悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

小学校の地区児童会

2016-12-20 19:44:49 | Weblog
 小竹小学校の地区児童会は10地区に分かれて、1年生から6年生までの縦割りで行われました。自治会の区分では7つですが、人数の多い1丁目や4丁目のマンションはさらに細かく分けています。児童会は6年生がリーダーになって進めました。

 私は4年生が発表する安全マップの現場確認に同行した1丁目のA班の教室に行きましたが、1丁目のスクールガードさんとかち合ったので譲り、2丁目の児童が集まっている教室に参加しました。

 6年生が名簿に基づいて全員の点呼をとりましたが、学童保育に行く1年生が2名いません。6年生が他の教室に探しに行って連れてきました。2丁目の児童が集まる教室が分からなかったのでしょう。

 集団下校する前ですから出発前の人数確認は大事です。それを6年生がしっかりと確認していました。児童が学校にいるときの地震では、震度5以上の場合は保護者が迎えに来て引き渡すことになりますが、5未満の時は集団下校です。自宅に帰っても家族が留守で家に入れないときの対応についても話がありました。

 そして4年生が学習した安全マップをもとに、町内の危険個所を悦明しました。今日の下校時に全員で現場を確認するそうです。今日のスクールガードの当番は1丁目なので私たちは下校時の同行はしませんでしたが、4年生が現場を見ながらなぜ危ないのかを話すことになっているので、地図や写真と違って1年生でも理解し易いでしょう。

 私たちスクールガードが参加して行う集団下校は初めてですが、高齢者や身体が不自由な方の避難には5年生、6年生の力も大きな戦力になります。学校内の避難訓練や地域の防災訓練も活用して、災害時にはスムースな対応ができるようにしておきたいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メールソフト | トップ | 2017宝船 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事