悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

悔しい「忍び込み」事件の発生

2017-04-25 19:28:27 | Weblog
 残念ながら先週の月曜日に2丁目で忍び込み事件が3件発生してしまいました。同じ日に1丁目でも1件入られていますので、この夜は合計4件です。忍び込み犯は空き巣と違って家に人がいるときに侵入しますので、家人が目を覚まして顔を合わせてしまうと、傷害事件や殺人事件になる可能性がある怖い侵入犯罪です。

 今回は午前2時から6時半までの間に侵入されているのですが、朝まで気が付かずに怪我はありませんでした。それにしてもここ数年、町内の犯罪は自転車盗と車上ねらいだけでした。それも鍵のかけ忘れによるものだったので、対策の取りようがありました。

 この犯人はリビングや居間のガラスを焼き切って侵入したとのことなので、手の打ちようがありません。とりあえずは雨戸のついているところはしっかりと施錠をする、家の周りに照明をつける、プライバシーとは相反しますが家の中が外から見えるようにしておくこと、などでしょう。

 雨戸も外から閉める人がいます。家に入ってから鍵を掛ければよいのですが、それをしていないと言います。下見をする犯罪者はそれを見ているかも分からないのです。これから暑くなると窓を開けたまま寝る人もいますが、補助キーを使って人が入れないようにしなければならないのです。

 週に4回行っている防犯パトロールですが真夜中までは回れません。今回の事件とは関係ないのですが、今月初めに忍び込みの犯人が逮捕されています。やはり警察を頼りにしなければなりません。

 自治会の掲示板を使って町内に情報を流し、注意を喚起しました。

 *東北旅行の続きは明日投稿します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1年生と3年生の交通安全教室 | トップ | "復興計画"の難しさ »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事