悠々人生

気が多すぎて「時間破産」状態。もっとゆっくりとした人生が目標です。

免許証の高齢者講習

2016-12-28 19:23:35 | Weblog
 運転免許証更新のための講習を受けて終了証明書を貰ってきました。まず講習予備として認知機能の検査を受けます。これがある点数以上でないと高齢者講習は受けられないことになっています。

 しかし現在はまだ緩やかな扱いです。直近で信号無視や一時停止違反をしていなければ、「病院での認知症検査」を指示されることはないそうです。最近とみに増加している高齢者事故の増加を受けて来年3月12日の検査からは厳しくなり、検査結果がある点数以下だと警察に通知されます。

 その結果、病院での検査になり、診察の結果によっては免許し取り消しの処分もあるようです。講習の内容は充実していて教本もシニアドライバー編ですし、DVDも高齢者向けの内容になっていました。

 特にブレーキとアクセルの踏み間違い、それに高速道路の逆走を含む安全運転義務違反についての説明を強調しています。また免許証の返納についての説明も詳しく載っています。死亡事故加害者の30%が高齢者ということですから、返納はもっと力を入れて説明してほしいことです。

 私は認知機能検査で16枚の絵のうち4枚が思い出せなかったのですが、ヒントのついた設問では全問正解することができたのでパスしました。絵を見てすぐに名前を書くのではなく、その間に数表のチェック問題が入るので思い出せなくなってしまったです。

 認知機能検査結果は88点でした。76点以上が記憶力、判断力に心配はありません、ということですからまずまずの成績でした。ただ加齢によって身体の機能は変化するので、自分自身の身体の機能の状態を常に自覚することというコメントがついていました。

 モニターによる運転適性診断、動体視力、夜間視力、そして実車を運転する運転行動診断の結果も合格でしたが、バックの車庫入れが下手になったことは自覚していますので、これからも緊張と慎重さを忘れずに安全運転を心がけます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パソコン雑誌 | トップ | 異常識 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事