気象庁は、8日午前1時46分ごろに熊本県の阿蘇山の中岳第1火口で爆発的噴火が発生したと発表した。火口から約2キロの範囲で大きな噴石が飛ぶ可能性があるとして、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。高さ1万1千メートルの噴煙が観測され、降灰は愛媛県や香川県でも確認された。

 気象庁によると、中岳第1火口での爆発的噴火は1980年1月26日以来、36年ぶり。火山活動は不安定な状態が続いており、火口から約2キロの範囲で噴石や火砕流への警戒を呼びかけている。阿蘇山では昨年9月14日にも噴火がありレベル3へ引き上げられたが、11月24日にレベル2に下げられ、火口から約1キロ以内の立ち入りが規制されていた。

 熊本県災害警戒本部によると、阿蘇市の国立阿蘇青少年交流の家で、約3センチの噴石により窓ガラスが1枚破損した。けが人の情報はないという。福岡管区気象台によると、火口の北側数キロにある阿蘇市一の宮町の市街地で親指大の小さな噴石が降ったとの情報が複数寄せられた。近くの阿蘇警察署では2〜3センチの降灰が確認された。阿蘇市は小学校や公民館など12カ所に避難所を設置。午前9時時点で4人が避難した。

 噴煙は遠望カメラでは確認できなかったが、気象衛星で高さ1万1千メートルを観測した。気象庁は午前3時過ぎ、火山灰が北東方向に流され、中国や四国地方に達するとする降灰予報を発表した。

 松山地方気象台によると、阿蘇山から約190キロ離れた松山市では、8日午前5時から6時20分の間に少量の降灰を観測した。約320キロ離れた高松市の高松地方気象台でも午前8時前にわずかな降灰を確認した。

 8日未明に気象庁で会見した斎藤誠火山課長は「噴煙1万メートルは非常に珍しい」と話した。火山性微動の振幅が大きくなったり小さくなったりと不安定な状態が続いており、「同程度の噴火が起きる可能性もある」と注意を促している。

 中岳第1火口付近では7日午前10時ごろから火山性微動の振幅が大きくなり、火山ガス(二酸化硫黄)の放出が非常に多い状態が続いていた。午後9時52分には、小規模な噴火が発生していた。

 降灰の影響で、熊本、大分両県を結ぶJR豊肥線で8日午前5時50分ごろ、列車を感知する機器に不具合が生じて宮地駅(熊本県阿蘇市)構内の信号が切り替わらなくなるトラブルが発生し、阿蘇―豊後竹田(大分県竹田市)間で始発から運転を見合わせた。また、人気観光地の草千里ケ浜に続く県道阿蘇吉田線が通行止めとなった。4月の熊本地震で被災し、先月16日に通行できるようになったばかりだった。

 九州電力によると、8日午前2時ごろ、阿蘇市や熊本県南阿蘇村などで最大約2万9千戸が停電したが、午前3時50分には全面復旧した。電線や電柱への降灰で安全装置が働いて停電した可能性があるという。