なおじい (HOBBY:カメラ・ビデオ撮影・DVDオーサリング/資格:ラジオ体操指導員・防災士・応急手当普及員)

身についている『ワザ 』でボランティア活動・地域社会とのコミュニケーション、楽しいシルバーライフ目標で有意義に過ごす 。

エルニーニョ監視速報 平常の状態続く

2017年06月09日 20時29分11秒 | ブログ

エルニーニョ監視速報 平常の状態続く

2017年6月9日 15時11分


世界天気

世界天気

 
9日(金)、気象庁はエルニーニョ監視速報を発表。エルニーニョ現象が発達する兆候は見られず、秋にかけても平常の状態が続く可能性が高い見込みです。
 

5月の実況

9日(金)、気象庁はエルニーニョ監視速報を発表しました。5 月のエルニーニョ監視海域の海面水温の基準値との差は+0.5度で、2 月以降4 か月続けて+0.5度となりました。太平洋赤道域の海面水温は西部から東部にかけての広い範囲で平年より高く、海洋表層の水温は、西部で平年より高くなりました。太平洋赤道域の対流活動は西部から東部にかけてほぼ平年並みで、中部の大気下層の東風(貿易風)も平年並みでした。これらの海洋と大気の状態には、エルニーニョ現象が発達する兆候が見られず、平常の状態が続いていると考えられます。
 

今後の見通し

上述のように海洋と大気の状態にはエルニーニョ現象が発達する兆候が見られず、エルニーニョ予測モデルも今後秋にかけて基準値に近い値で推移すると予測しています。以上のことから、今後秋にかけて平常の状態が続く可能性が高い見込みです。
 

エルニーニョ現象とは

エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象。ラニーニャ現象は、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象。

【定義】
気象庁では、エルニーニョ監視海域の海面水温の 基準値との差の 5か月移動平均値が6か月以上続けて +0.5度以上となった場合を「エルニーニョ現象」、−0.5度以下となった場合を「ラニーニャ現象」と定義しています。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時間にシビアな日本の風土は... | トップ | EOS学園が移転 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL