悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

神社参りと温泉三昧

2017-05-14 18:49:40 | Weblog
 熊本、宮崎、鹿児島は神話の国なので立派な神社が多い。天照大御神や伊弉諾尊など祀る神は違うが、現在の皇室につながると言われてもにわかには信じられない。その中で大きな阿蘇神社、高千代神社、天岩戸神社、鵜戸神社、そして霧島神社にお参りをした。

 全壊した社殿の建築を進めている阿蘇神社を除きそれぞれ立派な神殿で、立地も深い森に囲まれたり、高千穂峡の川に恵まれ、あるいは岩の中に建てられたりとそれぞれ趣が違う。高千穂神社は佐倉市の中志津に分社があり、初詣やウオーキングの途中にお参りしているので親近感を持った。

 また温泉が豊富で鉄輪、黒川、青島、鹿児島、指宿でゆっくりと過ごすことが出来た。まちづくり協議会の事業を不義理したが癒された5日間で10回も入浴したので、明日から頑張ろうと思う気力を蓄えることが出来た。

 どこに行っても外国人は多いがちょうど油津港に10万トンを超えると思われる大型客船が入港しており(漁港なのに大型客船が着岸できるのは不思議だった)。中国人がバス約60台で青島神社、鬼の洗濯岩などの見学に来ていた。2800人の団体だそうで、青島のお土産店は大賑わいだった。

 バス会社も十数社が寄り集まっての対応。それが次々に到着し、大きな声で話をしているのでうるさいとは思うのだが、経済効果を考えればこの大きな団体に感謝しなければいけないのだろう。

 私は酒店で宮崎県限定販売の霧島を3本買い、ヤマト便で送ってもらった。白波なども東京や大阪で飲まれるようになってから芋の臭みがなくなってしまった。これを懐かしむフアンも多いので限定販売品を作っているというが、それでも上品すぎて昔の匂いとは違うように感じる。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無知を恥じる熊本地震の被害 | トップ | 知覧特攻平和会館 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む