悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

栄枯盛衰

2017-06-13 19:30:20 | Weblog
 

 ちょっと古い話になるのですが先月末で2丁目の「花小路」が閉店しました。油で揚げないかりんとう製品がメーンでしたが、我が家ではかりんとう饅頭を買っていました。3月の佐倉健康マラソンの時にはこの饅頭と、家でいれたコーヒーを車の中で飲みながら、仲間のスタッフとスタートを待ったものです。

 かりんとう饅頭は皮が硬くて歯が立たないという人もいますが、花小路の饅頭は皮も硬くないので食べやすかったのです。買っていたとはいっても月に一度程度ですから売り上げに貢献はしていません。

 どんな理由かは分かりませんが、私の知っている花小路は谷中ぎんざにもほぼ同じ規模の店があります。ユーカリが丘店だけの閉店だったら残念です。クリーニング店の閉店も数店ありました。クリーニングは安い価格の過当競争だと思います。

 美容室も店舗が多くよくやっていけるなと思うのですが、それでもまだ新規開店がありますから需要が増えているのでしょう。高齢者でもきれいにセットする人たちが多いからだと思います。

 飲食店の競争も厳しいと思います。新規開店で流行っている店がある反面、一時は人気があったのにお客さんが減ってしまった店もあります。集客のためでしょうが価格を下げたため、味も落ちてしまいました。ユーカリが丘でこの政策は通用しません。

 どうしたらお客さんが来てくれるのか経営戦略の難しいところですが、イオンタウンのフードコーナーは繁盛しています。参考になるのではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犯罪の増加 | トップ | 寒い朝 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事