悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

2016防犯ボランティア県民大会

2016-10-14 20:16:53 | Weblog




千葉県安全で安心なまちづくり旬間に行われた地域防犯ボアンティア県民大会に、5年連続で参加している。今年もさくら防犯パトロールネットワークから4人の方と2団体が表彰されたので、事務局として同行した。

 会場の県立青葉の森公園芸術文化ホールは、県内の防犯パトロール隊のみなさんで満席になる。県下の警察署ごとに指定されて着席するが、佐倉警察署の割り当ては1階の中央で聞きやすい、見やすい席だった。

 定員は分からないが1000人位の参加だろう。皆熱心だ。基調講演は「犯罪にみる三つの人間観 ~性善、性悪、白紙~」のタイトルで、性善説的な人間関係、性悪説的な人間関係、白紙としての人間関係についての話だった。

 白紙的とは「朱に交われば赤くなる」というようなもので、本来無垢なものだが所属する集団や友達などの影響を受けて変わるものだという。若い人たちの立場で考えて理解したつもりだったが、性善、性悪と対比して考えると良く分からない。

 その点、千葉県警音楽隊の演奏は楽しい。大河ドラマ「真田丸」と9月で終わったテレビ小説「とと姉ちゃん」のテーマ曲の演奏に観客が喜んでいた。私は防犯ネットワークの総会で毎年聞いているのだが、会場には音楽隊の演奏は初めて聞くという人が多かった。

 今年のポスターは「あいさつでつながる地域の輪」。標語は同じようなものもあるが絵が上手だ。ロビーに展示されているポスターは約100枚あったが、いずれもが素晴らしい。ポスターが6枚並んだ写真は中学2年生の作品。

 副知事や県警本部長から、13年連続で県内の犯罪が減少しているのは住民による自主防犯活動のお蔭と言われる。まちを守る会の会議でも伝えて励みにしてもらおう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防犯連絡会 | トップ | 中志津自治会の運動会 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む