悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

そばの種まき

2017-08-05 19:28:53 | Weblog

そばの種蒔き

レースのような緑のカーテン

育たないゴーヤ
 
種のないゴーヤ

 今年もしづの里農場でそばの種を蒔きました。18人が朝の7時から作業をはじめたので、天気も曇り空で応援してくれました。事前に農業部門の人たちが畝を作ってくれたので、400坪の広さですが人海戦術によって30分で終了しました。

 昨年は種を厚蒔きしすぎて混みすぎたこと、種に土をかぶせすぎたことが原因で収穫が減ってしまったと農業部門のNさんが言います。その反省から、今年はひと畝に蒔く量を計って決めました。

 最初はどうしても蒔きすぎて畝の途中で種が足りなくなってしまったのですが、すぐに慣れます。二畝からは、ほぼぴったりと蒔けるようになりました。天候に恵まれれば10月には昨年の倍、玄そばで75kg、そば粉で50kg.の収穫を見込んでいます。

 まだお客様に食べていただくほどの量ではないので、新そばを味わえるのはボランティアの人たちが参加する新そば祭りと、賄い食だけです。佐倉のおそばも美味しいので将来はもっと作づけを増やして、お客さんに対しての新そば祭りができると良いと思います。

 ただ、そばは土地にも環境にも強いので大丈夫だと思うのですが、今年は雨が極端に少ないためか、私の畑ではモロヘイヤに虫が異常発生して、葉が食われるだけではなくフンまみれになってしまいました。モロヘイヤが虫に食われるなど今まではなかったのです。

 また我が家のゴーヤは葉の育ちが悪くカーテンとしての役目のも期待外れでしたが、実はつくものの育ちません。上手に作っている人もいますから気候だけが原因ではなく、苗の選び方、水の与え方などにも問題はあるのでしょう。

 野菜つくりは難しいから楽しいとも言えるのです。課題を抱えています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 交通安全推進隊の研修会 | トップ | ネット販売 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事