悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

空振りの雷雨

2017-05-18 20:03:29 | Weblog

収穫間近な玉ねぎ、左は大根

きゅうりとナス

ジャガイモの花

落花生(オオマサリ)2本は間引きして1本立ちにする 

 公民館で7月に行う子ども理科実験「アイスクリームを作ろう」の打ち合わせを終えて帰えるときは空が真っ黒。雷雨の予報もあったので急いで帰宅、しかし勝手ながら雨を期待する気持ちもあった。

 九州では天岩戸神社と霧島神社で強い雨に降られた。神社は樹木が茂っているので上からの雨はあまりきつく感じなかったが足元が悪く、ズボンと靴が濡れてしまった。今の畑にはそんな雨が欲しい。

 まだ2時なので児童の下校時間ではないし、短時間で上がる雷雨なら子どもたちに不安は与えない。先週の土曜日から5日間、畑に水を撒いていないので一雨欲しい。しかし雷が数回鳴っただけで雨は空振りだった。

 雷雲も消えてしまったので夕方水撒きに出かけると、土はカラカラに乾いている。きゅうりとナスにはたっぷりとかけた。野菜も育つのだから当然だが、雑草も元気に伸びているので草取りに時間を掛けた。しばらくは草との追いかけごっこだ。

 雑草取りは辛いのだが畑の先住民だと思うようにしているし、何よりも抜き取った後がきれいになるので気持ちよい。帰る時間を決めていてももう少しもう少しと、つい時間が伸びてしまうのも草取りだ。

 キュウリやナスは驚くほど元気に育っていたが、大根は育ちすぎて花が咲き葉も硬くなってしまった。間引きが遅れたためだと思う。玉ねぎとジャガイモも順調に育っているので、間もなく収穫できる。

 モロヘイヤとオクラの苗を準備してあるのだが移植する場所がない。落花生のオオマサリに場所を使いすぎたようだ。反省。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 個人情報 | トップ | 元気付老人ホーム構想 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む