悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

電話de詐欺撲滅キャンペーン

2017-06-15 19:20:11 | Weblog
 昨年に比べて犯罪が増えているからか、佐倉警察署が防犯キャンペーンに積極的な取り組みをしています。今日は年金支給日なのでイオンタウンのATM機前と、東館入り口での電話de詐欺撲滅キャンペーンでした。

 チラシとティッシュ、メモ帳、絆創膏セットを配り、詐欺に気を付けるよう呼びかけました。ある男性はチラシを受け取りながら「私は大丈夫だよ」と言う。「年齢には関係なく被害者のほとんどが、私は詐欺には絶対引っかからないと思っている人なんですよ」と答えました。

 詐欺の内容も巧妙になりデパートの店員を名乗り、クレジットカードを他人に使われていると言ってきて、カードの番号や暗証番号を聞き出すという手口です。知られてしまうと通販等で換金性のある商品の買い物をされてしまうのでしょう。

 電話を掛けてくる犯罪者はプロです。他人と話をする機会が少ない人は、優しい電話が掛かってきたら乗せられてしまうでしょう。電話を受けた人は話をしながら息子なり孫なりの情報をどんどん出してしまうのです。犯罪者はそれを上手に絡ませて話をしてくるそうです。

 それでも啓蒙活動の成果でおかしいと感じる人が、警察に電話してくることが増えたそうです。警察は騙されたふり作戦をするのですがそこはプロ、犯罪者は異常に気が付いてしまうと言います。

 追いかけごっこなのです。佐倉警察署管内の特殊詐欺被害は5月末現在で26件、1,900万円のもなります。金は掛かりますが録音機能付きの電話機(詐欺防止のために録音するという音声付)に替えるとか、固定電話をやめて携帯電話に替えてしまうことぐらいしか被害を防ぐ方法はないように思います。(携帯電話に掛かってきて被害を受けた人はいないそうです)

 今日のキャンペーンにはユーカリが丘、志津地区の自主防犯団体から約50名の方が参加してくれました。何とか被害がゼロの成果を出したいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒い朝 | トップ | ボケ防止の勉強 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事