なおじい (HOBBY:カメラ・ビデオ撮影・DVDオーサリング/資格:ラジオ体操指導員・防災士・応急手当普及員)

身についている『ワザ 』でボランティア活動・地域社会とのコミュニケーション、楽しいシルバーライフ目標で有意義に過ごす 。

角張った新型先頭車両で乗り心地向上 東海道新幹線

2017年06月28日 20時02分43秒 | ブログ

角張った新型先頭車両で乗り心地向上 東海道新幹線

角張った形の「N700S」の先頭車両の模型(右)。左は現在主力の「N700A」(JR東海提供)© 朝日新聞 角張った形の「N700S」の先頭車両の模型(右)。左は現在主力の「N700A」(JR東海提供)

 JR東海は28日、2020年度に投入予定の東海道新幹線の新型車両「N700S」のデザインを発表した。先頭車両の左右が角張っているのが特徴。風の流れを整え、走行中の揺れや騒音を抑える効果が期待されるという。

 現在主力の「N700系シリーズ」をベースに約4年をかけて開発。初代「0系」から数えて6代目になる。前照灯には初めてLEDを採用、サイズを2割大きくして照射範囲を広げた。また、普通席の全席にコンセントを装備。リクライニングは背もたれと座面が連動するタイプとなる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【AQUOS R】スマートUI 機能... | トップ | 【全国の天気】金曜以降、軒... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL