悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

雨の中の灯油給油

2008-03-31 20:58:02 | Weblog
 暖かい日が続いたので今年の灯油購入は終了、と思っていたらこの寒さ。いつもも購入しているセルフ販売のガソリンスタンドで一缶分買った。今日は寒さに加えて強い雨。法律のおかしなところにいじめられた。

 灯油の給油機はガソリンとは別の敷地の一角にある。しかし屋根がついていない。これは販売業者のサービスが悪いのではなく、消防法で屋根をつけることは禁止されているそうだ。ガソリンの給油機の上には屋根がついているのだから火災の心配ではないだろう。

 どんな理由からかは分からないが、素人考えでは法律を作るときに、灯油をセルフで販売することは考えていなかっただけではないかと思う。もしそうなら利用者の利便性を考えて法律を改正をするか、行政得意の省令をもって屋根が取り付けられるようにしてほしい。大雨なら缶の中に灯油と一緒に雨水が入ってしまう。

 大体、ガソリンのセルフサービスを始めるときにも火災の危険があると言って反対があり、議論の末法の改正を行ってスタートしたはず。スタンドの業界と関連のある友人も、1台2千万円もする給油機の投資をしなければならないし、法律が厳しすぎるのでセルフスタンドは普及しないだろうと言っていた。それ可能になり台数が増えたので、給油機の価格も安くなったのであろう。今では周辺のガソリンスタンドはほとんどがセルフだ。

 雨の中、傘を差していても濡れてしまった給油の恨みが、消防法に向いていく。法律にはこんなことが多いと思うが、小泉元総理の改革でサービス業の改革は進んできた。たとえば理容店の作業着や料金の自由化など数え切れない。改革などと大げさなことではなくてもよい、消費者の立場に立った改正を積み上げてほしい。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐倉マラソン

2008-03-30 19:55:21 | Weblog
           尚子、裕子ロードを走るランナー 

 正式名は佐倉朝日健康マラソン。フルマラソンの場外観察係を担当した。昨年と違い、帰りしか通らない地点なので興味は半減。やはり忙しくても車との折衝が難しくても、せめて往復で通るところが良い。(昨年はフルマラソンの往復に加え、10キロマラソンも通過した地点だった)

 今日は復路の担当地点から500メートルほど離れた交差点に往路の応援に行き、声援を送った。「頑張って!。頑張ってください」と声をかけると笑顔になる人や手を振っていく人たちがいる。ステイヤングの斉藤コーチが3時間のペースメーカーで走っていたが、3時間半、4時間、5時間のペースメーカーもニッポンランナースのランニング部の人たちが担当した。

 ペースメーカーが時間通りに走ることが出来るのは、その時間以上で走ることの出来る実力を持っていなければならないはず。それだけに余裕を持っているように見えた。

 伴走を伴ったランナーに感動した。一人は目の見えない方、もう一人は肝臓移植をした人だった。肝臓移植をしている人は、ほぼ満開の印旛沼湖畔の桜を横目に気持ちよく走ってきたのだろう。満面の笑みで手を振って走っている。背中に「慶応義塾大学病院の先生ありがとう」というゼッケンをつけていた。いずれも4時間半でゴールできる順位で通過していった。立派、としか言いようがない。

 花冷えで前日より8度の低い気温の寒い一日だった。天気は何とか持ってくれたが日差しはなし。東風が強い。昨日は暖かすぎたが8度以上下がっているらしい。私の服装も予報を聞いてセーター、ブルゾンを着て、その上に指定のユニホームであるオレンジ色のジャンパーを着ているのだが、すべて春物にしてしまった。とにかく寒いので雨降り用に準備していた合羽の上下を来た。それでも寒かったがこれ以上はどうしようもない。震えながら旗を振ってきた。

 今日の順位は行政のホームページ掲載は時間が掛かるので、明日の朝日新聞千葉版が一番早い。

 救いは制限時間内にゴールできるかどうか、と思うクラスの人たちから「立っているのは寒いでしょう。走っていても寒いのだから」と、走りながら慰めの言葉を贈ってくれること。
我々は「頑張ってください。まもなく35キロ地点です。給水所もありますよ―」と声をかけるのだが、この寒さで冷たい飲み物に手が出たかどうか?」

 何人が落伍したかは分からないのだが、全員が通過したとすれば4,500人のランナー。42キロを走る男女のランナーを尊敬しつつ、制限時間を30分ほど過ぎた2時過ぎに、最終車が回ってきたので紅白の旗を返して車に。暖房をつけて帰ってきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花見会

2008-03-29 22:11:27 | Weblog
 
 先陣を切っておやじの食事学同好会の花見会だった。暖かく快晴に恵まれたので招待した独居老人も大勢集まってくれた。老人たちは同じコミュニティセンターのホールで、社会福祉協議会が主催する「お話フェスティバル」で笑い楽しんだ後の参加だった。

 フェスティバルでは人形劇や大型絵本、語り、それに地域の子供たちが主役の落語会などのプログラムだった。私は調理を抜け出して小竹小学校の4年生有志が演じた落語を聞いた。「はつてんじん」「えんぎかつぎ」という2題、二人の掛け合いで話が進むスタイル。おかしな大阪弁だったが元気な演技で会場を沸かせていた。

 おや食のレシピは9品と盛りだくさん。けんちん汁、いなり寿し、春巻き、焼きそば、しろ玉ぜんざい、それに名物の手打ちうどん。フルーツもあった。
人気があったのは焼きそば、早くから調理が出来ていたこともあり、ほとんどの人が手に取っていた。他には春巻き、けんちん汁、いなり寿しも人気があったが、出来上がったのが11時半の開始から30分ぐらいたっていたのでお腹が一杯になってしまった人もいるようだった。

 私はけんちん汁の担当だった。関わる人が多いので豆腐の水切りとサトイモを包丁で切っただけしかできない。100人分の食材だったが水を余分に入れたので150人分くらいになってしまった。

 来年の花見会は我々1班がレシピ当番となる。今日の反省点は、品目が多すぎることだ。量がそれぞれ100人分、150人分と多いので使う調理の用具が重なってしまうし、ガス台も取り合いの状態。もう少し作る料理と使うなべ類の大きさや量、ガス台使用の程度を考えたレシピにしないとまずい。今日も料理によっては提供する時間が大幅に遅れてしまった。

 それにして桜は8分咲き、天気は最高と、恵まれた花見会だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログの大先輩

2008-03-28 20:11:02 | Weblog
 2001年から毎日ブログを続けているのだから立派というよりも、それだけで尊敬してしまう。エッセイの会のAさん。エッセイも読みやすい文章で楽しませてくれるが、ブログも私の文章とはまるっきり違い短いセンテンスにまとめてあるので読み易い。しかも誤字や入力間違いもゼロ。

 ブログ本来の日記風なので、ここまでプライバシーを出して大丈夫だろうかと思うときもある。もちろんご本人はそんなことを先刻承知のこと。それだけに参考になることが多い。

 近くにご自分の両親が住んでおられるのだが、お母さんは施設に入っている。そのお母さんを訪ねたときの会話も面白いのだが、今はお父さんとの物語が多い。運転に不安を感じるようになったお父さんに、事故をしてからでは遅いからと自動車運転免許証を返納させたり、高齢者を狙った悪質なセールス対策で法定後見制度を申請したりと早めの対応をしている。

 簡単にいきそうなことでも本人の確認を取られたりして手間取ることがある。お父さんの立場になれば、警察官に「免許書は必要なくなったのですね。返したらもう取れませんよ」と聞かれたら、親子の間では了解していたことでも「いいえ」と答えたいだろう。そんな顛末が細かく書かれている。

 何よりも素晴らしいのは我々からみたら介護で大変だなあ、と思うのだが、ご本人はいたって明るい。つい愚痴りたいこともあるだろうに、と思うのだが―。

 誰でも長生きはしたい。でも介護されることを考えると体が不自由になってまだ生きていたいとは思わない。でもこんな娘を持ったご両親は幸せだ。お父さん、お母さんは身体が不自由になっても、安心して長生きできるだろう

 エッセイの会の会場予約や会食の時の場所取りは彼女の専売。気持ちよく引き受けてくれるのだ。そんな性格がプラスしているのかも分からない。私にはすでに両親はいないけれど、こんな生き方が出来たらなあ―と思う。

 一度訪ねてみてください。
  http://suk2.tok2.com/user/wiste/?y=2007&m=08&d=07&all=0
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そばつゆ

2008-03-27 21:00:10 | Weblog
 出張で上京してきた息子が泊まりに来た。そば好きなのでそばを1キロ打って夕食に食べさせた。ビールの好きな息子、私は芋焼酎のお湯割り。テレビで東京ドームの大リーグ戦を見たり、小学校の卒業式と入学式の雰囲気がまるっきり違うことなど話も弾み、少し飲みすぎた。

 そばは打つのはもちろん、茹でるのも汁を作るのも私の担当である。いささか飲みすぎてご機嫌になってから、茹でる作業を始めた。茹でるのは特にこだわりがあり、40秒をきっちりと測っている。さすがにこの作業は大丈夫だったが、先に食べ始めた息子と家内が、汁がおかしい、という。

 汁の量を測るのに養命酒に付いている小さなカップを使う。何を考えていたのか、いや何も考えていなかったからか、何とそば汁ではなく養命酒でそばつゆを作ってしまった。ご丁寧に2倍に割っている。これでは甘いし調味料とは思えない微妙な味だろう。良く吐き出さなかったものだ。家族関係が悪かったら「農薬?」と間違われたかも分からない。

 慌てて作り変えたが、いつもよりつながりの長いそばで少々鼻を高くしていたが、最初の躓きがあってか、褒め言葉は少なかった。

 そして今朝、息子はお腹の調子が悪いと言う。自分でも言っているのだが、それは食べすぎ。一人で400グラム近くを食べた。そば屋のざるそばだったら3人分くらいだから―。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルペスが出現

2008-03-26 22:43:35 | Weblog
 ほぼ2年ぶりのへルペス出現だ。鼻のすぐ下で決まって左側に出来る口唇ヘルペス。発疹の小さなブツブツが出来て、あ、来たなと思ったらもうどうしようもない。ブツブツが段々大きくなる。そしてつぶれて瘡蓋になる。瘡蓋が取れるまで約1ヶ月、痛みはないが鬱陶しい。

 花粉症の注射を打ちに医者に行き、待っている間に通りかかったベテランの看護師さん(60歳以上と見る)に発疹を見せると、治療をしても効果がないから自然に任せたほうが良いという。その看護師さんも同じようなヘルペスを抱えているそうだ。

 おかしいなと持ったらいつも軟膏を塗るのだが、薬箱の薬は古くなり、使用期限を6年も過ぎている。それほど発症しても使う量は少ない。今回は薬を貰うのもやめた。

 ブツブツがで始めたときに先手を打って、と思って早めに塗ってみても結果は同じ。看護師さんの言うとおりのことを繰り返してきた。どうしてもというなら抗生物質があるけど―と言われるが、使っても効果のないところに抗生物質は使いたくない。「結構です」と断る。

 治ったあともウイルスは皮膚に潜伏していて、発熱、胃腸障害、疲労、精神的ストレス、日光照射などがきっかけになって現れるといわれる。今回はなぜだろう?ストレス、疲労ということはないし発熱もない。分からないところがこの症状の特徴か。

 ウイルスの種類には単純ヘルペス、帯状ヘルペスがあり、単純ヘルペスが多いのが口唇ヘルペスと陰部ヘルペス、帯状疱疹と関係がある耳ヘルペス、角膜ヘルペス、ヘルペス脳炎などがあるそうという。

 顔を洗いにくい、髭が剃りにくいなど不便なこともあるが、仕方がない、しばらくヘルペスと仲良くしていく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆうかり」6号の最終校正

2008-03-25 21:48:30 | Weblog
 皆が集まって行った校正会で修正した二次校正原稿を会員に送った。校正の見落としがあると困るので、自分の作品について二校をしてもらう。ただ個人別に部分分けするのは手間が掛かるので全頁のものを送る。

 すると案内が行き届いていないため、他人の原稿も校正してくる人がいる。それはそれなりに親切で結構なことなのだが、この修正は難しい。送り仮名が落ちているとか句読点が間違っているというくらいは良いのだが、字句を修正されると作者本人の意向を聞かずに直すことは出来ない。

 作者の個性で言葉には想い入れがある。漢字をひらがなにといわれても、そうですかと、受けることは出来ない。二次校正ではよほどのことでない限りそのような校正は受け付けないことにしている。どうしてもという場合には、作者と話してもらしかない。

 今回から版組みを替えた。従来の10ポイントの活字を9.5ポイントに落とした。その結果、前号よりも掲載作品が2作品増えたが、行数と一行の文字数が増えて2ぺージ短縮することができた。世の中高齢化社会で新聞や文庫本の活字が大きくなっているときに時代逆行の感もあるが、読みやすさはあまり変わらないと言う大きな声の意見が通った。

 ウインドーズの問題点もある。54ページをメール添付で送るのだが、ページがずれてしまうソフト?がある。98でワード2000だと行数が増えて55ページになってしまうらしい。原因は分からない。新たにページ設定をしてもらって、それでも直らないときは印刷担当者を代わってもらうしかない。それにしても「なぜだろう?」と思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スクールガードの失敗

2008-03-24 21:05:50 | Weblog
 それでも傘を差さない子どもいるのだが2時過ぎの下校時にはきつい雨が降っていた。通学路で下水道の工事をしているところがあったので、ここで立ち番の見守りをすることにした。

 修了式なので全校一斉下校だが集団下校ではない。各学年ごとに下校してくるのだが、いつものように高学年から先に帰ってくる。最後になった1年生も流れが途絶えたので、これで全校終了と思って最後尾について高層マンションに向かって歩く。

 マンションが近くに見えるようになった。傘で遊びながら一番後ろを歩く女児2人に「最後なんだから遊んでないで早く歩きなさい」というと、「最後じゃないも~ん、2組さんはまだ帰ってきていないよ」という。

 そう言えば1年生が少ないように感じたし、枝道まで送る2丁目の4人組も見なかった。慌てて学校に向かって戻った。500メートルぐらい戻ったところで大幅に遅れて帰ってきた2組の児童に出会う。

 いつもは遅れても2~3分の差で下校を始める。なぜ遅れたのかは分からないが1組分の児童(25名)を忘れてくるとは情けない。言い訳をするなら、児童が2本とか3本持って帰る置き傘のことを話しかけたり、工事中迂回路が狭くなって数学年が一緒に混じって通ったことに気を取られていた、ということもある。それにしても不覚。

 遅れた2組の児童たちも集団下校とは違うのんびりとした態度で、スニーカーなのに雨で出来た水溜りに入って遊びながら帰っていった。口には出せなかったが忘れてきたことを詫びて、一段と強くなった雨の中を一緒に歩いた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン教室

2008-03-23 20:06:42 | Weblog
 日曜日の2時から3時間、自治会の集会場でホームページの作り方を教えてもらう教室。といっても生徒は広報委員会の私と現役のTさんの2人だけ。先生は3人でマンツーマン以上に恵まれている。恵まれているのはよいのだがいずれもホームページの作成には詳しい専門家。プロといっても良いくらい。それだけに船頭多くして・・・が無きにしも非ず。

 ソフトは無料でダウンロードするものもあるようだが、私はパソコンに入れてあるホームページ・ビルダーバーション8で教えてもらう。現在はバージョンも11まで来ているらしいが、先生は基本的には代わっていないので十分に使える、と言われる。

 早速、学習用に用意されている予備のホームページをダンロードして、修正作業を学んだ。手順を頭ではとても覚えられないのでメモを取るのだが、進み方が早くて追いつくのが大変。下手な字がさらに乱暴な文字になっているので、自分で書いた字が読めるかどうか心配だ。

 プログラム名は英語が多いのでパソコンの知識とともに難題だと思っていたが、よく読むとローマ字名もある。これなら大丈夫。私の担当は「まちを守る会」の部分。防犯委員会に加え今年から防災委員会もスタートする。忙しそうだがパソコンの勉強になる。

 関連していろいろなことを教えてもらえる。便利だからと勧められた画像処理の無料ソフトJtrimもダウンロードした。主任教授(敬意を表して決めた私だけのお名前)は週に2回、シルバー人材センターで、有料の教室を持っているから教え方が上手だ。こちらも実力以上に見てもらおうと緊張する。

 とりあえずは家に帰って復習したが、教室と同じように何とかダウンロードして修正することはできた。次回は実際に新規に写真や文字、表などの材料を使ったページを作る予定。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花粉症

2008-03-22 22:37:55 | Weblog
 毎年花粉症の症状はでるが鼻水程度で、それもさほどきつくはなかった。ただ短時間でも鼻水が続くと鬱陶しいので、今年は医師の勧めもあり2月中旬から薬を飲んでいた。軽い薬と聞いていたが、昨日までは花粉で苦しむ人に同情する余裕があった。私の症状は全然現れなかったのだから―。

 今年はうまいこといったわい、と思ったとたん、今日は鼻水が止まらなくなってしまった。畑で小松菜とほうれん草の種を蒔いていたら急に鼻水が出始めた。今までとは違い症状がきつく、ティッシュで拭くくらいでは追いつかない。ちょうど持っていたハーフタオルを使って何とかしのぐ。

 畑用の手袋は泥だらけなので、タオルを使うときにはそのたびに外さなければならない。ラジオで高校野球の開会式と第1戦の中継を聞いていたが、マスクもしていたので鼻を拭くたびにイヤホーンがはずれてしまう。

 ちょうど薬を貰いに医院に行くときだったので医師に症状を話した。すると注射を勧められる。5日おきに1本ずつ5日間続ける注射があり、これは体質を改善するので、今打てば来年シーズンは打たなくても効果があると思う、といわれる。

 躊躇したが花粉症対策は長期戦なので注射をしてもらうことにした。筋肉注射だった。看護師の話では、今日は朝から症状のきつい患者さんが多いから、花粉量が多いらしい。速攻性はないのですぐに効果は現れないが、5本を打ち終わったときに吉と出るかどうか。楽しみだ。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加