郡山城(大和郡山市)に今春完成した天守台の展望施設が、1月1日は初日の出が見られるように午前6時から開く。標高80メートルの頂上部は見晴らしが良く、晴れれば東の山並みから昇る朝日を拝めそうだ。

 国立天文台によると、周辺の日の出は7時4分ごろ。開場時間を通常の7時から1時間早め、甘酒とあめ湯が振る舞われる。

 入場無料で先着順。人数が多い場合は立ち入りを制限することがある。主催は城の復興に取り組む市民団体「明日のお城と城下町を考える会」。飯田喜代視(きよみ)会長(77)は「新しい初日の出スポットになれば」と期待する。雨天中止。問い合わせは市観光協会(0743・52・2010)。(筒井次郎)