悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

個人情報

2017-05-17 19:02:04 | Weblog
 総会資料を差し込みの宛名印刷でラベルにして郵送しているのですが、集中力、注意力が低下しているために、パソコンの住所録に間違えた入力をすることがあります。丁目は正しくても番地が一つ違うと差し戻されてきます。

 それも鈴木さん、佐藤さんのように同じ姓の方が多い場合は分かるのですが、例えば小網宛の場合は同じ町内に同じ姓の方がいないので、ちょっと調べてくれればわかるのにな~と愚痴を言いたくなります。

 外国からの航空便の場合は「千葉県ユーカリが丘2丁目」でも届けてくれます。その苦労は大変だと感謝するのですが、国内郵便では厳しく扱われます。そんな泣き言を言いながらも個人情報という観点からは、この処理が正しいのかも分からないと考えるのです。

 親切に正しい住所を調べてあげて届けても、文句を言われることがあるかも分かりません。個人情報は大事だと思いますが、私には理解できないことにも個人情報うんぬんを言う人たちがいます。

 佐倉市では自治会、町内会などが防犯カメラを設置する場合に、補助金を出してもらえる制度がスタートしました。防犯カメラについては最近の犯罪者検挙などに大きな力となっているので、防犯の素晴らしい補助機能だと思っています。

 ところが実際にどのように導入するのかを考えると、いろいろな意見があって簡単にはまとめられません。どこに設置するの?その場合個人情報の問題はないの?管理はどうするの?などの課題があります。

 まちを守る会でもテーマとして取り上げましたが、問題点が多すぎるのでしばらくは他の自治会や防犯組織の対応を見ようということになりました。私も駐輪場や駐車場に取り付けることは賛成ですが、高い費用をかけて道路につけるのはどうだろうと、考えてしまいます。

 ただ私は個人情報とか肖像権などを心配してではありません。費用対効果があるのだろうか?です。消極的なのかなと思いながら―。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たまて箱 | トップ | 空振りの雷雨 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む