悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

怖い交差点

2017-03-15 18:42:45 | Weblog
 交通事故は不思議なことに同じ場所で発生することが多いようです。それも素人の私が見る限りでは難しい場所ではありません。小竹小学校手前にユーカリ五番町ハイツへ入るT字路があります。中央通りが緩やかにカーブそしているのですが、この周辺でここ2~3年の間に5件の事故が発生しています。

 今回は先週末にユーカリが丘駅から北に向かって走ってきた車がカーブを回り切れずに直進して、街路樹に接触した後消火栓の表示ポールを倒し、学校の石垣にぶつかっています。時間は夜11時頃で、目撃者の話によると車は大破だったそうです。運転者の怪我の様子は分かりませんが、単独事故だったのはせめてもの救いでした。

 スクールガードで通るときに確認するのですが、カーブしているとはいえ見通しの良い道路でなぜ事故を起こすのかが分かりません。この同じ場所で1か月ほど前に同じような状況で事故があったのです。この時も消火栓の赤いポールを倒したので、立て直したばかりだったのです。

 同じカーブで正面衝突に近い事故もありました。やはり駅方向から来た車が道路を外れて直進したために、北から駅方向に向かっていた車と衝突したのです。この時はぶつけた方の運転者がドクターヘリで運ばれる怪我をしたのです。

 その時も短い期間に同じような内容の事故がありました。共通しているのはカーブを曲がれずに直進したための事故です。怖いのは児童が登下校していて事故に巻き込まれることです。

 同じように毎朝この交差点で五番町の方々が交代で児童の見守りをしてくれています。学校の正面前も緩やかに右カーブしているので、私は家族を駅へ送るために南に向かう車が、曲がり切れずに飛び込んでくることを考えて立つ位置を考えていました。

 実際に起きている事故は反対側からくる車の方が起こすのです。歩道と車道がきれいに分離されて道路ですが事故は起きるのです。T字路に信号を取り付けてもらえるように働きかけながら、児童を守るために気を付けなければと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 井野中学校の卒業式 | トップ | 春の暖かさ日に誘われたウォ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む