作り方はいたって簡単で、牛乳パックに材料とステンレスの板を入れて通電するだけ。

 先月の月例会で試作をしたときに、コンセットをつないだままほぼ出来上がったパンに触ってピリッと感電したので、電気の扱いには気をつけた。子どもの数が少ないので西志津おやじのメンバーがマンツーマンで付いて一緒に作ったので、全員きれいな形のパンが出来た。

 講師役は6人だったが皆優しいのが難で、すべてを子どもたちにさせて欲しいのだが手を出してしまう。失敗しても良い、いや失敗した方が考えるチャンスができて良いと思うのだが任せられない。もちろん感電事故は怖いのでスイッチのオン、オフは講師が担当した。

 アイスクリームは持ち帰れなかったが今日はほとんどの子が半分を自分で食べ、残りを家に持ち帰った。ステンレスの板と鰐口コードがあれば家でも簡単にできる。ただステンレス板を持ち帰る子どもはいなかった。残念。

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいCafeの開店

2014-10-25 20:27:19 | Weblog



 ちょっとした打ち合わせをするのに便利だった「スザンナの日記」が移転して不便だったが、その後に「Honu Cafe」が開店した。「スザンナの日記」で話し合うときはできるだけ午後4時ごろにしてもらい、コーヒーの代わりにハイボールを飲んだ。

 新しい店は20日に開店した。経営者が若いので友人関係だと思うのだが、開店日は乳幼児を連れたお母さんたちがいっぱいだったのでまだ行っていない。ハワイに同名の店があるそうでハンバーガー、パンケーキ、それにDonburi」メニューが3種類ある。

 飲み物のコナビール(680円)というのはハワイからの輸入品だろうか?私は初めて聞いたがアサヒの熟鮮ビールが580円、ハイボールが420円。看板のメニューにハンバーガーが1000円、パンケーキが1100~1300なので高いのではないかと思った。

 店の前で看板を見ていたら食事を終えて出てきた若いお母さんが、ハンバーガーは大きいですよと手でマックの倍くらいの大きさを示して教えてくれた。ローマ字表示のどんぶりはタコライスしか分からないのだが、ロコモコはハンバーグ、ポキ丼はマグロ(だったと思うのだが)だという。

 「Honu Cafe」にもハイボールがあり、家から3分で行ける店なので利用価値がある。早く店内の雰囲気や味を知って、PRしてあげたい。地元の店として繁盛して欲しいので―。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防犯功労者

2014-10-24 19:07:39 | Weblog
 強い雨でしかも寒かった一昨日のことです。登校してきた6年生がそれぞれ「防犯功労賞、おめでとうございます」と言います。中には3人連れで来て「せ~のう」と声を合わせて一緒に言ってくれました。

 子どもたちが知るはずのないことなので先生から聞いたのでしょう。卒業まであと6か月になると登校時間が遅くなったり、おはようの挨拶が聞こえないような小声になったりする児童がいます。

 その児童も含めてお祝いの言葉をかけられたのですから驚きました。さくら防犯パトロールネットワークの事務局長として受賞したもので、スクールガードの実績ではないのですが、ともあれお祝いも言葉を貰えると嬉しいものです。

 昨夜はあるグループの飲み会でお祝いに花を頂きました。受賞したことをブログに書いたのですから知られるのは当然なのですが、余計な気を使わせてしまいました。それでも地元の警察や防犯組合ではなく副知事も出席した式典だったので、それなりの重みがあるのだろうかと改めて感じています。

 ついでの紹介で申し訳ないのですが、県との関わりではホームページに私の記事が載っているのです。千葉県男女共同参画センターの広報紙「eパートナーちば」16号の表紙に写真が、それと5ページにリタイヤした後地域活動を始めたきっかけと、今後の目標が書いてあります。

 たまたま県庁のホームページに掲載されていることを知りましたのでご紹介します。時間がありましたら一度覘いてみてください。


http://www.pref.chiba.lg.jp/kyousei/contents/jouhoushi/vol16.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自転車保険

2014-10-23 21:52:58 | Weblog
 私が自転車保険に入ろうと思っても年齢制限があるため、民間の自転車保険に入れないことは前に書きました。保険会社によって加入上限年齢は違いますが70歳を超えたらまず難しいでしょう。最近の新聞によると兵庫県が自転車保険の義務化を決めるようです。

 購入時に義務付けるのですが、加入しなくても罰則はないというのは気になります。しかし高齢者でも加入できるようにして、ぜひ全国の都府県に広げて欲しいものです。昨年は全国で歩行者と自転車の事故が2605件あり、その中には小学生の乗った自転車が高齢者とぶつかって死亡させ、9500万円の補償をして例もあります。

 隣の酒々井町で下校途中の高校生が自転車で、高齢者を死亡させた事故もありました。四つ角の出会いがしら事故だったようですが、私も自転車同士でひやりとしたことがあります。無謀運転出なくても事故の危険性はあるのです。

 スピードを出していなくても高齢者や子どもと接触すれば怪我や、悪くすると転んで頭を打って亡くなることもあります。1億円近い補償を求められたら、保険に入っていなければほとんどの人は払えないではないでしょうか?

 ユーカリが丘は中央通りの歩道が自転車通行可になっていますので、小学生の登下校中にも自転車との危険な場面があります。ほとんどの人は子どもたちを驚かさないようにゆっくりと走ってくれるのですが、ベルを鳴らして走り抜けようとする人もいます。

 自転車通行可の歩道でもあくまでも歩行者が優先であることを知らないのでしょう。保険に入っているから少々の怪我をさせても自分の腹は痛まない、などという考えが出てくると困るのですが、万一を考えれば保険は必要です。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地区別防犯情報連絡会

2014-10-22 19:05:13 | Weblog
 さくら防犯パトロールネットワークの志津・ユーカリが丘地域防犯情報連絡会がコミュニティセンターで行われ、19団体23名と過去最多の団体が出席した。各団体からの活動報告で共通した悩みとして出されたのは、会員の高齢化と空き家の増加だった。

 高齢化率では46%という地区もある。ただそれを考えていても仕方がないので健康管理を徹底して、できることを務めるという前向きな意見もある。私も同感だが、長年同じメンバーで固まって活動しているので新しい人が参加しにくいのではないか、という意見もあった。

 警察の認知件数の説明で志津・ユーカリが丘地区はひったくりや自動車盗、侵入盗は減少しているが、自転車の盗難は15%ほど増えているという。昨日の安全マップ作りの時にチェックしたのだが、駐輪場に施錠のない自転車があった。(写真)

 また振り込め詐欺は16件と昨年比7件も増えている。特徴は被害者の男性比率が30%と高くなっていることだという。何で男性が引っかかるのだろうと思うが、男性の場合は詐欺にあったと分かっても人に言えないから、届けない人がいるのではないだろうか?だとすればもっと率が高くなる。

 防犯カメラの設置要請や自治会で取り付けたいが市で補助してもらえないか、という要望があった。防犯カメラを付けるならぜひスーパーの駐輪場にも取り付けて欲しい。


まだ新しいのに無施錠の自転車

素晴らしいツーロックの自転車

韓国との違い。ちゃんと注意している。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安全マップ作り

2014-10-21 19:12:35 | Weblog
 小竹小学校4年生が「総合的な学習の時間」で「安全マップを作ろう」の授業があり、防犯、防災面の危険個所を実際に歩いてチャックすることになりました。5年生は53名いるので12グループに分かれましたが、それぞれ自宅近くを担当しました。

 私は4丁目(駅前の高層マンション地区)を担当したマンションに住む6人の児童と一緒に歩きました。写真は児童の目で見た危険個所と良い点です。児童の目で写真を撮ったり、街の人のインタビューもしたのです。インタビューも「時間を頂けますか」から「ありがとうございました」まで礼儀正しくしっかりと対応しました。

 現地にいたのは90分ほどですが、事前の学習をしっかりとしていて危険な場所をリストアップしていました。時々小雨のあいにくの天気でしたが熱心に見て歩くので感心しました。今日集めた資料を整理し、11月7日に全校児童の前で発表します。

 私たちスクールガードも招待されていますので、どんな発表になるのか楽しみです。



出発前に先生から注意事項の説明です

ベランダの鉢です。風で飛ばされない?

空ケースですがビル風でも大丈夫?

グラグラしているので強風が心配です

台風の時は片付けてくれるのでしょうか?

しっかりと結び付けられていました

頼りになる防犯カメラです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防犯キャンペーン

2014-10-20 18:36:29 | Weblog

移動交番も参加して配布前の説明

ベイシア前でチラシの配布

自転車にカバーの取り付け

 地域安全運動旬間に伴う佐倉警察署の防犯キャンペーンは佐倉市、八街市、酒々井町の3か所で行うが、今日はベイシア佐倉店が会場だった。近隣の防犯団体から25名、それに市役所、警察、そして防犯ネットワークからの参加を含めた34名で、スーパーへの来店客にチラシを配った。

 チラシは振り込め詐欺や空き巣、忍び込みなどに注意を促すものだったが、さらに自転車で来店する人に前かごのカバーを渡した。渡しても中々取り付けてくれないので本人の了解を得て私たちが取り付けてあげた。

 駐輪場の自転車は約20台ほどだったがすべて鍵がかかっていた。ユーカリが丘で盗難にあう自転車には無施錠ということもあるので、その点は素晴らしい。ただ鍵を2個取り付けているのは電動自転車も含めてゼロだった。

 すでにカバーやロープをつけている自転車は20%程度しかない。キャンペーンで無料で取り付けますというと、みんな喜んでくれる。ひったくり被害にあうと金品を取られるだけではなく、倒されて怪我をする危険のあることを話しながら取り付けた。

 私たちの青色灯パトロールカーでは、「自転車を無施錠で盗まれるのは自己責任」とアナウンスしている。カバーかロープバックをひったくり犯罪を減らし、ツーロックで自転車盗難をゼロにしたい。
 
 19日に行った八街市では防犯団体から約50名が参加したというが、この熱心さが12年連続で犯罪発生件数を減少させている大きな要因なのだろう。自転車盗難が無くなれば犯罪の発生数は半減するのだが―。

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加