悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

ミニ防災訓練の準備

2017-06-28 19:25:42 | Weblog

ミニ防災訓練前に公園の草刈りです。終わってしばらくは手がしびれました。

 2日の日曜日は自治会とまちを守る会のミニ防災訓練です。参加者にテントや簡易トイレを設置、備蓄品の消費期限確認、また私たちの自治会は小竹小学校を避難所と決めているので、団体で移動する訓練などの役割分担をしてもらいます。

 秋の防災訓練ではアルファー米を昼食として使用するのですが、ミニ防災は餅つきを行います。ミニ防災訓練は”ご近助力”を深めることも大きな目的なので、子どもたちを含めて参加し、楽しんでくれれば良いと考えているのです。

 地震規模の想定は10月にコミュニティセンターで行う防災訓練と避難所体験学習の時だけにします。それも従来は震度5強として考えていましたが、先日講習を受けた習志野市ではマグニチュード7.3と、熊本地震と同じ規模で想定しています。

 それも断層地震で長さが30㎞、幅が15㎞、深さが5㎞としているのです。震源断層は習志野市の中心を通り、北西から南西の伸びると考えているので、佐倉市西部の一部が含まれます。

 マグニチュードと震度の関係は、マグニチュードが小さくても震源に近いと震度は大きくなりますし、逆にマグニチュードが大でも距離が離れていれば震度は小さくなります。マグニチュード7.3は熊本地震を参考にしているのです。

 確かに熊本地震は被害が大きいのですが、飛び地的に限定的でした(だと思うのです)。千葉に断層はないと考えていたのですが、もっと調べてみなければなりません。住民の方々に危機感を持ち続けてもらえるか、そして避難所ではなく、自宅で避難(在宅避難)できる備えをしてもらえるかが自治会の課題です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スイカロードレース | トップ | 朝顔 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む